思い・雑感・・あるまま

小田原アリーナに出展!!

投稿日:

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

展示パネル・・です

 明日24日(金)〜26日(日)まで、小田原アリーナにおいて、小田原・箱根「木製品フェア2008」が開催される。小田原・箱根の木製品は江戸時代から地場産業として栄え今も多くの伝統工芸が継承され、高度な寄せ木細工なども創られている。

 これを仕切っているのは、社団法人「箱根物産連合会」。実は、その傘下にあるサトウ工芸社から、我が鱚介オリジナル工房の「釣り道具」を展示してみないか?・・との誘いを受けていたのである。
 
 確かに、小生は釣り道具にはもっと温もりを持ったウッドパーツを利用したいと考え、数年前からサトウ工芸社にお願いし、幾つかのこだわりを持った道具を造っている。
 しかし、ウッドパーツを作るのは、伝統工芸師であり箱根細工技能師である佐藤文昭社長である。・・師は、形を削りだすバイト(鉋刃)の作製から、時間と技術を駆使し幾つもの新しい工程を組みながら、立派なパーツとして仕上げてくれている。
・・・だから、・・そうしたことから、それを他の部材と共に加工し、釣り道具として仕上げていくには我が腕は余りにも頼りない。・・だが正直言って、工芸社にはパーツはあっても完成品は少ないのである。・・ならば、苦労を強いている社長さんへの恩返しもあろう。・・と、云うことで、ここ一番頑張ってみよう!!となったのである。

 サトウ工芸社のブースに展示させて頂いたものは「投げ釣り用の竿立て(サンドポール)」、「船用の小物釣り用竿置き」、「クーラーボックス取り付け用の竿置き」、それに10数種の「木オモリ(ウッドシンカー、我が工房の商品はウッドガンと言う。)」である。

 ここで、ふっと思ったのだが、・・これが釣具の展示会なら気合も入る。しかし、ここはそうではない。・・ならば一般の方々に「木」が、釣りの世界にもこんな形で使うことが出来るのだと言うことを知っていただければ良いし、もし、釣り人の誰かの目に止まり、「木」独特の温かみや落ち着きを感じて頂き、更に言えば、釣り道具としての機能を知って頂ければ、それもなお結構なことである。・・と気軽に考えることにした。

 当日は、全国の木工芸家が参加する「木のクラフトコンペ」も同時に開催され、暮らしの中に潤いや暖かさを感じさせる「木の道具、木の品」が沢山展示される。また、木工店での即売もある。興味ある方は、是非お出かけいただきたい。
 徒歩での交通は、小田急線の蛍田駅又は富水駅下車。共に徒歩で15分、なお、期間中専用のバスもあるという。






-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

シオメとはイソミミズとのこと・・・

改めイソミミズです富津岬で久々に見たシオメ(汐メ?)について書いたところ、早速、釣り大好き先輩の生物写真家、久保秀一師匠(私のカワハギ釣りの師匠)から一報頂いた。折角だから、もう少し詳しく解説して頂こうと思う。以下、頂いたメールである。鱚介さまシオメ・・・・イソミミズの事ですね。子供の頃はウミミミズとも云っていたように思います。小学生の頃、ハゼやボラ、ウミタナゴを釣る為の最初の仕事は餌のゴカイ掘りでした。その日も引地川の河口でゴカイを掘っていると怖そうなオジサン達が寄って来て「子供はゴカイ…

舘野鴻絵本原画展・・感動!!

主題の「ぎふちょう」 昨日、生物写真家の久保秀一さんからの誘いを受け、女房共々、相模原市立博物館で開催中の「舘野鴻(たての・ひろし)さん」の“ぎふちょう”を主題とした絵本原画展を観覧してきた。 舘野鴻さんは、私が尊敬した“熊田千佳慕画伯”のたった一人の本物のお弟子さんで、少年時代から、チカボさんが「埴生の宿」と呼んだ農家の納屋を改造した小さな家に通い「細密画」を学ばれた良き青年である。・・とはいっても、今はすでに脂ののり始めた45歳、・・・苦学しながらも、久保さんのご指導等も手伝って本気に…

近況です!

二宮沖(村越正海氏提供) 久しぶりの書き込みとなってしまった。超遠投の世界では釣れているとの情報はあったのだが、その飛距離に自信はなく、連日続く寒さも手伝って行きそびれていた。 それに、鱚介工房からの新製品、鱚介の仕掛け巻き「有限100掛け」と鱚介テンビン「真打ち」シリーズ4番目の「真打ち−黄」への対応に忙しかったためである。 ちなみに「真打ち‐黄」は、軸・アーム径が1.2ミリのシリーズ最強で、キス以外にも、サーフから狙うカレイとかアイナメ、イシモチやスズキ、ヒラメなどにも対応できる言わば…

防災訓練にホバークラフトが!!

甲板には数台の車両が積める・・ 昨日、神奈川県と平塚市の合同防災訓練が行われ、平塚海岸で2艘のホバークラフトによる、人員、車両、物資を運ぶ公開訓練が行われた。 始めて見たホバークラフトだが、その威力には正直感動した。特に、沖合から迫ってくる船体、砂浜に乗り上げる様、また、出船時には、スカートが膨らみ、ファンから輩出する強風に、海水と砂が舞い、轟音と共に浮き上がった船体がグルリと向きを変え、水煙を上げながら一挙に水面に浮かび出る・・・。   こんな姿に、久しぶりに男意気を感じたのである。

ボードウオーク上のアート作品?

 今釣れているテトラ群左の釣り場に行くには、国道134号線の跨道橋を渡り松林を抜け、ビーチパークを横切って海岸に出る・・。その途中にあるボードウオークの床面に何時の頃からか、何やら楽しげな絵が描かれている。路面アートとでも云うのだろうか・・。 今朝、そこを歩いていたら、その絵の上に何かが転がっていた・・。絵とは何の関連性も無いのだろうが、思わず笑ってしまった。通り掛ったランニング姿の若者も、楽しげにそれを見ていた!!・・ さて、そのモノが絵の中に溶け込めるとしたら、どこら辺に置いたらマッチするだろ…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ