釣りを楽しむ釣り

東伊豆 赤沢&河津好釣!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

アワビ巻きの単ガン「ぽっ君」

 今日は、鱚介工房のHPを担う角田清志さんと、久し振りに東伊豆の赤沢海岸と河津海岸に行ってきた。
 午前3時に平塚を出発。ウィークデイのため車は少なく、5時少し前には赤沢でサオを出せた。
 
 波は穏やかで、何時も波口に漂う海藻やゴミは少なく、1投目の4色で小さなアタリが・・・。少しづつサビキながら追い食いをさせ、上げてみると15センチほどの小ギスが3連で来た。・・・2投目以降も空は無い。ほんの数棟で20尾を超えてしまった。
 
 ここのキスは、海底の砂が黒く、それに染まったように魚体が黒っぽいのが特徴だ。角田さんも同じように釣れるのだが型は一向に変わらない。

 そんな訳で1時間ほどでここを諦め、河津海岸に行くことにした。

 河津海岸も至って静かで、少し濁りはあったがこれなら大いに期待が持てそう!!

 角田さんは駐車場下の根際から、小生は岩礁の右に座をとった。
 ここでも1投目から小気味よいアタリが・・・。かなり魚影は濃いようだ。どっち方向に投げても、遠近投げても、空振りなく釣れてくる。
 しかし、型は赤沢より大きいが、期待したような20センチ超の大型は居なさそうである。・・・ならばと、ハリを鱚介アブミ6号、3本バリに換え、エサの東京スナメ(チロリ)も大きく付け、西側に移動しながら投げてみた。
 
 確かに効果はあった。以降は、少しだけ大きめが来るようになり、10時の終いまでに18〜20?が6尾ほど釣れてくれた。

 今日は、北陸で流行っている?アワビ巻きのシンカーを使ってみた。新しい形状記憶合金アームのSMABS用に造ったウッドキャップ「ぽっ君」の単ガンにアワビシートを貼り、エポキシで固めたものである。(キャプションのモノ)

 果たして、効果が有ったか否かは定かではないが、感覚的には面白いのかもしれない。少し遠めに、テトラ近くに投げた時などは、オモリが着底した途端ブルッとくる。だからと云って、これをアワビの効用とは言い切れないが、効果ありと思えばそれもしかりなのである。
 これからの釣行で少し真面目にこれを試していきたいと思っている。

 まあ、こんなことで今日の東伊豆釣行は、型さえ文句を言わないならば、十分満足できたとしておこう。ちなみに、帰宅して数を数えたら60尾を超えていた。

 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

マアマアの型が!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

赤沢は小さかったが・・

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

アワビ「ぽっ君」に少し大きめが・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

海は穏やかだった






-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

キスの沖釣り

大野さんの釣果 数は絞って大きめばかり昔、投げ釣りマンが船でシロギスを釣ることに抵抗を感じていた一人だが、最近はこの時期、投げでは得られないシロギスの味を求めて・・という理由をこじつけて船に乗っている。観察すると、よく言われるように、桜の開花とともにシロギスは確実に岸辺でも釣れるようになってきたが、沖合いでの釣れる距離も段々と浅場に近づいており、間もなく投げの世界が始まることが見て取れる。 1月に出船したときは50〜60メートルの深場で釣れたが、3月に入ってからは徐々に浅場で釣れるようにな…

Loading

馬入湖でハギ師と遊ぶ秋の午後

Loading

鱗友サーフ50周年記念大会に参加!

釣ったキスの砂洗い! 全国に多々ある投げ釣りクラブで最も活況あり優れたクラブの一つに、徳島県の「鱗友サーフ」があると心得ている。 クラブの発足は50年前、初代会長寺沢守さんの元に結成され、以来、瀬尾捷征前会長、矢野勝彦現会長等優れた指導力の下、全員一体となって会が運営され、同時に、歴代の会長さんを初め、多くの会員が全国の名有る大会で優秀な成績を収めている。 そして一番の行事が、年1回開催される鳴門市の「里浦海岸」で行う投げ釣り大会・・。大会には、全国の名あるキャスターたちが集まり、有志での…

Loading

相模川河口好釣!

極暑の中、大型キスが釣れました!! OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Loading

南伊豆 妻良湾で!

大きな綺麗なキスの目玉!! 3週連続で南伊豆を廻って来た。7日夕刻、子浦の海岸から沖に出た2人乗りのシーカヤックが不明となり、翌日沼津で一人の遺体が上がったそうである。もう一人はいまだ不明とのこと・・。  その日、海域は大荒れだったそうだ。一見、この妻良湾は静かに見えるが、湾口から出た先の外海とは全く条件が異なる。・・彼らは、その静かさに惑わされ沖に出てしまったのだろう。  また、2人乗りのシーカヤックは技量が同じでないと、転覆してしまった時など上手く起きあがれない。ましては大荒れの海では…

Loading

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ