鱚介オリジナル工房

「真打ち−藍」誕生

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新しい「真打ち-藍」

 我が鱚介オリジナル工房から、投げ釣りテンビンの最終バージョンと決めて生まれた「真打ち」は、今、投げ釣りの世界で広く愛され始めている。
 「真打ち」には、硬め遠投用の「真打ち−黒」と柔らかめ近場用の「真打ち−赤」の2種類がある。
 実はこれが標準として好まれるならば、恐らく、もっと硬めで超遠投・多点バリ用の、もう一段強化されたものが必要となるに違いないと考えていた。
 そんな中、報知名人戦で4年連続名人位を得た鱚介オリジナル工房のアドバイザー「西向雅之さん」から、“13〜15本バリで遠投用の「真打ち」があったらよいのだが・・・”と云うアドバイスを受けたのである。
 
鱚介様
 真打ちの使用感について感想をお伝えさせてもらいます。
 真打ちを最初に手にとって見たときに まずシンプルさに驚きました!この天秤に詰め込まれた能力はどのようなものかを確かめたくすぐに砂浜に出かけました。
 仕掛けをセットしいつもの様に投げてみると、天秤の抵抗が少ないのかいつもよりも飛距離が伸びた様に思いました。 そしてサビキ始めた瞬間、今まで感じとっていた海底の状況が明らかにシャープに手元に伝わって来ました。その状況に驚いていた矢先、大体100m先でアタリが出てるはずなのに、あたかも10m先でのアタリかと勘違いするような力強いアタリが、確りと手元に伝わって来ました。
 アタリが強い・・イコール、バラシが多いのが今までのイメージですが、この「真打ち」は一匹 一匹、確実にハリを鱚の口の中にブッキングさせてくれ、アタリの数と釣れた鱚の数が限りなくイコールで結びつく様な感じがしました。
 僕が感じ取れた「真打ち」の能力はまだまだ僅かなものかとは思いますが、しかし、更に鱚釣りが楽しくなりそうです。
 なお、13〜15本の多点バリに耐えられるようなもう少し強めのものがあればと思いました。(石川鱚酔会 西向雅之)

 早速、既に試作していた数種の「真打ち−X」を福井に送り試して頂いた。この間、他の方からも同じ質問を受け、また、力石一穂さんが「磯・投げ情報:11月号」で「確実に数を掛けたいなら通常のL型固定テンビンオモリの方が優れる」と云ったコメントを意識しながら、ほぼ、これで決まり!!と云った試作品を造り、そうした方々にも提供し試して頂いたのである。

 まあ、そんな背景も手伝って、遂にバージョンアップした「真打ち」の完成である。 名称は「真打ち−藍」、「西向雅之氏推奨」とさせて戴いた。
 ちなみに規格は、軸/アーム径は1.1ミリ。軸長65ミリ、アーム長145ミリである。「黒」と比較し、径は0.1ミリ太く、アームを10ミリ長くした。それに伴って金属ビーズも4号玉を採用した。

 特に、この「「真打ち−藍」は、遠投派のベテランやトーナメンターを自負する方にお勧めしたいテンビンである。
 発売は10月20日頃を予定しているが、一品一品手造りしているため、出来る数も限られています。
 もし、直ぐにも欲しいと云う方がおられれば事前に予約を受け付けますので鱚介オリジナル工房ホームページからメール願います。、


お知らせ!
 今晩から11日(木)まで、高知に釣行してきます。今回は四万十川河口、宿毛の大キスを狙い、最後は仁淀川河口あたりで投げてこようと思っています。結果はこのブログで紹介するつもり・・・。
 そんなことで、鱚介オリジナル工房は暫し休業します。メールでのご注文に対する返事は11日以降となりますので、よろしくお願いいたします。
 
 





-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

「線径逆軸テンビン」使ってみたい!?

線径逆軸テンビン! 前回のブログに「逆径軸テンビン(仮称)」と云う新しいテンビンについて書いたのだが、読まれた方から直ぐに「いつ発売か?早く使ってみたい!」・・そんなメールを頂いてしまった。 このテンビンの機能等については、頭の中で色々と想像しながら考えることは出来るのだが、先ずは、試作を重ね、実釣を重ねて見ないと本当のことは分らない。・・と云った、そんな段階である。・・名称を付けるなら「線径逆軸」と、そのまま呼んだ方が良いかな?とも思っている。 ただ、既に関西方面の釣り人が実際に使って居…

「竹シンカー」造り人 判明!!

竹シンカー 以前、このブログで竹細工を趣味としている方から頂いた、ボディに篠竹を用いた「竹シンカー」を紹介したことがある。 その後、その作者との連絡が取れず、何とかしたいと、このブログでも公開捜索(大げさですが)をしたのだが、ずっと見つからずのままだった。 実は1週間前、一通の分厚い封書が届き、差出人に「山口○○」さんの名があった。もしや?と思い、急いで開封すると、何と転がり出て来たのは2本の「竹シンカー」だった。矢張りそうだった!!・・探し求めていた山口さんからのものだったのだ・・。 手…

テンビン「真打ち」・・のこと(1)

「真打ち」の出来るまで 今日も平塚海岸に行ってきた。20人弱、今季一番の賑わいだった。・・が、キスの方は数人が1〜2尾釣っただけ。ブログに書いた影響が大きかったようで、小生はその責任を感じつつ頑張ったのだが、結果は0尾だった。 多くの方が、1尾の顔を見たさにウズウズしていることが良く分かった。シーズンインを待ちわびるこの頃・・・、釣りとは、今日よりも明日、明日よりも明後日・・に、期待を込めるもの。これからは1日1日と良くなるに違いない・・。 さて、昨年発売したテンビン「真打ち」について少し…

ぽっ君・アワビ貼りシンカー

色は赤と黒です 過日、「湘南オープン投げ釣り大会」で参加賞として配られたウッドガン・スリムの「ぽっ君:アワビ貼りシンカー」ですが、受け取った参加者からとても喜ばれたようです。 実は、ブログ記事を読まれた方から、是非、それが欲しいとの注文があり、残部をお分けしています。 大会の参加賞は予定数を超えて用意する必要があることから余分に造ったもので、手元には未だいくつかの在庫があります。 このシンカーには鱚介オリジナル工房のシールが付いていますが、これはPR的意図から貼ったものでもあり、通常価格よ…

「使いかけ→つかい掛け」

これが「つかい掛け」です!! 釣りを終わろうとしている時など、まだ新しい仕掛けに変えたばかりで捨てるには勿体ない。明日なら、そのまま使える。・・・また、釣り場を移動したい時に、付いた仕掛けをどう仕舞うかなど、いわゆる「使いかけの仕掛け」をどう扱うかは少々面倒なものである。 そこで造ってみたのが、写真の仕掛け巻きである。いわゆる“使いかけの仕掛けを仕舞う仕掛け巻”で、引っかけ言葉で名称を「つかい掛け」とネーミングした。 この「つかい掛け」の基となったのは、以前、平塚海岸で出勤前の早朝釣りを楽…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ