釣りを楽しむ釣り

久々に、近場で大きいのが!!

投稿日:2024年4月16日 更新日:

水温が17℃近くまで上昇してきた。・・何時ものところで26cmが! ・・距離は2色半だった。・・兎も角、近場での強いアタリを楽しみたい。・・今はまだ、数は望めそうにもないから、海岸線に沿って3色付近の左右、たまに通りかかるであろうヒネギスを狙ってみた。・・大成功だった!!

竿は、相変わらず北海道・アメマス用のルアー竿、カムイツクシイ3.7メートルの改造品である。リールはサーフベーシア25で、ラインはPE08号・・。これに仕掛けは鱚介オリジナル工房の特製テンビン(弓型半遊動テンビン)を付け、オモリはウッドガンスリムの23号と至ってオーソドックスな出立である。

また、仕掛けは「鱚介アブの茶焼き6号」の2本バリである。・・・仕掛け長さは、天井糸(バカとか、砂ズリとか言う・・)がナイロン糸5号の150cm。その先にエダス間隔60cmの2本バリを付ける。・・合わせて全長が270cmと長くなる。 イメージであるが、これを4色に投げ、3色に入ってからが本番、・・・海底の潮に乗せ、些引いて、エサを漂わせるようにしながら誘いをかけるのだ。・・エサは、上ハリに太めの青イソを、下ハリにジャリメの1っ匹付けでやってみた。大きな餌だから、ハリを咥え、掛かるまでに時間を要するから、小さなアタリがあっても合わせない・・。そのまま送り込むようにして待つのだ! ・・続いてグィーン、ガツガツ!!ときたら、もうこっちのモノである!!

・・・この釣り方は我慢が求められる!! ・・でも、今日は、こんな釣りで一人で5尾も仕留めることができたのである。・・果たして次も、こんなに上手く行くとは思わないが、もう一度やってみる積りである。

*ハリスは、細い方が良いようだ。幹糸はフフロロの1.2号、エダスはホンテロンの1号で長さは10cmと長くしている。

Loading





-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

平塚海岸、束越え

中学生サイズとなった?ピンギス110尾 平塚海岸で秋ギスが釣れ続いている。時として、姿が見えなくなるが、直ぐに戻ってくるのが今シーズンの特性のようだ。 昨日、遠投すればヒネが来ようと固めの竿を持って投げてみた。しかし、その期待は裏切られ、何と、ほんの波間でピンギスが入れ食い状態なのである。硬い竿でピンギスを釣るのは面白くは無いが、20数尾を釣って近くの釣り人に進呈してきた。 さて、本番は今日だ。曇り空で、北の風が強く寒い。だが、平塚海岸は北風には強く、波は抑えられている筈。通称、駅下と呼ば…

Loading

平塚海岸―11

途中までの釣果 外に出ず、家でテレビやラジオを聴いていると、外に出るのが罪悪のように感じてしまう。そう感じるのは、小生だけではないだろう! 髪の毛はボサボサ、2か月以上も行かなかった床屋に行ってきた。混む電車、込み合う街中が嫌で、地下にある床屋にも不安があったからだ。・・でも、我慢しきれず行ってみた。 3蜜の自粛要請に多くの者が従っているのだろう、電車はガラガラ、街中も人が少ない。しかし、床屋さんは自信たっぷりに営業していた。・・衛生観念をしっかりもって行動すれば、避けられることが出来る・…

Loading

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ!

こんな釣り姿です! 平塚海岸のテトラ群〜前、ここでやっと夏らしい釣りが始まった。海岸沖に東西に延びるテトラ群は約300メートル。・・・渚から投げると、左右末端の台形波止までは4〜5色近く、中央のテトラまでは2〜3色である。この1色の違いは潮の干満の加減・・。 ここでは一年を通してキスの顔が見えるが、今年は釣れ始まりが遅かった。・・・だが、今年も例年のように、やっとテトラ前のチョイ投げで安定して釣れるようになってきた。 タダ、釣ろうとするならば、それなりに幾つかの条件が合わないと数は釣れない…

Loading

今日はテトラ群の左だった!平塚海岸

今日の釣果(2人分) 今朝は7時過ぎに海岸に着いた。・・が既に、日曜日とあって何時もの釣り場には6人ほどが入っていた。 様子を覗ったが、芳しくない。誰にも勢いが感じられなく、ダメらしい。 支度を整え、テトラ内側の切れ目に向けて第1投・・! 何のアタリも無く、5点バリはフグによってすべてなくなっていた!  仕掛けを変えても、フグばかりで釣りにならない。多くの方も同じである。 テトラ群の右側と左側とでは、日毎に入れ違いで釣れることを以前言ったが、・・・そんなことで、止む無くテトラ左手に移動する…

Loading

平塚海岸の近況

鬼ケ原さんの2?? 夏は一年の中で最も体力を充実できる季節と云われる。小生も毎年、真夏の暑い陽射しを我慢しながら釣行することによって、心身ともに鍛え、一年を健康で充実した中に過ごさせて頂いているのだと思っている。 一方、本来真夏が最盛期でもあるシロギスの数は減り、ホームグランドである平塚海岸で、満足できるような日はすっかり少なくなった。・・でも我慢し通うのだが、太陽が上がり風も無く、食いが悪いでは、それは地獄である。そうした時は熱中症に掛らないよう怱々に諦める。 こうした今の厳しい時期、海…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ