鱚介オリジナル工房

真打ちのこと−2

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

13〜15工程で完成します

 今日は、シーズン初めてのカワハギ釣りを予定していたのだが、生憎の海況悪化、諦めて鱚介テンビン「真打ち」の、その後の反響を紹介させていただいた。 

 「真打ち」を発売して早、1か月が過ぎた。釣り具に敏感な方はすでにお買い求めいただき、お試しになられた頃だろうか? 実は、発売以来の人気は凄く、工房を始めて以来の好反応を感じている。
 前回お使いいただいた方からの「感想」を、このブログに紹介させていただいたが、今回紹介するのはお二人の方からのものです。


先ずは、ご夫婦で釣りをされる奥様からのもの・・・。

「今回の釣行に使用した天秤は、ふたりとも鱚介天秤「真打ち」・・・。
 この天秤のアタリってものすごく魚の動きをリアルに伝えてくるんです。たとえて言うなら、32分音符も正確に弾いちゃう感じ・・・。超ピンギスでも細かな動きが伝わってきて楽しいし、かかりもいいです。
 ダンナは、マゴチ3匹ばらさず上げていました。前回使用した時に、アタリはよく分かって楽しかったけど、ばらしてしまうことが多かったので、今回はおもりを25号にして使用しました。
 あったり前のことなのですが、歳のせいか記憶があれっ?ってなっちゃうときがあるので・・・(もしかして私だけ?)


次は、千葉県の男性からのもの・・・。

 早速ですが、9/16館山釣行して来まして、終始、真打で遊んで参りました。
 残念ながら海の状況が台風の影響でしょうか悪くて乏しい釣果になりましたが、釣れた15匹程の鱚(17〜20?)は、アタリもよくとれて、針掛かりも良く感じました。
 何時も、鱚介天秤(ヘビー、ノーマル)+木錘28〜30号の組み合わせを多用しておりましたので「真打(黒)」+木錘での比較感想です。

 最初は、アタリの出方が違い少し鈍い感じを受けましたが、直ぐに慣れました。特有の重厚?なアタリですね。
 ブラ天では、あまり予測できないサイズ判断も真打なら予測出来るようにも感じました。
  
 針掛かりでは、前アタリもとれ、海況が悪い中、それなりに釣果に出来ました。今までですと、乗せられなかったアタリもとれている感じが致します。初動で錘を幾分引きずるのでしょうか?
 外道のメゴチやヒイラギ、クロサギ、エソもよく掛かりましたし、アタリの違いも判りました(笑)

 飛距離については、残念乍若干落ちるかなと思いましたが、私は居る場所に投げる派ですのであまり関係ございません。掛け損ないを無くしたいです。

 仕掛け絡みが有り、仕掛けに撚りが入って力糸側に絡みましたがサルカンで解消し、その後は快適でした。別問題でした。
 次回は、もっと連掛け出来る時に色々試して使い熟したい
と思います。楽しい天秤をありがとうございました。


 ・・・と云うものでした。

 平塚海岸は今、静かな日にはピンギスが、・・・それこそ5連6連で釣れてます。昨日は、これを南蛮漬けにしてもらい、冷たいビールで楽しみました。







-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

デルナーの半ぶら!!

デルナー「半ぶら・テンビンオモリ」 今、ベテランキャスターの間で使われるオモリの多くが、「半ぶら」のテンビンオモリになりつつある。 当工房でも各種の「半ぶら」を造っているが、ちまたの声は価格が高い!!・・・と聞こえてくる。 因みに、ここに「半ぶら」テンビンオモリの出来るまでをざっと紹介したい。 半ぶらテンビンオモリを造るには、先ず、テンビンオモリを単ガンに改造することから始まる。出来合いのテンビンオモリのステンレス線を切って、逆U字形の丸目を造り、細線を巻き、ハンダで止めて出来上がる。  …

「真打ち」にロングアーム登場!!

「真打ち」 ロング18 小生のホームグランド、平塚海岸のキスはすっかり遠ざかってしまった。今は、テトラ周辺で顔が見れる程度である。  そんな中、週明けの22日に、お隣の大磯海岸で恒例のJ軍団:「年末一発大会」が行われる。 恐らく、そこでもツ抜けの釣果を見るのは難しいだろうが、それでも鱚粋の投げ釣りマン30名近くが参加する予定である。 通例では、二宮梅沢海岸でBBQパーティを兼ねて行うのだが、今年は秋の台風で少年が流され未だ一人が行方不明であり、そうした中での祭りごとは控え、大磯海岸でやろう…

メタボ「トライアングル-SMABS」

初物! 3日の午前中、酒抜きのため平塚海岸で投げてみた。初釣りといえるほどの気構えでは無かった。だが、第1投目に16センチくらいの可愛いキスが・・・。 先ずは縁起が良い!!・・そっと、リリース・・・・。 暮れには、24日に2尾、25日に1尾・・・。これはクリスマスのプレゼントかも・・。      年越えで、空振り無し!!でも、今年は少し気持ちを引き締めなければならない。 今朝は、海岸に集まる常連10名ほどと歓談しながら投げてみた。だが、全員ボーズ!!! 一人、「フグ=福」を釣ったものがあり…

新しい「竿受け」完成!

ケヤキ材の「竿受け」 「アワビ巻」で美しく化粧した鱚介オリジナルの竿立て、これを更に高級感と温かみを醸し出すのがケヤキ材の「竿受け」です。  在庫を切らせていましたが、ようやく新しいものが完成しました。これまでの「竿受け」は、伝統工芸品として高度な技術を持った木工職人の手によって一品ずつ造られたものですが、残念ながら今やこれを手造りできる木工所も無く、職人さんも居なくなってしまいました。 しかし、時代は変わり、今ではコンピューター制御されたNCルーターで造ることが出来るようになりました。…

お待たせ・・スプールガード!!

スプール毎に色分けを!!鱚介オリジナル工房からのお知らせです!! 長らくお待たせしておりましたが、「鱚介のスプールガード」の二次販売を12月1日から開始いたします。 第一次は発注数が少なく皆さんにはご迷惑をお掛けしましたが、今回は充分在庫が御座います。クラブの記念品や大会の参加賞、副賞等にもご利用いただければと思います。 鱚介のスプールガードとは・・!! 収納時のライン放出を防ぐ「スプールカバー」と呼ばれるものには種々のタイプがあります。しかし、正直言って、どれも「帯に短かしタスキに長し」…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ