思い・雑感・・あるまま

新システム移行にあたって

投稿日:2020年8月12日 更新日:

長年使い慣れた旧ブログシステムからの移行は、小生にとっては少し苦痛である。しかし、時代の流れから、歳を理由に落ちこぼれることの方がもっと情けない。・・・こんなことから、多くの方の支援を頂きながらやっとここにたどり着きました。

スタートに当たって、これまでのブログに対する自らの指標と言うか、ごく基本的な約束事のもとに書いて行きたいと思っています。

中身の多くは、これまで通り長年に渡りやってきた鱚の投げ釣り経験をもとに、日々における「釣行」に関係した事柄全般を中心に、時には自然環境や乱獲等に関すること、その時の社会問題や世相に関すること‥、こんなことを自分なりに解釈し、自らの責任と意志をもって書きたいと思っているのですが・・・。

そして、読んで頂きたいと思う対象者は、決してベテラン釣り師ではありません。青少年や、定年退職後を考えて投げ釣りをやってみたいなどと思う、いわゆるビギナーの方、或いは「投げ釣り」をしている中で、時に迷った方に対する助言なども意識して書いていこうと思います。

・・以前、幾つかの釣り雑誌に書いていましたが、その続きと言うか、また、書き足らなかったことも多々あり・・・、そんな意識が未だに消えないのです。・・同時に、ブログは自分自身の記録として残る「釣り日記」みたいな存在なのです。

一つ問題があります。それは、SNSを通じた誹謗や中傷に関わる問題への対処です。ブログでは、私自身が体験したり考えたことを文字に表現し、読み手に対しては、単にこうした考えもあるのだ!と言うことが伝わればよいのです。・・・読み手に、同意を求めるものでもなく、一緒に言動を共にして欲しいことなどを求めるものでもありません。

読み手が、ここから知った事柄が自分の考えと違うと言うことは多々あるのは当然です。それらを単に批判することは勝手ですが、これをネタに自身のNSNを通じ、書き手を攻めたり批判すること、世間に同意を求めたり扇動することは許されません。自分の考えを訴えたいなら、批判や中傷ではなく、自身の考え方はこうこうであると、素直にそれを公表するだけでよいのです。

付け加えるならば、公の機関や企業等が、間違ったと思える行動等があった場合には、自らの立場を明らかにしながら、批判等を行うことは許された行為であると思っています。しかし、個人に対しては全く違います。相対であれば許されましょうが、これをSNS等で一方的に公開議論を要求することは許されません。従って、こうした気配を感じた場合や人権意識のない者と感じた場合には、その者との交信はする必要はないと考えますので、コメントの交信は即遮断することにします。

最初から、つまらぬことを書くとご批判もありましょうが、これはとても大事なことだと、敢えて書きました。これからも、最近少なくなった釣行情報や、新しい釣り技、見合った釣り道具の作成情報等、投げ釣り全般について、少しでも興味を持たれるような記事を書きたいと思っています。どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

 





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

やっと釣り開始!!

渚に遊ぶ浜千鳥 暮れから痛めていた肩がやっと終息しつつある。若干の張りは残るが、一時のような痛みは嘘のように治まっている。 この間、何度か投げ錬で海岸に出ようとしたのだが、一つの目標に近づきつつある中で、再び再発したらその楽しみまで奪われかねずじっと直すことに専念してきた。 また、そんなことで家では喰っては寝!!の生活がたたり、今度は贅肉が付きすぎてしまったのである。 しかしご安心あれ!冬場のオフシーズンに恒例となっている平塚海岸の砂浜歩きを開始し、既に、元々の少し太り気味の体型に戻りつつ…

湘南オープン投げ釣り大会に参加しませんか!!

前回の参加者です 今日、湘南鱚酔会の「第4回湘南オープン投げ釣り大会」実行委員会が開かれました。湘南の海を愛する投げ釣り愛好家の交流を深めるための大会です。既に募集は行われていますが未だ若干の余裕があります。投げ釣りにまだ自信が無い、一度は大会に出てみたい、そんな方、どなたでも参加できます。募集要項をご覧いただき、是非、申し込んでください。

       急告!! ・・・参加申し込みは12月5日までに!!          湘南オープン第4回 投げ釣り大会   太公望各位       …

あれから1年!東北からの便り−?

あの日・・・ 先ごろ、大震災を受けた宮城県東松島市の大曲浜つりえさ店を経営されている伊藤浩二さんと鱚介工房のことでメール交換を致しました。 その折、私から「一年が過ぎ、進まない復興に心痛みますが如何お過ごしでしょうか。我慢し、前進し、日々ご苦労であると思います。どうぞ健康に留意されお励みください。」と認めたところ次のような返信を頂きました。是非、これを皆さんにお伝えしたいと考え、氏の了解を得てここにUPさせていただきました。 大曲浜つりえさ店は大津波によってすべてを流され、命だけは奪われず…

年明けの平塚海岸で・・!!

今年も頑張ろう!! 今、午前10時過ぎ、・・海岸から帰る途中のJR平塚駅から国道134号線に向かう「渚プロムナード」を伝って、多くの家族連れがニコヤカに向かっていた。 恒例の大学箱根駅伝の応援のためである・・・・しかし、我が母校は残念ながらシードに残れず、予選会にも漏れて出場していない。・・何か、侘しい正月である。 暮れに、新年会を午前7時過ぎから行うから集まれ!・・と、平塚海岸に屯する仲間の、チョン投げの鈴木誠之さん、海岸主の土井博明さんから伝達を受けていた。・・さらに、吾輩が暮れに釣っ…

船酔い・・・

静かな日のカワハギ船団こんな時間に書き始めたのには訳がある。 今日は、小田原漁港から解禁直後の大型のシロギスを、一人狙う心算で6時に家を出た。しかし、どうも胃の調子がすぐれない。このままであれば“船酔い”間違いなしだ。・・そんな思いがよぎり、途中、国府津インターから戻ってきてしまったのだ。 私が、船にも乗ることは何回か書いた。お読みいただいてる方には、鱚介さんが船酔い?・・と疑問をもたれるだろう。確かに、少年時代をすごした二宮の実家には和船があったし、漁師の船にもよく乗せてもらった。だから…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ