思い・雑感・・あるまま

カルキスが2尾も!!

投稿日:

画像(180x120)・拡大画像(480x320)

どれがカルキスかは分からない

 今日釣ったシロギス8尾の中に2尾のカルキスが居た。 気温が未だ低く釣って直ぐには匂わなかったし、直ぐに冷えたクーラーに仕舞いこんだため気が付かなかったのだ。料理しようかと、小デバを握った俎板の上で気が付いたのである。
 カルキスと言っても多くの方は知らないと思う。 そう言う種類のキスが居るわけでもないし、カルキスと言う呼びかたさえ名詞にはない。
 一言で言うと、強烈なカルキ臭さを持ったキスのことで、水の消毒に使う塩素(サラシ粉)の匂い、あるいはヨウドの匂いを持った、刺激的な臭気を持ったキスの事をそう呼んでいる。

 何故そういったキスが居るのかは専門家でも分かって居ないようである。今まで聞いたことを整理すると、幾つかの原因説がある。一つは、漁業界で使われる定置網などに使われる薬品が網やロープに付いた虫や貝類などに吸収され、その虫や貝類を食べた魚が臭くなってしまうと言う説。二つには、強いヨウドを含んだ海草や海草に付いた虫などをエサとして食べた魚がそうなると言う説。三つには、下水やドッグ等の排水が吐き出される海域に育った魚がそうなると言った説等々、さらにそれらが重なり合って起きる説すらある。

 今日釣れたカルキスは、条件からして?では無いだろう。春先の特にエサが未だ十分でない頃、岩焦帯で釣れたキスに良くあることから、今日釣ったキスがテトラ周りで育ったと見れば、?である可能性もある。また、相模川左岸には大きな下水処理施設があり、その前で釣れるキスに最近カルキスが多いと聞くから、?もその可能性は否めない。
 したがって今日釣れたものは「?と?が重なり合った環境下に育ったキス」なのかもしれない。・・と言うのが小生の結論である。

 余談だが、このカルキ臭い魚はシロギスばかりではなさそう。昨年暮れに釣ったカワハギの中に同じ臭気を持ったものが居た。釣った場所が定置網周りだったから、?の説が有力とされたが、それはごく限られた時期的な現象であるから・・と、大きな議論にはならなかった・・。
 また、全国的に見て、このカルキスばかりが多量に釣れる湾もあると聞く。・・ただ、いずれの場所においても未だにその原因は解明されて無いようだ。
 
 一方、食べて毒か?と言われても、これも誰しも良くは分かっていない。ただ、食べてしまって具合が悪くなったと言う話は無いから、食べて食べられないことはなさそうだ。しかし、当たり前の嗅覚を持った人ならば、先ずは臭くて食べられないし、食べない方が良いだろう。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

平塚海岸 絶不釣!

考案の胴付きテンビンで釣れました!! 最近はずっと、地元平塚海岸に通っている。しかし、釣果の方は全くダメ!! 天候不順でウネリが治まらず、濁りも取れない状態が続いている。早朝から数時間釣って2〜3尾といった状況。上手な人、アタッタ人でも精々5〜6尾程度である。 原因はそれと相まって“居ない”のである・・。そう云ってしまえば諦めもつくが、実はチョ〜遠いのである。5色しか投げられなければ絶望に近く、条件は6色以上投げれること。  今の投げ釣りの世界では、8色も9色も投げられる人も居る。精々7色…

no image

皇帝ダリア 1

知る人ぞ知るのだが、若干でも庭や植物に関わった私にとって、「皇帝ダリア」なるものは全く知らなかった。パソコンで検索すると、どうだろう、凄いブームが起きているようでもある。日本名(和名)で「木立ダリア」と言い、身の丈が4メートル、花の直径は15センチにもなるという。実は、釣りをしながらの雑談で、長老の田中実さんからその凄い存在を聞かされたのである。だが、誰も見たことも無く、その入手方法も分からない。そこで、ふと思い出したのが横浜市緑の協会に勤務する大野青風さん。彼は篆刻家であるが、私に感化されたのか…

悪天候による中止の判断?

外は氷雨が・・ 外は、小雪まじりの冷たい雨が降っている。・・何となく今、ホッ!としている変な自分がここに居る。  実は、今日は行きつけの「奄美酒房・水連洞」とその客仲間で作る「釣道を考える会」の主催で、「新春の釣りほうだい会」なる、船のシロギス釣り大会を計画していたのである。従って、天候さえ良ければ、今頃は船上で魚信を楽しんでいる筈だった。 だから、降っている氷雨が、もしかして晴れてしまい残念がる思いを、ハッキリと断ち切ってくれたのである。・・ホッ!!・・・今日の一文は、お読みの皆さんには…

九州遠征は如何に?

アオギス!! 投げ過ぎで痛めた足の直りは8分目まで回復したが未だ無理は出来ない。 先日、少しあった良型の爆釣はあれで終わったと聞く。波も荒れ、釣りにならなかったとも聞くが、そんな時は、我が心内は嫌らしくも少しだけ気持ちが落ち着く!! こんな中、団地の管理組合の仕事も忙しく、自治会の祭り行事の手伝いもした。 そいて明日から3日間、九州に遠征釣行!!  3年前、アオギスを狙い成功したが、今回も1日は挑戦したいと思って居る。 案内は、転勤して居付いてしまった黒木さん・・。大ギス釣り場にも案内を乞…

文章は十七音に凝縮す

気付かれた方も多いと思う。・・当ブログのタイトルである。手抜きでは無いが、長々とした文章で書くことは止め、世界で最短の詩、最短の文学と言われる「俳句」や「川柳」にあやかって、釣りに関わることを中心に何 …

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ