投げ釣り釣行記

秋深し能登シロギスは元気なり

投稿日:

13日の夜9時、仲間4人で能登の先端狼煙岬に向け出発した。 晩秋から春まで、日本海の荒波は釣り人など寄せ付けない・・が、未だ釣れる!との情報を得て出かけたのである。 今回の釣行計画は、第一日目は半島先端の「狼煙漁港」である。過去には27センチの大物が出ており、冬に向け外海の荒れから大キスが入り込む。二日目は、かほく市に住む釣友が案内してくれる。三日目は2日間の状況から決めようという荒っぽい計画だ。

車は、東名小田原ⅰ→新東名→東海環状→東海北陸→北陸道金沢森本ⅰ→能登里山街道→珠洲市・・と快調に走り、午前6時ころ狼煙漁港に到着した。ところが、途中のから眺めた海は大荒れだ!・・でも、壁に囲まれた漁港なら大丈夫・・・。囲む堤防を時折波が越えるほどだったが、何とか竿は出せた・・。小生の一番は23センチ、未だ水温が高いのか入り込むキスは少ないと見た。各自数尾釣ったところで時計も12時近くなっており竿をたたむ。

白波が寄せる千里浜

実は、狼煙と金沢との距離は140キロもあり、宿泊地の宝達志水町まででも100キロを超えるほど遠い。途中、行きつけの「ツバキ茶屋」で昼を取る。店内に並べられた貝や魚を用いた民芸品、小石に描いた料理メニューも楽しめる。勿論、しゃれた創作料理で中々旨い!何故か懐かしい「タコ貝」の殻が欲しく、店主に相談すると快く売ってくれると言う!・・1000円でよいかな?・・いや、少し傷があるからと云って900円で譲ってくれた。・・・帰宅して調べると12センチもので2500円もする。・・売ってもらったのは何と20センチに近い! 53年前の昔、能登狼煙の海岸で拾った10センチくらいのものと合わせ、我が家の宝物となった!!

狼煙漁港で23センチ

狼煙漁港の釣果

大波で釣りする場所などは無いが、冬の大荒れを見ながら、千枚田、能登の塩田塩工房などを眺めながら、宿(旅館やまもと)に着く。風呂に浸かり、旨い酒と料理をたらふく食べて全員熟睡した。(地震のアラートが鳴ったようだがm気づいたのは一人だけ、後の三人は白河夜船だった!

ツバキ茶屋

手造りメニュー

手のひら上のフィギア

タコ貝 = アオイ貝

二日目、7時30分に地元釣友が来てくれた。昨日の波は治まり「釣りは出来る!」とのこと・・。能登里山街道を金沢方面に向かい、かほく市の白尾で下りる。途中から眺める海は沖合から白波が打ち寄せており、こんななkにキスは居るのだろうか??

「白尾」から、さらに南下、着いた場所は「大崎海岸」であった、過去に何回か来たがこんな波だったから竿は出せなかった。・・でも、こんな中でも今大きなキスは居ると言う! 流石に他には釣り人は居なかったが、彼は自信をもって案内してくれたのだ!・・そして、居た!4色投げて3色で来る・・。友人は流石、7点バリで4連、5連とヒネ混じりの良型を釣り上げていた。小生は3本バリでやったが、そっと用意した「岩イソメ」が功をなしたのかヒネ主体で間断無く釣れたのだ。・・・時には渦巻く2色でも釣れたのだから、それぞれ釣れた皆も本当にびっくりである!!

午後も、他には行かずに同じ大崎海岸で釣ることに・・。仲間もみな満足でこの日を終わった。また、明日は案内できないからと言って、宿近くの「米出海岸」を案内してくれた。

・・・・案内の彼が居なかったらどうしていただろうか?竿も出せずに一日早く帰ってしまったかもしれない。 ・・・釣った大量のキスは宿に提供・・。 夕食にもテンプラやから揚げで出してくれた。

釣果のキスのから揚げ

大崎海岸

大崎海岸の釣果

三日目、朝一番は案内のあった「米出海岸」でやって、だめだったら昨日の海岸に行こうと思っていたのが、何と、ここの米出海岸にもキスは居た。小生は20尾も釣ったろう。仲間も満足な様子!・・・だが、時計を見るともう10時を廻っている。長丁場の運転も残っており、11時には切り上げた。・・各自、3日間とも、それなりに楽しめたのである。

近藤さん

和田会長さん

和田さん

さて、長々の話は終わるが、今回の釣行で宿泊した宝達志水町の「旅館:やまもと」は、我々のような投げ釣りマンにはお勧めである。田んぼの中と言うか周りが広々とした中にあって、旅館と言うより旅館風民宿と言って良いかもしれない。小ざっぱりと整った部屋、料理がとても丁寧に造られ、品数も多く、きっと若者でも十分満腹するだろう。それに超えるのが女将さんである。気さくな方で気配りも良い。・・我々にとっては2回目であったが、かほくや能登の釣行では欠くことが出来ない「定宿」となりそうだ。・帰りがけに、庭で生ったという「柿」を段ボール一杯にお土産として頂いてしまった!!

また、今回、国がやっている「ゴーツートラベル」?の恩恵を初めて実感した旅でもあった。宿代は4割引き、県のクーポン券は2泊して6000円券、旅行業界?から3000円相当のお菓子の土産ハガキが付いてきた。今度行くときはそんなサービスは無いだろうが、時にはそんなことも有ってほしいものである。

・・晩秋の能登の釣行は実に楽しく終わることが出来た、仲間の皆さん。お世話になったかほくの芦原さん。本当にありがとうございました。

Loading





-投げ釣り釣行記

執筆者:

関連記事

能登遠征釣行

狼煙漁港で25?!! 4日の夜、神奈川サーフの釣友と4人で石川県能登半島に向かった。車は、和田会長の日産セリナeパワーの新車・・、高速道はほぼ自動運転。確かにパワーもある。 工程だが、行きは圏央道〜中央道〜長野道で松本IC下車、上高地〜安房トンネル〜141号線〜41号線を経て富山に出る。北陸道富山IC〜金沢森本ICで下車し、そこからは能登里山街道(無料)に入る。輪島を抜け、能登半島先端近くの「大川浜」まで快調に進む。途中、千里浜ドライブウエイを走り、千枚田を見学するなど休み休みはしたが、大…

Loading

土佐の高知でホドホドに!!

宿毛での吉永さんの27センチ! 24日から28日まで南国土佐の高知に遊んできた。数年来多い時には4〜5回少ない時でも2回は遠征を楽しんできたが、今回は1年を越えた久し振りの釣行であった。最近は、お隣の徳島に行く機会が増えたせいもある。ただ、遠ざかったもう一つの理由は、最近の高知での釣果は良くなく、今年はずっと不釣状態だと伝え聞いていたからだ。 今回の釣行も決して良いとの情報は無かったが、それでも「何所かで釣れるハズ!!」の期待を込めて出かけたのである。 4泊5日の旅だったが、竿を出したのは…

Loading

山陰:鳥取〜島根への釣行!!

頂いた案内役の航空写真集 6月4日(日)午前4時、最近買い換えたばかりの和田満雄さんの車「セレナ」は、重い荷を積んで平塚を出発。・・・快調に高速を辿り、正午12時丁度に鳥取県米子市の「かめや米子店」に到着。今回は、もう一人の同行者和田明雄さんとの3人旅で、運転を一度交代しただけで苦労することなく到着した。 弓ヶ浜で行われたダイワ予選(3日)、報知名人戦(4日)と連日出場し、お疲れ気味の横山武さんと落ち合う。今回は釣りにはご一緒できなかったが、克明に釣り場の案内をしていただき、お別れする際に…

Loading

no image

平塚海岸のシロギスシーズン終了か!

気象情報では相模湾の波高1.5m、北西の風やや強し、と言う。この季節、投げ釣りマンにとっては、波の高さより風向きが気になる。平塚海岸は東が最悪、西も良くない。背後の日本海辺りを低気圧がうろうろするともっと悪い。 しかし、どんなに悪条件であろうと果敢に攻め入るのが、湘南の本物の投げ釣りマンだ。・・かって、私もそうだった。しかし、釣りに関しては、こだわりと意地っ張りな私だが、どうも最近は、風よ吹け、雨よ降れ・・などと理由を付けて、何とか釣りから遠ざかりたい気持ちに駆られることがある。しかし今日は、そん…

Loading

鳴門・淡路島 遠征釣行

満面の平岡さん 遠方に釣りに出かけることを遠征釣行というが、これには必ず良い釣果があることを(・・思いと、ハズを込めて)前提とする。しかし、釣りとは、その思いを何時も裏切るものである。 だからと言って、今回遠征した(11月1〜3日)四国徳島、兵庫の淡路島が釣れなかった訳ではない。・・・釣果もまあまあだったし、久し振りに遠方の釣友達との懇親を深めることが出来た楽しい遠征であった。 この遠征は4年前、投げ釣り界の大御所であった寺沢守氏の追悼祈念大会(氏は釣行中、テトラにはまる不慮の事故で亡くな…

Loading

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ