思い・雑感・・あるまま

         謹賀新年

投稿日:2024年1月1日 更新日:

明けましておめでとうございます。

もう、昔になりました!沖縄のウジュル(星ギス)です

皆様方には良き新年をお迎えになられたことと思います。一年が経つのは本当に早いものですね。・・でも、振り返ってみると沢山の新たな出来事に会いました。

一番は、何と言っても我が人生でもある「鱚の投げ釣りを日々に渡って出来たこと」です。遠征はそろそろ諦めねばと思っていましたが、良き釣り仲間が居て、大好きな能登半島に2回も連れて行って貰うことができました。おまけに、沢山の大鱚を釣ることができたのです。(元日の昨日から、この能登半島が壊滅的な天災に襲われています。唯々、無事を祈るばかりです。)

もう一つは、良くない出来事でした。パソコンを通じての特殊詐欺に遭ったことです。今でもその時のことを強く思い出しますが、最近の新聞紙上には同じような被害が多発していることが報じられています。被害者は決して私のような老人ばかりではありません。こうした詐欺行為をストップするような装置が早く出来ればと願う次第です。

後は、小生が育った二宮町にある「浄土宗円海山知足寺」から、女房共々生前法号(生前戒名)を授与されたことです。寺の墓には32歳で逝ってしまった息子と母親が眠っています。直ぐに行くことは望まず、まだまだ長生きしてからと思いますが、いざ!と言う時の安心です。

最後に、冒頭に記した”我が人生は鱚の投げ釣り”に関したことです。今、「チーム茅ケ崎」と言う相模川河口の柳島をホームとする十数人の釣り仲間が居ますが、これまでは小生が一番の長老でした。しかし、この夏から、2歳年上の先輩釣り師とお付き合いさせて頂いています。小生より遥かに元気老人で、近場のキスの投げ釣りには目を見張るような技を備えているのです。・・・最近、自分自身何か気が楽になったように思います。・・・定かなことでは無いのですが、元気な、この2年先輩の後を追いかけていれば良い!と言う、・・・そんな気ままな安心感を覚えるのです。

もう一つありました。・・・実は3年前から、80歳の手習いと言うか俳句教室に通っています。釣りから感じた様々をブログに書くだけではなく、何とか「五・七・五」にして見たかったからです。まだまだ上手くはありません。・・・が、最近やっと ”らしいもの” が詠めるようになってきたように思います。

そこで今の一句を、・・・「落鱚や深きにじっと餌を待ち」・・ ご批評ください!

 

今お付き合いいただいている方全て、お互い一緒に歳を重ねています。何方さまもどうぞ悔いすることなく、本年も引き続き元気で健康にお過しになれますよう心からお祈り申し上げます。

 

2024年 令和6年 元旦

高見澤佑介(高澤鱚介)

Loading





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

謹賀新年

平塚海岸からの富士   明けましておめでとうございます。  本年も皆様方にとって良き年となりますよう心からご祈念申し上げます。 さて、今年の目標と言うか、抱負はこんなふうに考えています。先ずは報告です。 投げ釣りの名門クラブである「神奈川サーフ・フィッシングクラブ」に入会させて頂くこと・・・・。 追記(この件は一身上の都合により入会を辞退しました。270109)遠征釣行です。 今年もまた新しい釣り場を求め、全国で活躍される皆さんともお会いできるよう遠征釣行をしたいと思っています。 昨年は、…

Loading

居る!! ものですね〜

4点掛けも!能登遠征では大物に不満を残したのだが、近場にこれほど居たとは驚きです。例のごとき事情から、今回は釣り場を未だ明かすことが出来ません。・・お許し願います。 ・・大物は近場に居ました。型は20?平均、午前中(10時頃まで)の釣りで、10数尾・・。3人で40尾、全て昆布〆用にして頂くことにしました。  台風が遥か沖合に有るようですが、ここはまだ静か、嵐の前の大釣りだったのかもしれません。 エサは何でも喰いましたが、生東京スナメが一番、2番が岩イソメ・・、3番がジャリメ・・と云った所で…

Loading

こんなサイズです!

今日から、よろしくお願い致します

新しいシステムによる「高澤鱚介のシーサイドブログ」、どうぞよろしくお願い致します。表紙の写真は、投げ釣りは厳寒期の明け方、こんな厳しいときにもやっていること、冬でもシロギスは釣れるのだと言うことを一枚 …

Loading

 たね・・・の本

 今、図鑑が良く売れていると新聞に出ていた。・・・時を同じに(必ずしもこれとは関係が無いと思うのだが・・)釣友であり、我がカワハギ釣りの師匠である、生物写真家の久保秀一さんから「たね」の本、図鑑が届けられた。  「刷り上がったばかりの「たねの本」をお届けします。デジタル時代の技と40数年前も前に作られ、今では幻となってしまった特殊なレンズとのコラボで、、小さなタネの超細密な画像を撮影することに成功しました。 数年前に月刊誌の依頼でタネを撮影したのが、事の始まりです。タネには、どうしてこれほ…

Loading

no image

湘南鱚酔会からのお知らせ

  湘南鱚酔会第1回オープン投げ釣り大会実行委員会から、次の通り連絡を頂きましたのでお知らせいたします。当日受付の変更について  投げ釣り愛好家の皆様の交流の場としてご案内しました湘南オープン第1回投げ釣り大会は、おかげをもちまして11/15の締切日までに約60名の参加者となりました。誠にありがとうございます。 つきましては、第1回目の大会でもありスムーズな運営を図るため、これ以降の参加希望に付いては、1月24日までにメール( shounan_kisuikai@yahoo.co.jp )、もしくは…

Loading

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ