思い・雑感・・あるまま

近況です!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

さる日、さる海岸で!!

 山陰への遠征釣行を書いて以来、早一月が過ぎてしまいました。決して病気などはしていません。・・が、もしかして遠征中に沢山釣ったその余韻が抜けきらず、カルチャーショックから行動が鈍っているのかもしれません。・・・そう言ってしまうと、これも一つの病気なのでしょうかね?

 この一月の内、それでも5〜6回は投げに行ってます。伊豆に2回、大磯海岸に1回、ホームの平塚海岸に3回ほどです。
 でも、その殆どが釣れません。精々2〜3尾と云ったところで、何故これほどまで下手くそになったのか?と、エサを代え、道具を替え、色々な仕掛けに迷いました。・・が、それでも釣れないのです。

 でも、それを仲間内に言うと、小生ばかりではないようでした。平塚海岸では、今、3尾釣れたら竿頭、大磯海岸あたりも同じようです。村越正海さんが、ダイワの大会結果を書いてましたが、小生よりもまだ釣れてない状況だったようです。

でも、こうも釣れない日が続くと自信を無くしますよね!!

 ・・・いよいよ真夏の太陽が照り付けはじめました。

 だったら、行くところは「あそこ」しかありません!!  でも、今、ここでは言えません・・。
 
 8月1日に行きますので、その後、結果を書こうと思います。もし、書かれて無ければ、・・・そう、またまたダメだった!と云うことです。・・・悪しからず!!!

話は変わります。
 鱚介オリジナル工房の方、結構忙しくなってます。自ら率先して営業を拡張したいとは思っていません。「仕事に追いかけられ、釣りが出来なくなるようなことは絶対避ける。」「一つ一つ、自分が納得できるものを、手作業で作り上げる。」と云うのが始めた頃からの信条で、大量生産が出来ないからです。

 でも、直接、釣具店から誘われればお断り出来るのですが、釣り仲間が間に入って誘われると、そうもいかない場合があります。ただ、それを受け入れたとしても、提供できる商品は、種類も数も、自らの能力で可能な範囲しか受けられませんが・・。

 そうした、作り手側の事情を知って頂き、希望が通ることを条件として、最近、島根県江津市の「フィッシングZERO」さん、鳥取県米子市の「かめや米子店」さんに、我が商品を置いてもらうことになりました。
 もしご近在の方が居られましたら、一度覗いてみてください。

 また、今、新しい「スプールガード」を試作中です。これまでのに比べ、径と幅を広げ、収縮性が高いポリエステルの細糸で緻密に組み上げたもので、ラインのバラケを抑え、スプールのフロントエッジをしっかり保護します。

 ただ、今回は国内産であるため、良質になった分、値段もけっこ高くなるかな??・・と思います。・・・余り高価になるようでしたら、ヤメるかもしれませんが・・・。

 もう一つ、とても人気が高いテンビン「L型異軸-剛力」のバージョンアップです。
 軸からアームの取り付け部分まではこれまで通り、硬調ステンレスSUS304Hの1.2mmを使い、異口径スリーブを用いて、その穂先となるアームをお客様のお好みの太さでオーダーを受け造りたいと考えています。

 選べるアーム径は、0.7?、0.8?、0.9?、1.0?、1.1?、その他、形状記憶合金SMABの1.0?、軸の1.2?をそのままアームにしたもの。・・・以上7種類の中から選べるようにします。

 これらは間もなく発売できそうで、今、最終的な準備に入っています。整い次第、鱚介オリジナル工房のホームページに掲出致しますのでよろしくお願い致します。

 この一月、釣りは芳しくなかったですが、結構疲れるくらいに忙しい日々を送って居ました。
 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

赤は従来のモノ。カラーは未定です





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

 FM おだわら BIG FISH でおしゃべり!

 明日24日は、クリスマスイブ・・。我輩は宗教上の問題があるわけではないが、それとは無縁のPM7;00から小田原FM放送のビッグフィッシュという生番組に出演する。 この番組は、毎週金曜日に気象予報士の村上繁郎さんが持つ釣り番組。村越正海さんや夢枕獏さんが出演することでおなじみで、釣り人にとっては聞き逃せないそうだ。 縁あって、今年2回目の出演要請を受け、投げ釣りに関してのお喋りをすることになった。 もとより、字に書くことは少しは慣れているが、普段から口は重い方である。少々かったるくもあるが…

エダス(枝ハリス)・・3000本!!

エダス3000本!! 沖縄釣行から戻ってその翌日、「磯・投げ情報」の取材協力で南伊豆妻良の新提に行って来た。同行者は、ホームページ「釣りにお出かけ」でお馴染みの「沢辺さん」ご夫妻。メーンは、この二人が「ジャンボギスを釣る」・・といった想定だ。しかし、持ち帰った沖縄産の島ミミズの効果も見られず、小ギスさえ姿を見せてはくれなかった。 ・・この残念記は、市岡記者の手腕によって、本日発売の「磯・投げ情報」に小生の沖縄訪問記と併せて掲載されている筈だが?? 以来、竿を出したのは平塚海岸で2回だけ。と…

釣誌 「投げ釣り Japan」 発売!!

投げ釣り Japan 昨日、?エンターブレインと言う所から1冊の本が届いた。開けてみると、賑やかな表紙を飾る「投げ釣り Japan」なる釣り雑誌だった。先に原稿依頼されていたモノが出来上がったのかと、恐る恐るページをめくって見た。 送った原稿は何時ものように長文であったから、如何に加除訂正されているかが気になったのだ。 この本は、小生もよく知った阿部正人さんが編著したもので、今、活躍中の湘南の投げ釣りマン、山本修さん、高橋明彦さん、力石一穂さんの3名をメーンに捉え、且つ、投げ釣り界で活躍す…

小田原アリーナに出展!!

展示パネル・・です 明日24日(金)〜26日(日)まで、小田原アリーナにおいて、小田原・箱根「木製品フェア2008」が開催される。小田原・箱根の木製品は江戸時代から地場産業として栄え今も多くの伝統工芸が継承され、高度な寄せ木細工なども創られている。 これを仕切っているのは、社団法人「箱根物産連合会」。実は、その傘下にあるサトウ工芸社から、我が鱚介オリジナル工房の「釣り道具」を展示してみないか?・・との誘いを受けていたのである。  確かに、小生は釣り道具にはもっと温もりを持ったウッドパーツを…

言いたくも、言えなかったこと!!

久々の釣果でした!! まだ薄暗い早朝、沖合に鳥山が立っていた。イワシを狙っているのだろうが、追うのは鳥ばかりでは無い。後ろにはサバやカツオが、その後ろにはマグロなどの大型魚が付いている。時には、その大型魚を狙ってサメやイルカが外周を囲んでいる。・・・・そんな自然界の海中での活発な動きを想像してしまった。 ならば、我々が釣ろうとするキスとの関係は? イワシの多くはカタクチイワシ・・。そのカタクチイワシの幼魚がシラスである。キスがシラスをエサとして喰っていることは確かであるし、シラスの漁期と投…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ