思い・雑感・・あるまま

速くも半年が過ぎてしまった!

投稿日:

気が付いたら7月に入ってしまった。歳をとると、日時の過ぎる速さがよくわかるようになるのだが、昨年から引き続くコロナ騒ぎで、今年はこれまで以上に速い気がする。先ほど、MLBのテレビ放映で、エンジェルスの大谷投手がヤンキースにぼこぼこに打たれ、1回を持たずに降板した。それ以上見ることも悔しく、スイッチを切りパソコンに向かっている。

一月振りの投稿だが、何故書かぬ?釣りは辞めたのか?病気か?などなどのメールが届いている。先ずは元気そのもの、2回目の予防接種は4日に行う。・・書けないのは、正直言って、書くに値するような釣りに行けてないのが主因である。

でも、コロナウィルスなど絶対居ないと確信する海には時々行っている。遠征釣行ももしている。・・・だが、これらのことを書くと、必ず、つまらぬ批判が飛び交う。それも同じ釣りをする者からであるから情けない。蜜など全く無い海岸でのマスク姿は何とも理解しがたい。マスクを取って、大きく深呼吸すると、生きている自分を感じ、何故か元気になる!!

遠征し、人と接触するのはコンビニや食堂だが、これらは店の方も、自身も、それなりに防備はしている。宿だが、中には過剰なまでの対応もあるようだが、釣り人を迎えるよな簡素な宿は何処もガラ空き!よくも経営できているのか、本当に気の毒に思う・・。でも、宿は必死で頑張っており、喜んで迎えてくれるし、もてなしも素晴らしい。政府が奨めたゴーツウトラベルは行き過ぎと思うが、個人が訪問地を知り、予防措置をしながら、自然体での行動であれば、感染の心配はいらないだろうし、地方は活気づく筈だと思う。

1年を超えるコロナ禍にあって、多くの知見からもうそろそろ自分自身の行動パターンが学習できつつあるのではなかろうか・・・。

 

 





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

チャリティ湘南ひらつか投げ釣大会のこと

毎年、大蔵市長も!今日は少し裏話をしてみたい。「第14回チャリティ湘南ひらつか投げ釣り大会」が6月4日に開催される。今日、実行委員会が持たれ、出来上がったポスターや大会要項を協賛団体や後援団体に送付する準備を整えた。明日からは協賛してくれた釣具店に、多めのポスターや要項を配布しなければならない。ここら辺が大会開催までの丁度、中間点ということになる。大会はたった1日で終わるが、この準備は3月当初から開始する。資金手当てのための協賛金の確保には、役員全員が手分けし頭を下げてこれを取り付けてくる…

矢張り・・そのとおり!!

堀川さん今しがた、高知の堀川宗雄さんからメールが届いた。高知釣行日記で私が予感したとおり、帰った後に「矢張り釣れだした」とのことだ。ならば「明日にも早速行こう。」と言いたいのだが、何せ高知までは遠いからそう言う訳にも行かないだろう。少し悔しいが、我慢し、耐えるのみだ。堀川さんには、直接「もう、そうした情報は要らないから・・」と言いたくもあるが、それも言えないでいる。そのままをここに、コピーしておこう。高見澤佑介様高知遠征お疲れ様でした。さて、鱚の近況ですが、今日、八木さんが仁淀川河口西側で…

 FM おだわら BIG FISH でおしゃべり!

 明日24日は、クリスマスイブ・・。我輩は宗教上の問題があるわけではないが、それとは無縁のPM7;00から小田原FM放送のビッグフィッシュという生番組に出演する。 この番組は、毎週金曜日に気象予報士の村上繁郎さんが持つ釣り番組。村越正海さんや夢枕獏さんが出演することでおなじみで、釣り人にとっては聞き逃せないそうだ。 縁あって、今年2回目の出演要請を受け、投げ釣りに関してのお喋りをすることになった。 もとより、字に書くことは少しは慣れているが、普段から口は重い方である。少々かったるくもあるが…

近況です!!

さる日、さる海岸で!! 山陰への遠征釣行を書いて以来、早一月が過ぎてしまいました。決して病気などはしていません。・・が、もしかして遠征中に沢山釣ったその余韻が抜けきらず、カルチャーショックから行動が鈍っているのかもしれません。・・・そう言ってしまうと、これも一つの病気なのでしょうかね? この一月の内、それでも5〜6回は投げに行ってます。伊豆に2回、大磯海岸に1回、ホームの平塚海岸に3回ほどです。 でも、その殆どが釣れません。精々2〜3尾と云ったところで、何故これほどまで下手くそになったのか…

・・・・つもりになって、・・の募金!

春は確実に・・ 震災に対する何かを語ろうとすれば限がありません。何も出来ない非力な存在で、批判的な言動をする評論家や番組には腹立たしく思います。 今は、我慢すること、贅をしないこと。・・それが個々でできる最小限の働きではないでしょうか。小生は、今、協力と言う言葉は使いたくありません。当事者の身になって、他事でなく自らに掛かる責務が何かを考えるようにしています。 こんな中、釣友の久保秀一さんからメールを頂きました。お読みいただいている皆さん! 釣り人と言わずに!・・こんな積もりになって頂いた…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ