投げ釣り釣行記

秋深し能登シロギスは元気なり

投稿日:

13日の夜9時、仲間4人で能登の先端狼煙岬に向け出発した。 晩秋から春まで、日本海の荒波は釣り人など寄せ付けない・・が、未だ釣れる!との情報を得て出かけたのである。 今回の釣行計画は、第一日目は半島先端の「狼煙漁港」である。過去には27センチの大物が出ており、冬に向け外海の荒れから大キスが入り込む。二日目は、かほく市に住む釣友が案内してくれる。三日目は2日間の状況から決めようという荒っぽい計画だ。

車は、東名小田原ⅰ→新東名→東海環状→東海北陸→北陸道金沢森本ⅰ→能登里山街道→珠洲市・・と快調に走り、午前6時ころ狼煙漁港に到着した。ところが、途中のから眺めた海は大荒れだ!・・でも、壁に囲まれた漁港なら大丈夫・・・。囲む堤防を時折波が越えるほどだったが、何とか竿は出せた・・。小生の一番は23センチ、未だ水温が高いのか入り込むキスは少ないと見た。各自数尾釣ったところで時計も12時近くなっており竿をたたむ。

白波が寄せる千里浜

実は、狼煙と金沢との距離は140キロもあり、宿泊地の宝達志水町まででも100キロを超えるほど遠い。途中、行きつけの「ツバキ茶屋」で昼を取る。店内に並べられた貝や魚を用いた民芸品、小石に描いた料理メニューも楽しめる。勿論、しゃれた創作料理で中々旨い!何故か懐かしい「タコ貝」の殻が欲しく、店主に相談すると快く売ってくれると言う!・・1000円でよいかな?・・いや、少し傷があるからと云って900円で譲ってくれた。・・・帰宅して調べると12センチもので2500円もする。・・売ってもらったのは何と20センチに近い! 53年前の昔、能登狼煙の海岸で拾った10センチくらいのものと合わせ、我が家の宝物となった!!

狼煙漁港で23センチ

狼煙漁港の釣果

大波で釣りする場所などは無いが、冬の大荒れを見ながら、千枚田、能登の塩田塩工房などを眺めながら、宿(旅館やまもと)に着く。風呂に浸かり、旨い酒と料理をたらふく食べて全員熟睡した。(地震のアラートが鳴ったようだがm気づいたのは一人だけ、後の三人は白河夜船だった!

ツバキ茶屋

手造りメニュー

手のひら上のフィギア

タコ貝 = アオイ貝

二日目、7時30分に地元釣友が来てくれた。昨日の波は治まり「釣りは出来る!」とのこと・・。能登里山街道を金沢方面に向かい、かほく市の白尾で下りる。途中から眺める海は沖合から白波が打ち寄せており、こんななkにキスは居るのだろうか??

「白尾」から、さらに南下、着いた場所は「大崎海岸」であった、過去に何回か来たがこんな波だったから竿は出せなかった。・・でも、こんな中でも今大きなキスは居ると言う! 流石に他には釣り人は居なかったが、彼は自信をもって案内してくれたのだ!・・そして、居た!4色投げて3色で来る・・。友人は流石、7点バリで4連、5連とヒネ混じりの良型を釣り上げていた。小生は3本バリでやったが、そっと用意した「岩イソメ」が功をなしたのかヒネ主体で間断無く釣れたのだ。・・・時には渦巻く2色でも釣れたのだから、それぞれ釣れた皆も本当にびっくりである!!

午後も、他には行かずに同じ大崎海岸で釣ることに・・。仲間もみな満足でこの日を終わった。また、明日は案内できないからと言って、宿近くの「米出海岸」を案内してくれた。

・・・・案内の彼が居なかったらどうしていただろうか?竿も出せずに一日早く帰ってしまったかもしれない。 ・・・釣った大量のキスは宿に提供・・。 夕食にもテンプラやから揚げで出してくれた。

釣果のキスのから揚げ

大崎海岸

大崎海岸の釣果

三日目、朝一番は案内のあった「米出海岸」でやって、だめだったら昨日の海岸に行こうと思っていたのが、何と、ここの米出海岸にもキスは居た。小生は20尾も釣ったろう。仲間も満足な様子!・・・だが、時計を見るともう10時を廻っている。長丁場の運転も残っており、11時には切り上げた。・・各自、3日間とも、それなりに楽しめたのである。

近藤さん

和田会長さん

和田さん

さて、長々の話は終わるが、今回の釣行で宿泊した宝達志水町の「旅館:やまもと」は、我々のような投げ釣りマンにはお勧めである。田んぼの中と言うか周りが広々とした中にあって、旅館と言うより旅館風民宿と言って良いかもしれない。小ざっぱりと整った部屋、料理がとても丁寧に造られ、品数も多く、きっと若者でも十分満腹するだろう。それに超えるのが女将さんである。気さくな方で気配りも良い。・・我々にとっては2回目であったが、かほくや能登の釣行では欠くことが出来ない「定宿」となりそうだ。・帰りがけに、庭で生ったという「柿」を段ボール一杯にお土産として頂いてしまった!!

また、今回、国がやっている「ゴーツートラベル」?の恩恵を初めて実感した旅でもあった。宿代は4割引き、県のクーポン券は2泊して6000円券、旅行業界?から3000円相当のお菓子の土産ハガキが付いてきた。今度行くときはそんなサービスは無いだろうが、時にはそんなことも有ってほしいものである。

・・晩秋の能登の釣行は実に楽しく終わることが出来た、仲間の皆さん。お世話になったかほくの芦原さん。本当にありがとうございました。





-投げ釣り釣行記

執筆者:

関連記事

平塚海岸 要・我慢!!

静かになった釣り場で坦々と!! 今朝は、通称「尼寺下」に行ってみた。具体的には、桃浜町プール下から西の花水川方向に歩き、背後の広報スピーカー塔の下辺りと言ったら判りやすい。 昨日の情報では、ヒネを17尾も釣った方が居ると聞いた。果たして、その確かな情報から、今日は早朝から多くの太公望が並んだでいた。しかしながらよく有る、何時ものパターン。・・釣れないのである。 釣れないと言うより、キスの群れが薄いのである。  大概の人は、ヒネが1〜2尾、ピンが数尾と言う結果だった。そんな中、ヒネのツ抜けを…

平塚海岸、早朝好釣!!

夏の釣り風景 一時休息していた平塚海岸はまたまた釣れている。兎も角、早朝に食い気抜群! 午前9時には一段落といった状況が続いている。距離は3色から5色まで、かなり喰う層は広い。型は18〜20センチが標準サイズである。 私は、前回書いたキスの代わりに、責任をとって休息中? とは言っても、決して肘を痛めたり腰を労っていた訳ではない。実を言うと、孫娘“水咲”と遊んでいたのである。・・たわわに実ったブルーベリー狩りに行っってきた。湘南海岸プールに泳ぎにも行った。そして映画、崖の上のポニョを見に行っ…

徳島鱗友杯に参加!!

恒例の徳島鱗友会の投げ釣り大会は、11月の第一日曜日に鳴門市の里浦海岸で開かれていたが、今回は会場の駐車場問題や台風での海岸浸食などがあって、時期も9月16日に早まり、会場も阿南市の北の脇海岸に変更された。 この誘いを受け、釣友和田満雄さん、角田清志さんと、行ってきた。14日の深夜12:00に平塚を出て、翌朝7:30、小松島市の「いはら釣具バイパス店」で待つ、鱗友会の山村満也さんと合流・・。大会協賛の賞品を渡し、頼んであった「鳴門金時芋」を受け取った!! 折角来たのだから大き目を狙おうと…

東西投げ釣り選抜100人会

激雨の中の決勝ラウンド 6月28日(前夜祭)〜29日(大会)、全日本サーフキャスティング連盟(岩田政文会長)が主催する第31回の東西投げ釣り選抜100人会が開催された。 私も、選手3名エントリーの「湘南・鱚酔会」の代表として同行させていただいた。 大会会場は、日本海、太平洋と1年毎に入れ換えで行われるが、今年は太平洋側の浜松(浜名湖西側の大倉戸海岸)に東軍63名、西軍48名、計111名の選手が集まった。当日は大雨、潮は濁り、波も高い中で激戦が繰り広げられ、残念ながら、決勝は1時間繰上げとな…

沖縄・・ホシギス(二)

村越正海氏のホシギス1月24日、沖縄の夜明けは遅い。それにしても昨晩は良く飲み良く食った。だが、二日酔いの気配も無く6時には目が覚めてしまった。ホテル・サンルートを午前8時出発。二日目の今日は、沖縄のもう一方のキス「モトギス」を狙う積もりである。ホシギスの釣季は10月から3月頃といわれ、モトギスは夏だと聞くがどうだろう。向かった先は東海岸。女子プロゴルファー宮里藍の故郷である、東村の「平良湾」であった。漁港堤防を村越さん、浜部を私と分散して試してみる。だが残念ながら、何一尾掛かるものは無か…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ