思い・雑感・・あるまま

釣誌 「投げ釣り Japan」 発売!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

投げ釣り Japan

 昨日、?エンターブレインと言う所から1冊の本が届いた。開けてみると、賑やかな表紙を飾る「投げ釣り Japan」なる釣り雑誌だった。先に原稿依頼されていたモノが出来上がったのかと、恐る恐るページをめくって見た。
 送った原稿は何時ものように長文であったから、如何に加除訂正されているかが気になったのだ。

 この本は、小生もよく知った阿部正人さんが編著したもので、今、活躍中の湘南の投げ釣りマン、山本修さん、高橋明彦さん、力石一穂さんの3名をメーンに捉え、且つ、投げ釣り界で活躍するキャスター(26名)から、投げ釣りの世界を色々な角度から、感じたままに述べてもらうと言った企画で構成すると聞いていた。

 選ばれた小生ではあるが、余りにも古い・・が、過去から矯めてあった小文を再度チェックし、「投げ釣りに魅せられて(7編)」と「釣り道具のカタログ」、さらに数点の写真を送ってあった。

 所詮、我が文は未だ稚拙であり、編集者は当然苦労する。・・多分、そんな事からか、誤字脱字程度の校正だけで原文のままが載せられていた。・・ホッとしたのか、困ったな?と言うのが本音である。ただ、投げ釣りに対する“我が思い入れや拘り”は、ご理解いただける筈・・。

 中味だが、現状批判的な文もあるが、その批判を前向きに、こう改善したいと言う提案などもあって、小生自身が言いたいことを代弁してくれるような記事もある。
 また、投げ釣り発祥時の釣り道具のことや、時代をリードした組織やリーダーなどの紹介もある。

 いずれにしても、これまでの釣雑誌には無い、チョッと違った性格の本かな?と感じている。価格は少々高いが、是非多くの投げ釣りマンにご覧いただきたい。

  出版社 株式会社 エンターブレイン
  発売元 株式会社角川グループパブリッシング
  編 著 阿部正人
  価 格 ¥ 1680−









-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

予防接種終わりました!

内心、高齢者が優先されコロナウィルス予防接種を受けて良いものか?・・と、戸惑いつつも、折角頂いたチャンスだから有難く受けてきた。初回は6月12日、2度目は7月4日だった。・・女房は1週間早く、互いが安 …

no image

フィッシングショー 中止!!

 フィッシングショーの開催について皆さんにも意見などを求めましたが、やはり、釣り人としての良識、釣具界の良識が「中止」を選択しました。 犠牲となられた多くの方々には、これからの厳しい復興に向かって、皆で手を携え、明るい明日に向かって頑張っていただく事を切に願います。 また、中止を決定した日本釣用品工業会に於かれましても更なるご支援を期待申し上げます。 私達が何ができるかは難しいものの、先ずは個々の生活上での我慢、贅の戒めでは無いかと思います。少しずつではありますが、義捐金等についても心がけたいと思…

平塚海岸 寄せられた情報!!

東さんの釣果です!! 平塚海岸は不釣のまま過ぎて居るが、きっちりと時合を捉え場所を信じて頑張れば、こんな釣果が得られるのだと云う、嬉しい便りが届きました。 発信人は、過日ここにも取り上げさせていただいた、藤沢の「東誠治さん」からのもので、酔っぱらって帰って開いたパソコンに、こんなメールが届いていたのである。 ・・・しかり、明日は、何としても柳の下を狙う積りである。高見澤様  今朝は失礼いたしました。藤沢の東です。 結果から言いますと、今日は16:30までバレーコート下〜マンション下で、ねば…

釣具タンスの整理!

ハリス・ミキイト・ライン 天候も悪く投げ錬にもいかれない中、暫く整理してなかった釣り具を片付けた。まだ、ほんの一部だが引き出しの中はさっぱりスッキリ!! 片づけ始めると、捨てようと思っても一つ一つに思い出が重なってなかなか捨てられない。中には、有るのを忘れて重ね買いしたモノ、これぞと思って買ったが使わずのままのモノなどがあり作業の手が止まる。 こうなると、手付かずにある他の沢山の釣り道具も続けて整理しなければならない。・・・竿はどうするか、リールはどうするか、クーラーやエサ箱は?? 更には…

速くも半年が過ぎてしまった!

気が付いたら7月に入ってしまった。歳をとると、日時の過ぎる速さがよくわかるようになるのだが、昨年から引き続くコロナ騒ぎで、今年はこれまで以上に速い気がする。先ほど、MLBのテレビ放映で、エンジェルスの …

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ