思い・雑感・・あるまま

ちょと、高知に行ってきます

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

チャリ平の風景

忙しい数日だった。私の釣りシーズンは、やっとこれから始まる。第14回のチャリティ湘南ひらつか投げ釣り大会は、260名余の参加者を得て、大変穏やかで恵まれた釣り日和の中、無事に終了した。事故も無く成功できたことは、携わる関係者の喜びである。
2月末から始まった大会支度に、日々気を遣いながらこの日を迎え、これが終わって初めて自分の釣りに専念できる・・というのが、皆の共通した気持ちかもしれない。終了した昨日は、事後処理に専念。協賛団体等への報告を兼ねた礼状作りや発送。当然、会計処理も済ませねばならない。反省会を計画し通知も出さねばならなかった。

おまけに、昨日、例の「皇帝ダリア」の支柱を立ててきた。お預かり頂いた江川先生が甲斐甲斐しく育ててくれ、もう大分太く、大きく成長している。大きくなってからの支柱立ては困難だから、早く立てねばならない。先生が資材を整え、少しだけ腕力がある私が杭を打つ。奥さんが監督する中、無事完成した。これで、大きく育ち、寄りかかっても台風にも耐えるだろう。娘さんが、これ呼んで、「皇帝ダリアプロジェクト」と言うそうだ。

そんなこんなで、次はやっと釣り支度にかかる。小田原のFBCに行き、東京スナメを6杯買ってきた。オヤジさんから特性の洗い水も頂いた。帰りがけ、宮島屋釣具店に寄り、委託販売している我が「鱚介オリジナル竿立ての」の売れ行き状況を見てきた。もう5本も売れていた。嬉しいことだ。
更にその足で、村越正海さんの自宅を訪ねた。大会にも腰を痛めながら来てくれた。その後は?との心配もあっての見舞いも兼ねてである。もう大丈夫だと言う。・・そこで腰を痛めさせた相手であるGTの45kgを抱き、満面の笑みを浮かべた村越さんの写真を拝見した。見事なものだ。確か、7月の土曜日、17:30東京12チャンネルで放映されるは筈だからお見逃し無く。

さてさて、なにが主題か分からなくなってきた。
そう、これから高知にシロギスを求め遠征する。昨年私が30・6センチを釣った場所で、今年5月に31センチと32センチ2尾が釣れたそうだ。私たちを待ってくれる堀川宗雄さんから「33センチが待ってるでよう、早くきいや!」といっている。
今回の釣行は、釣友山口茂さんとの二人旅。羽田発8:45のフライトだ。
釣行結果は、後日、写真集でお見せしたいと思っている。
では、出かけてきます!!







-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

翼の王国

機内誌「翼の王国」 「翼の王国」とは、全日空グループの機内誌である。昨日、重い荷物が宅配されてきた。差出は「泰正」とある。開くと、何とこの機内誌が10冊も入っていたのである。 泰正とは、正木烝司さんが経営する国内有数の大会社である。正木さんは、この「翼」にずっと以前から「釣りや魚などを題材としたコラム風記事」を書いている。人気のある内容で、読まれている方も多かろう。 ・・その正木さんから「先日、臼杵に釣行した時のことを「翼」に書いたから・・・」と、お聴きしていたモノだ。  その記事は15P…

Loading

 モトギスとホシギス

ホシギス(左)とモトギス(右) 沖縄の釣友である安座間尚さんが、今、貴重なモトギスについてブログで書いている。小生は今年1月末に、小さかたっが1尾だけ釣った経験がある。かなり苦労しての1尾だったが、釣るのはかなり難しいと感じている。  安座間さんは、釣れないのは釣り場環境が悪化したこと、個体数が少ないからと言っているが、それらをホシギスと対比しながら紹介している。 強調されていることは、既にその存在が幻になってきており、アオギスの二の舞にならなければ良いのだが、・・と心配されていることだ。…

Loading

言いたくも、言えなかったこと!!

久々の釣果でした!! まだ薄暗い早朝、沖合に鳥山が立っていた。イワシを狙っているのだろうが、追うのは鳥ばかりでは無い。後ろにはサバやカツオが、その後ろにはマグロなどの大型魚が付いている。時には、その大型魚を狙ってサメやイルカが外周を囲んでいる。・・・・そんな自然界の海中での活発な動きを想像してしまった。 ならば、我々が釣ろうとするキスとの関係は? イワシの多くはカタクチイワシ・・。そのカタクチイワシの幼魚がシラスである。キスがシラスをエサとして喰っていることは確かであるし、シラスの漁期と投…

Loading

波浪警報発令中!

灯された警報・・ただ、誰が見るのだろうか? 昨夜来の温帯低気圧の通過に伴って、海は大荒れの状態である。昨年ビーチパークに設置された海況情報の電光掲示板に、初めて(・・と思う)の「波浪警報」が灯された。(警報が赤字で、黄色字が注意報であることに気が付いた。) 海は濁り、大波がテトラ群を洗っている。警報がなされていることに気が付かず、近寄ってはならない渚に近づくと、波しぶきで体がじっとりと濡れてきた。  春の大荒れは、海をかきまぜ夏の海にと表情を変えていく。江の浦の海に設置された観測ブイから発…

Loading

釣具タンスの整理!

ハリス・ミキイト・ライン 天候も悪く投げ錬にもいかれない中、暫く整理してなかった釣り具を片付けた。まだ、ほんの一部だが引き出しの中はさっぱりスッキリ!! 片づけ始めると、捨てようと思っても一つ一つに思い出が重なってなかなか捨てられない。中には、有るのを忘れて重ね買いしたモノ、これぞと思って買ったが使わずのままのモノなどがあり作業の手が止まる。 こうなると、手付かずにある他の沢山の釣り道具も続けて整理しなければならない。・・・竿はどうするか、リールはどうするか、クーラーやエサ箱は?? 更には…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ