釣りを楽しむ釣り

平塚海岸、やっと開幕したか?

投稿日:

3日ほど前にテトラ前に行ってみた。・・・だが、全くエサもそのまま、アタリのアの字も感じられなかった。何人かの投げマンに出会ったが全く同じで、皆早々に去って行った。ところがである・・。昨日の午前中、茅ヶ崎から来た二人連れがツ抜けしたと言う。スマホ写真も見せられた・・。今季初めての朗報だったのである!!

「情報を聞いたらすぐに行動する」のが、投げ釣りの鉄則である。昨日用意した東京チロリ(東京スナメ)とジャリメを持って、午前7時、小雨振る中行ってみた。未だ、雨に当れば体温は奪われる。・・厚着をし、合羽を着込み、長靴を履いての、久しぶりの重装備での釣りである。

勿論、海岸は無人・・。テトラ群の左側に座を取り、4色に投入した。・・数回のリーリングに、確かなキスのアタリが!! 16センチほどだった。食ったのはジャリメである。・・鱚介アブミの6号をしっかり咥えていた。・・・2投目、3色半で少し大きめが・・・。今度は東京チロリだった! 4本バリに東京チロリとジャリメを交互に付けていた。

3投目はクサフグが・・。4投目だった、かなり強いアタリが入った!!「鋭感一直 ALL SMAB」2号テンビンからのアタリは凄い!・・強烈である。・・・重い!! ・・だが、残念、波の引いた砂上に達した貴奴は、返す波に乗って帰って行ってしまった。格言通り、逃した魚は大きかった!!

以降、ポチポチと釣れ、終了11時までに8尾だった。・・結果から言うと、エサは東京チロリを、垂らしを無くしハリ一杯で止めたこと、探し当てたポイントでじっくり釣ったことが良かったように思う。

途中、ニュースソースを作ってくれたベテランさん等が来られたが、既に潮は引止まりに近く、誰も駄目だったようだ。まあ、それにしても今日は良かった。小生のホームグランドに、今年もキスが戻って来てくれたのだ!! ・・今晩は、久しぶりにシロギスの刺身を肴に、嵌まってしまった日本酒の「麒麟山」の熱燗で祝宴したいと思っている。





-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

今日はテトラ群の左だった!平塚海岸

今日の釣果(2人分) 今朝は7時過ぎに海岸に着いた。・・が既に、日曜日とあって何時もの釣り場には6人ほどが入っていた。 様子を覗ったが、芳しくない。誰にも勢いが感じられなく、ダメらしい。 支度を整え、テトラ内側の切れ目に向けて第1投・・! 何のアタリも無く、5点バリはフグによってすべてなくなっていた!  仕掛けを変えても、フグばかりで釣りにならない。多くの方も同じである。 テトラ群の右側と左側とでは、日毎に入れ違いで釣れることを以前言ったが、・・・そんなことで、止む無くテトラ左手に移動する…

未だ・・、釣れ盛って!!

小・中・大・・ 今日は12月23日。・・以前だったら、湘南の投げ釣りシーズンはとっくに終わっている。温暖化の影響なのだろうか?確かに水温は温かく、キスは釣れ盛っているのだ。・・嬉しいには嬉しいのだが、何故か少し怖さを感じてしまう。 今日も釣れた。昨日と比べると型が少し落ちたが、数は二十尾を超えた。距離は4色から3色に掛けてだから遠投は要しない。ただ、ポイントが狭まってきたように感じる。 小生はエサは岩イソメを使った。・・が、ジャリメが良かった!赤イソメが良かった!! と言う方も居る。 キス…

平塚〜大磯海岸 どこも好釣の兆し!!

にっこりと・・!! 相模湾一帯、台風一過とは思えないほど波は急激に静かになった。ただ、場所によっては、揉まれた後の濁りが残っている所もあるが・・・。 昨日の様子から、今日ぐらいから喰い始めそうとの予感があり、何時もの平塚海岸・扇の松下に入ってみた。結果は3時間ほどで、4色半付近で5尾。型は18〜20センチ級とマアマアの型だった。 ただ、時間がかなり限定され、喰ったのは早朝の一時だけ。・・・遅く来た沢辺さん夫妻は辛うじてセーフ。良型に満足そうな笑顔があった。 この日、釣友から情報が寄せられた…

満足度100%!!

3人の釣果です! 早起きして南〜西伊豆を、何時もの和田兄弟と3人で廻って来た。・・・この季にしては最良の結果を見ることが出来た!! 早期から釣れる南伊豆だが、1か所で多数釣るのは無理である。しかし、狭い堤防や小浜は結構あり、見当をつけた小場所で数投づつ試しながら探し歩くと結果が付いてくる。 ちなみにこの時期、良く行くのは妻良漁港、子浦漁港、岩地海岸、松崎海岸、仁科大浜大浜、大田子海岸、安良里の公園前、宇久須漁港、土肥海岸。小土肥小堤などである。  ・・こうした小場所だから、使う道具は通常使…

熱川海岸、あと1〜2週間!!

フグ ふぐ 河豚 福・・とも! 久々にキーボードの前に居る。日々釣りに出かけていて、書く間が無かった。・・と云う訳では無い。平塚から発する情報が無く暫し休んでいたのである。 今書いたように、我がホームの平塚海岸は、早朝テトラ群の左側の遠投で2〜3尾・・。マンション下では波間の厳しい釣りでも、やっと2〜3尾と云ったところである。 海岸中央から花水川にかけても良い情報は無く、時折、数尾釣ったと云う程度の話を聞くだけである。 そんな不振続きの中、何とかキスのブルブル!を聴きたく少し早いとは思いつ…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ