鱚介オリジナル工房

「異口径スリーブ」について

投稿日:2022年8月13日 更新日:

「異口径スリーブ」とは、2015年に鱚介オリジナル工房がある精密機器製作メーカーに協力を求め開発した「ステンレス線(以下、針金)を直線状に繋ぐためのスリーブ」です。特徴は、例えば、1.0mm径の針金に0.8mm径の針金、即ち線径の異なったステンレス鋼線を段差をなくし、ストレートに繋ぐことができるのがこの「異口径」のスリーブです。

目的はテンビン造りのためでした。針金を直線状に繋ぐには鞘管状のパイプスリーブか、Wスリーブ(ダルマスリーブ)しかありません。如何に繋ぎ目を細く小さく、抵抗が無く、見た目にも美しくするかが課題でした。しかし、こうした既存のスリーブでは満足した工房製品は作れません。

実際に、多くの投げ釣りマンが線径の異なったテンビンが欲しく自製で作って居ましたが、どうしても、段差の大きな繫ぎ目を持った醜いものしか作れません。・・今でも、この「異口径スリーブ」を知らない方はそうしたものを使っていますが、決して満足して居ないと思います。

・・・しかし、釣り具の部材としても、近代的な機械工作の現場にも、そんな「異口径の針金を繋げるスリーブ」などは存在せず、需要もなかったのです。・・・多くの精密機器メーカーに問い合わせ、会社を訪ね、相談もしました。・・でも、何処も相手にしてはくれません。

相手をしてくれた会社はそれから数年後でした。ある商品のカタログのある部分を見て気が付いたのです。急ぎメールを出し、電話で相談しました。・・・難しい相談でした。・・・が、技術的には日本が誇る「絞りの技術」で作ることは可能である! ただし、どこまで繊細な製品が作れるか、会社として掛かる製作費用と採算性、出来上がった製品が「売れる価格」として成立するか、・・問題は山ほどありました。

解決の糸口はとても幸運なことでした。・・担当の技術者が、釣りをやっていたのです。当方の言い分や説明を理解してくれたのです。製品作りには精度が追及されますが、釣りに使う消耗品であることや塩分のある過酷な条件で使われることなどから、他の工業製品と異なった精密性は不要であり、如何に安価で耐用性のある製品ができるか?に絞られた結果、2種類(1.2/1.0mm径と1.0/0.8mm径)の完成を見たのです。・・もちろん、試作段階では失敗もありましたし、そうした失敗した原材料費の補填もしなければなりませんでした。

1.0mmと0.8mmを繋ぐ1008番

繋げはハンダ付けです

1.2mmと1.0mmを繋ぐ1210番

以上のような経緯で完成できた「異口径スリーブ」ですが、価格は少々高価で、1個当たりの単価は50円です。・・が、これは、世界中探しても無い、鱚介オリジナル工房だけに存在するたった一つの特殊なスリーブです。・・・如何でしょうか??自分で作ったテンビンで魚が釣れた時の喜びは、それこそ掛けがえのない喜びです。 シーズンオフになったら、一度挑戦してみませんか!!また、釣りテンビン以外の用途があればお試しください!!





-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

暫しの休店です

 念願が叶いシロギスの宝庫と云われる、山陰の鳥取と島根に遠征釣行致します。このため明日21日から25日まで、暫しの間工房を休ませて頂きます。 なお、メールでのご注文は何時もの通りお受けしますが、返信と発送は26日以降となりますのでよろしくお願いいたします。 今回の同行は、神奈川サーフの和田満雄会長との二人旅です。年寄り?いや熟年の車釣行ですので、実釣は22日〜24日とし、前後日はゆっくりとドライブを楽しみます。  当地の釣行は初めてですが、メーカー大会がよく開かれる弓ヶ浜での良型キスの数釣…

メタボ 「L型固定接ぎ穂アーム」

左から30、27、25号です 鱚介オリジナル工房から、ウッドガン・メタボの新たな「L型・固定接ぎ穂アーム」が発売されました。 これは超遠投用として人気のある「富士デルナーテンビンオモリ」をベースに改良したウッドシンカーで、店頭での販売は行わず、鱚介オリジナル工房のHPのみで扱うものです。  L型テンビンオモリは2本の針金の1本を折り曲げて、アームとして使うのですが、新発売の「L型・固定接ぎ穂アーム」は折り曲げる部分を最初からL字に曲げて、ステンレスハンダで固定するとともに、1ミリ径の針金ア…

[木 粉」・・・新発売!!

木粉・50グラム入り キスのエサとなるジャリメやチロリ等の虫エサは、ヌルヌルとして中々ハリに付け難いものです。 この時、一般的に使われるのが「石粉=いしこ」と云う硅砂の粉(工業用の磨き粉)ですが、これは顕微鏡で見ると鋭角に硬く尖り、エサを傷つけやすく、また、キスが喰った時に違和感を与えるので良くない!と言う方もいます。 こうしたことから、最近では「卵のカラ」を粉にしたもの、「コウイカの甲」を乾し粉にしたりする方もいます。  こうした中、鱚介オリジナル工房の店主が長い経験の中で使ってきたのが…

「竹シンカー」造り人 判明!!

竹シンカー 以前、このブログで竹細工を趣味としている方から頂いた、ボディに篠竹を用いた「竹シンカー」を紹介したことがある。 その後、その作者との連絡が取れず、何とかしたいと、このブログでも公開捜索(大げさですが)をしたのだが、ずっと見つからずのままだった。 実は1週間前、一通の分厚い封書が届き、差出人に「山口○○」さんの名があった。もしや?と思い、急いで開封すると、何と転がり出て来たのは2本の「竹シンカー」だった。矢張りそうだった!!・・探し求めていた山口さんからのものだったのだ・・。 手…

ぽっ君・アワビ貼りシンカー

色は赤と黒です 過日、「湘南オープン投げ釣り大会」で参加賞として配られたウッドガン・スリムの「ぽっ君:アワビ貼りシンカー」ですが、受け取った参加者からとても喜ばれたようです。 実は、ブログ記事を読まれた方から、是非、それが欲しいとの注文があり、残部をお分けしています。 大会の参加賞は予定数を超えて用意する必要があることから余分に造ったもので、手元には未だいくつかの在庫があります。 このシンカーには鱚介オリジナル工房のシールが付いていますが、これはPR的意図から貼ったものでもあり、通常価格よ…

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ