釣りを楽しむ釣り

平塚海岸、やっと開幕したか?

投稿日:

3日ほど前にテトラ前に行ってみた。・・・だが、全くエサもそのまま、アタリのアの字も感じられなかった。何人かの投げマンに出会ったが全く同じで、皆早々に去って行った。ところがである・・。昨日の午前中、茅ヶ崎から来た二人連れがツ抜けしたと言う。スマホ写真も見せられた・・。今季初めての朗報だったのである!!

「情報を聞いたらすぐに行動する」のが、投げ釣りの鉄則である。昨日用意した東京チロリ(東京スナメ)とジャリメを持って、午前7時、小雨振る中行ってみた。未だ、雨に当れば体温は奪われる。・・厚着をし、合羽を着込み、長靴を履いての、久しぶりの重装備での釣りである。

勿論、海岸は無人・・。テトラ群の左側に座を取り、4色に投入した。・・数回のリーリングに、確かなキスのアタリが!! 16センチほどだった。食ったのはジャリメである。・・鱚介アブミの6号をしっかり咥えていた。・・・2投目、3色半で少し大きめが・・・。今度は東京チロリだった! 4本バリに東京チロリとジャリメを交互に付けていた。

3投目はクサフグが・・。4投目だった、かなり強いアタリが入った!!「鋭感一直 ALL SMAB」2号テンビンからのアタリは凄い!・・強烈である。・・・重い!! ・・だが、残念、波の引いた砂上に達した貴奴は、返す波に乗って帰って行ってしまった。格言通り、逃した魚は大きかった!!

以降、ポチポチと釣れ、終了11時までに8尾だった。・・結果から言うと、エサは東京チロリを、垂らしを無くしハリ一杯で止めたこと、探し当てたポイントでじっくり釣ったことが良かったように思う。

途中、ニュースソースを作ってくれたベテランさん等が来られたが、既に潮は引止まりに近く、誰も駄目だったようだ。まあ、それにしても今日は良かった。小生のホームグランドに、今年もキスが戻って来てくれたのだ!! ・・今晩は、久しぶりにシロギスの刺身を肴に、嵌まってしまった日本酒の「麒麟山」の熱燗で祝宴したいと思っている。

Loading





-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

no image

カワハギの面白さに堪能

これはカワハギではありません 12月5日、午後2:30伊豆、川奈漁港から出航。釣り場は、港から数分の川奈ホテル前、約300メートル付近。 船頭さんの話では、午前中は食い渋り、キタマクラに悩まされたそうだ。生憎の雨が降り始める。だが、一尾の顔でも見れればと、期待に胸を躍らせながら早速仕掛けを下ろす。水深は、約25メートルである。 今回の釣りは、釣り仲間である渡部氏の友人の別荘で催される夕刻からの懇親会に招かれ、その前座なのだ。釣らなければ夕飯にあり付けないという訳ではないが・・・。メンバーはそうそう…

Loading

平塚海岸 25.2?

25.2? 昨日に続き、平塚海岸で25.2?のジャンボ級のキスが釣れた。 遠投しサビキながらの釣りであるから、そのアタリは強烈である。数は少なくなったが、じっくりと狙って釣る原田さんも、23センチクラスをゲットした。 エサは、やはり塩東京であった。 小生のは、塩で1日〆た後、水分を拭き取ってから一匹づつ片栗粉をまぶし、容器に入れて冷凍保存している。  当然、東京スナメはコチコチに固まってしまうと思われるが、そうではない。片栗粉がガードするのか、保水性を保ったまま、ほどよい柔らかさで保存でき…

Loading

平塚海岸 小場所でそれなりに!!

冬支度の中、2連で! 過日、このブログに、平塚海岸落ちの兆し!と書いた。・・・その後、小生が何時も行くテトラ周辺ではパッとしなかったものの、西海岸の方ではずっと良型が釣れ続いていた。いま、少し下火になっているようだが、未だ広く探り歩けばどこかで当る。 実は、「広く」・・と言っても、海岸のどこにも居るのでは無く、ドカッと釣れる場所はかなり偏った小さな場所に限定される。海岸を観渡し、地元ベテランたちが固まって釣って居る場所がそこ!  でも、そういう場所には中々入りづらいものだ・・。しかし、今頃…

Loading

40尾、4冠は出来すぎ!!

 昨8日、「湘南オープン投げ釣り大会実行委員会」主催の「キスの投げ釣り大会」に、主催者側幹事兼選手として参加した。 先に結果を言ってしまうが、小生の釣果は40尾ジャスト。・・・病み上がり的状態の小生が居るトリオチームが総合優勝、また、個人優勝、大物賞、シニア賞と、何と4冠を頂いてしまったのである。シニア賞を除いては、明らかに出来すぎ!!である。 大会は湘南大磯海岸。会場は漁港から葛川までの「大磯西浜」と漁港から花水川河口までの「大磯東浜」で、どちらで釣っても良い。 大磯漁港にある県営駐車場…

Loading

平塚海岸 26.5 ?

久々のジャンボサイズ! 今日は、7時頃からテトラ西側100メートル付近で投げてきた。 釣友の原田さんは既に20センチ級を2尾ほど釣っており、距離は5色と云う。手前隣に入れてもらったが4色に根掛があり、2投目からは座を移し左隣で投げてみた。  今日は久しぶりにコンペ31号を持ち、6色付近を狙ってみた。・・・塩東京を5点バリに付け、塩が海水に溶け出すように時間をかけ、ゆっくりとサビいてみた。  そして、原田さんの話の通り、5色付近でアタリがあった。・・上げてみると、元気の良い16センチ級だった…

Loading

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ