思い・雑感・・あるまま

フィッシング フェスティバル 無事終了

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

左から鱚介、岸本社長、吉野テスター、岸本営業本部長

 21日から23日まで、パシフィコ横浜で開かれたフィッシング・フェスティバルで、釣針の老舗「はりよし」ブースに於て、ハリの結び方、仕掛けの作り方などの実演指導をやってきた。
 多くの釣友や鱚介工房のお客様から声をかけて戴いたことを、先ずは以て御礼を申し上げます。

 感じたのは、簡単なハリの結び方や、チチ輪でエダスを結ぶ仕掛け造りを知らない方が、ベテランと思われる方でもかなり居られたのが意外だった。

 釣りをやる方なら、ハリを自分で結ぶこと、仕掛けに仕上げることは当たり前だと考えてもいたが、どうも最近の方はそうではないらしい。聞くと、知ってます!と云いながらも、一つの外掛け結びだけしか知らなかったり、ハリス巻き器を使うと云った方もかなり居られるのだ。

 実際に何十人かの方に教えたが、果たして家に帰ってから同じようにできたかは疑問である。しかし、熱心に何度も何度も繰り返し教わって、確実に自分のモノにした熱心な方も居た。

 一方、今回の目玉であった新しい「鱚介アブミ」の評判だが、細軸軽量で針先の鋭さなどが評価され、かなり人気があることが分かった。気になっていた「焼き色」だが、特に青焼きに対する人気が絶大であることも分かった。
 
 実はこの日、「はりよし」の86歳になる岸本規社長さんから聞いたのだが、秋田袖の青色を出すのは、現在においては線材と薬品の相性が悪く、昔日の光沢ある青色を出すのが至難なのだそうだ。 
 しかし、後継ぎであるお孫さんの若い岸本敬太君(26歳)は、何とか頑張りたい、また、最近流行の「ケームラ」についても、是非、早く完成させたいと張り切っていた。

 もう一つ、新しい事実を知った。それは鱚介アブミの針先が鋭く刺さりが良いのは、針先をフッ素化学研磨処理(フッ素メッキやコーティング処理ではない。)していたからなのだった。あれほど刺さりが良い理由を、今知って驚いている。

 このフェスティバルに、はりよしのフィールドテスターである吉野海洋さんが、富山からはるばる来てくれた。
 彼は1月に茨城県水戸市で行われたJSCF新春スポーツキャスティング大会の5種に出場し、何と236、56mの日本新記録を出したと言う。
 その勢いに乗ってか、ブースでは人一番活躍していただいた。おまけに、彼は中国語が堪能で、この日も訪れた中国人バイヤーとの通訳も務めるなど、「はりよし」さんからはすっかりあてにされていたようだ。

 忙しく賑わいだ3日間は無事終了し、いよいよシーズンが明ける。明日からは少し気合を入れて、投げ錬で汗をかきたいと思っている。


画像(135x180)・拡大画像(360x480)

仕掛け実例集

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

左から吉野海洋さん、村越正海さんと鱚介


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

天才釣り女、小菅綾香さんも一役!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

はりよし後継者 岸本敬太君と村越正海さん


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

こんな小場所で教えてました・・





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

この頃の釣果・・・

外気が少し緩むころ海水温は最低になる。・・で、これまで釣れていた投げのキスは終わる。・・ただ、過去ならばそう言いきれるのだが実はマダマダ釣れている。数は釣れないが、それでも釣りたい!・・顔を見たい!! …

平塚海岸 全く不釣!

小澤氏の1尾!! 久々な晴れ間を狙って、2時間ほど投げてきた。暦は既に下旬を迎えてしまったが、この間、釣行してなかった訳ではない。ただ、書くだけの刺激と気力が萎えていたからである。 兎も角、今シーズンの平塚海岸は良くない。梅雨に入る寸前に、「チャリティ・湘南平塚投げ釣り大会」が行われたが、全くの貧果に終わったと聞く。以降、入梅入りした海の様子は、濁り、ウネリ、雨、ゴミと、投げ釣りにとっては些かよろしくない日々が続いている。 今日も、テトラ周辺はゴミと濁り、扇の松方面は濁りとウネリ、マンショ…

丹後半島・・撃沈ス!!

大荒れの海浜 今、窓の外は強風が木の葉を大きく揺らせている。丹後半島も低気圧の谷間にあって、今頃は多分、・・大荒れであろう??・・・。 変な出だしになってしまったが、いま居るここは鱚介工房の作業部屋である。 22日の深夜から勇んで出かけた丹後半島だったが、現地は、まるで冬入りしたかのような日本海独特の景色をかもし出していた。空はどんよりと暗く、北東の強風が吹きまくっていた。何処の釣り場も轟々と白波が立ち、大荒れだったのである。 しかし、それでも風裏の湾奥を選んで、何ヵ所かで投げてみたのだが…

エダス(枝ハリス)・・3000本!!

エダス3000本!! 沖縄釣行から戻ってその翌日、「磯・投げ情報」の取材協力で南伊豆妻良の新提に行って来た。同行者は、ホームページ「釣りにお出かけ」でお馴染みの「沢辺さん」ご夫妻。メーンは、この二人が「ジャンボギスを釣る」・・といった想定だ。しかし、持ち帰った沖縄産の島ミミズの効果も見られず、小ギスさえ姿を見せてはくれなかった。 ・・この残念記は、市岡記者の手腕によって、本日発売の「磯・投げ情報」に小生の沖縄訪問記と併せて掲載されている筈だが?? 以来、竿を出したのは平塚海岸で2回だけ。と…

フィッシング フェスティバル

 みなとみらい・パシフィコ横浜で開かれるフィッシング・フェスティバル(3/21〜23)に、老舗ハリメーカー「はりよし」さんのブースで、3日間ともお手伝いをすることになりました。 昨年、ハリよしさんが鱚介とコラボを組んで新規に開発した細軸軽量のキス針、「鱚介アブミ」を大いに宣伝したいとの強い要望を受け参加することになったものです。 小生は、鱚介アブミのエダ針の結び方、仕掛けの作り方などの実演と共に、投げ釣り一般についての質疑などをお受けしたいと思っています。 また、初日の21日には、はりよし…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ