釣りを楽しむ釣り

師走にヒネギスを追う!!

投稿日:2020年12月9日 更新日:

今まさに年末・・・、あと20日ほどで正月を迎える。今年の湘南海岸(藤沢から平塚)は、秋口から異常なほどシロギスが釣れ盛っていた。・・・とは言え、そろそろ終盤であることは間違いない。・・そんな中、この師走の日々早朝から昼までホームグランドの平塚海岸テトラ前でヒネギス狙いで釣行している。

テトラ前の浅瀬、それも波口のチョイ投げ、ほんの1色(チカラ糸を加えても約30メートル)付近で、ピンギスに混じって20㎝を超えるヒネギスが時折釣れる。・・ガッツン!!ときて、横走するような勢いで釣れるからたまらない!!

小生は、最近ピンギスの多点釣りはしない。大きなハリで、大きなエサを付け、ピンギスを避けて大物を狙うことにしている。・・でも、大きなハリであっても食い気のある小ギスは釣れてしまう。‥止む無く釣った小ギスはフライや南蛮づけにするが、ご近所さんも結構期待しているようで、大事に持ち帰るが・・・。

さて、今日で、連日6日通っているが、小~中ギスを入れると平均して30尾台である。・・して、ヒネ(20センチ以上)は、4日が5尾、5日が3尾、6日が4尾、7日が6尾、8日が6尾。そして今日9日は4尾だった。

因みにエサは、「ジャリメ」が良い。・・が、矢張りヒネを狙うなら「岩イソメ」である。仕掛けは、鱚介アブミ6号の2~3本バリ。仕掛けは長く、スナズリ2メートル+仕掛け(ハリ間隔50㎝)である。テンビンは自作の「真打ち-アグレ09」、オモリは「ウッドガン・ぽっ君」15号。 肝心な竿だが、これはダイワのキャスティズム2ピース竿18-295であるが、この竿はもう製造されていないようで、最軽量竿を選ぶのであればキャスティズムの15号振出し竿がお勧めである。

一つだけ余計なことを言うが、波間で使う仕掛けは長い方が良い。短ければ短いほど波に揉まれて絡んでしまうからだ・・。長い仕掛けは、エサを自然の状態で浮遊させ食い気を誘うのだと思っている。





-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

no image

船頭/竿頭

船に乗ることは少ない。だから「船頭」の意味が少しこんがらがっているようだ。船中で一番沢山釣った人を「ふながしら」と言うんでしょう?漢字で書いたら「船頭」=「せんどう」になってしまったが・・。何を言いたいの?・・そう、言いたいことは、今日、平塚「庄三郎丸」の乗合船でシロギス釣りに行ったのだが、小生がこの日の「船頭」だったのである。たまにはあるさ!などと、シラケタ声も聞こえそうだが、私自身出船して直ぐに、今日の「船頭」は自分であるに違いないと悟ってしまったのである。凄い自信でしょう!実は、数日前から、…

駿河湾 原海岸

こんなサイズも!! やっと釣れ始めたと言う情報に乗って、仲間4人で原海岸に行ってみた。 その前に、・・平塚海岸はずっとダメ続きで、それこそここに紹介できる状況に無かったというのが正直なところ・・。 でも、やっと水温も17度を超えつつあり、この数日を見ても日毎に数が増えつつある。 ここ数日続きの天候が、必ずや好釣果につながっていくと信じてはいるのだが・・・。・・でも、でも・・やはり釣季インは例年通りGW明け辺りになるのかも知れない??? 原海岸の情報では、22番下アタリが小型ではあるが安定し…

まだ続くか?2020シーズン!!

日々、近在の釣り場をさ迷っている。・・オデコもあるが、大抵は何尾かの顔を見ている。今日は久し振りに、相模川の馬入河口に行ってきた。 写真は、午前7時から11時までの釣果だが、未だ釣れているのだ! 昨日 …

長潮の吉浜海岸ほどほどに

休日の湯河原吉浜海岸は、サーファーが多く釣りにならないが、それでも昨日は、右端で何とか投げることが出来、ヒネ主体に数尾をゲットできた。・・・ならば、明日はと急遽ここに決め、今日、6時ころから仲間4人で …

西伊豆・松崎新港に遊ぶ!

中村女史・・ドヤ顔?! 昨日、角田清志さんと彼の友人2人で、西伊豆の仁科大浜をめざし早朝午前3時に平塚を出立した。足は同行の三上昌宏さんがごく最近購入した「レクサスNX300hターボ+ハイブリッド」のスポーツギアであった。 湘南の各浜はここ数日、台風の影響で釣りにならない。当初の予定は熱川海岸だったが、やはりここも直に波の影響を受けている筈。・・そんなことから小ギスでも止む得ない、兎も角“チョイ投げでも釣れる釣り場”にと云う事で、西伊豆の仁科大浜を目指したのである。 三上さんは釣り歴は、月…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ