ハゼ釣りもまた楽し!!

キス落ちてハゼに引き継ぐ師走かな

投稿日:

こんなに育ちました

どうやらヒネキスもピンギスも遠のきつつある。穏やかな日には挑戦するが、場合によっては荒食いがあるかもしれない。前向きに構えたいと思う。

さて、師走を迎えた今日、久し振りにハゼに挑戦してきた。夏8月に試し釣りをした馬入湖だが、その頃は小さかった。・・だが、今日釣ったのは大きく育っており魚信も強くなっていた。河口でのキス狙いの帰りには日々何人かのハゼ釣り師が居り、最近は増えつつあった。・・・もう大分育ったろうな!・・そろそろ本気になって良いかな?と思っていた矢先、釣友からの誘いを受けたのだ。

釣友は、食うのは岸辺のすぐ近くでウキ釣りでよいと言っていた。・・確かに居た! しかし、どうもハゼ釣りであってもリールが付いていないと心寂しい。 途中からリール付きの竿に変え、遠近を探るように釣ってみた。・・どうやら、深みがあるところで、その駆け上がりがねらい目だ!

馬入湖の入りくち右側

餌は去年はジャリメだったが、今年は青イソメが良いようだ。 何故かはわからない。・・が、複数の釣り師の実釣からその確かさが伺える。

実は、今日は釣った時間が短く、数こそ10尾ほどだったが十分満足できた。帰りには、仲間から貰ったものを含めると40数尾となった。帰宅し、今しがた生きたままのハゼをテンプラ用に捌き終えたところである。

仲間の釣果

貰ったものとで40数尾

 

Loading





-ハゼ釣りもまた楽し!!

執筆者:

関連記事

ハゼ釣り用の「半ぶら・テンビンオモリ」・・

半ぶら:ハゼ用テンビンオモリ 引き続いて馬入のハゼは好釣に釣れている。・・が、昨日と今日は天候不順のため釣りは休みである・・。 何をしていたかと言うと、工房に閉じこもり「ある」釣り道具を造っていた。・・・その「ある」道具とは、ハゼ釣りに使っている自分用に造った「テンビンオモリ」のことである。 実は、先のブログでチョット書いたのだが、驚いたことに数人の方から販売の問い合わせを頂いてしまったのだ。 多分、ハゼ釣りにはそれなりの道具が普及して居る筈・・。小生の頭の中には、確かに昔使った道具類が色…

Loading

マダマダ・・鯊(ハゼ)は居ます!!

チョット大きいかな? 一昨日、釣ったハゼを持参し、釣友の店(港南台:食事処「やま田」)で、身近な仲間と一杯やってきた・・。 店主の心こもった料理はとても美味しく、予約しないと入れないくらい人気の店である。・・・持ち込んだハゼの料理は勿論テンプラだったが、いつも食べている我が家のモノとは、桁違いの旨さであった!! さて、その天ぷらネタとなるハゼの近況だが、前回“ハゼ、終盤か?”と、書いてしまったが、実はその後もずっと釣れ続いていた。数こそ減ったが良型混りで可なり釣っている。 今日も行って見た…

Loading

海は荒れ馬入湖でハゼを釣り

書くのは久し振りだが、投げのシロギスは相変わらずやっている。・・最近は、ヒネを中心に狙っているが、吾一人、思うようには釣れていない。・・だからと言って釣れない訳ではないから、続いて居るのだろう!  茅 …

Loading

馬入のハゼ・・好釣!!

15,6センチ級が・・ 神奈川県の中央部を相模湾にそそぐ川が「相模川」。・・その河口付近を「馬入川」と云う。海水と川水が混じりあうその吃水域は古くからハゼの本場である。 以前と言うか、終戦から昭和40年ごろまで、まだ下水道が未整備で、その頃の川は上部の工業地帯からの汚染水で濁り、棲む魚は背中が曲がったり、尾がとろけて居たりと、とても釣る気、食べる気にはならなかった。 だが今は、川上で大雨さえ降らなければ水も澄み、多くの魚種が元気に生息している。・・・特に、秋の風物詩であるハゼ釣りは盛んで、…

Loading

今日は村越正海さんも来て!!

村越正海さん! 今朝は早めに家を出て、何時もの馬入川支流の小出川河岸堤防に行って見た。 潮は長潮、満潮は11時37分。・・潮高は160?である。・・・キス釣りもそうなのだが、長潮で釣れるときは、一日中ぽつぽつと釣れ盛ることがある。・・果たしてハゼはどうなのか? ・・そんな興味を抱いての釣りだった。  何時もの和田春雄さんも同じころ到着、早速エサのミミズを分けてもらう。小生から少し下流に座を取った春雄さん、何と入れ掛りで3連である。 小生、数投したが小型が1尾釣れただけ、直ぐに春雄さんより下…

Loading

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ