釣りを楽しむ釣り

やはり、小バリには小さいのが・・

投稿日:

今朝は出だしが遅くなり、思った場所には入れなかった。でも、一投目に20㎝級が・・・。今日は、南蛮づけの材料にしたいので小ギスでも良いと思い、ハリを4~5号までの無限仕掛けを用意した。しかし、海に着き、それで釣るのは少し残酷だとの思いが・・、で、使ったのは鱚介アブミ6号だった。8号から比べれば小さいが、これならピンギスには大きいから、かなり避けられるはず・・。

今日は食いが悪かった。・・場所の違いが極端で、最初に入りたかった場所の方はヒネ混じりで釣っていた。小生、なかなかキスの居場所が掴めない・・。数投後、やっと見つけた場所には小振りなやつばかりだった。小さな口で、6号バリに付いた大きなエサを口いっぱいに頬張り食ってきた。

今日の釣り人は昨日と変わってかなり大勢が並んでいた。冬休みに入ったためだろう。ただし、午前中は大潮の落としにあり食いが悪く、皆ポチポチ程度の食いだった。・・でも、波口近くで2連3連と釣るものも居り、結構楽しんでいる方もいた。多分、午後の上げに入れば結構釣れ始めるだろう! 小生、11時の定刻になったので終了、釣果は15尾程度だった。

 





-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

投げ釣り三昧!!

釣った時は26センチ!! 今日はもう9月3日・・早くも秋。・・しかし、そうは云うもののこの所の残暑は厳しい。そして、この暑い最中、今日は一日中忙しく動き廻らざるを得なかったった。 ・・と言うのも、夏休みの最後(我が身にとって夏休みは無いのだが・・)から、ずっと投げ釣りに浸っていたからである。 兆候は、8月23日の三浦半島の大浦海岸への釣行から始まった。前日の夕刻にあった電話での誘いに乗り、午前2時30分自宅を出た。釣場は生憎の向かい風で、小さなワンド状の釣り場には未だシロギスの姿は無かった…

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ!

こんな釣り姿です! 平塚海岸のテトラ群〜前、ここでやっと夏らしい釣りが始まった。海岸沖に東西に延びるテトラ群は約300メートル。・・・渚から投げると、左右末端の台形波止までは4〜5色近く、中央のテトラまでは2〜3色である。この1色の違いは潮の干満の加減・・。 ここでは一年を通してキスの顔が見えるが、今年は釣れ始まりが遅かった。・・・だが、今年も例年のように、やっとテトラ前のチョイ投げで安定して釣れるようになってきた。 タダ、釣ろうとするならば、それなりに幾つかの条件が合わないと数は釣れない…

秋入りて孫子の笑顔ハゼが呼ぶ

釣れ過ぎ!! 平塚海岸

ヒネも混じった!! 昨日はテトラ左に入り、撃沈だった!! 「若潮」と云った悪潮が原因だ。・・と、ヘタの言い訳としておこう。 今朝は、7時5分前にテトラ右手の、2日に大釣りした場所に行って見た。 何と、釣れること釣れること・・。小さいが3連4連と来ることも!  まだ、水温は18度台と暖かい。最近エサは岩イソメを使っていたが、今日はジャリメに変えてみた。・・・それが当ったようだ・・。 型が小さいから、ハリも「鱚介アブミ」の「ケイムラ」4号で5本バリとした。  ハリ一杯に、ジャリメの硬い頭を取り…

南伊豆 妻良湾で!

大きな綺麗なキスの目玉!! 3週連続で南伊豆を廻って来た。7日夕刻、子浦の海岸から沖に出た2人乗りのシーカヤックが不明となり、翌日沼津で一人の遺体が上がったそうである。もう一人はいまだ不明とのこと・・。  その日、海域は大荒れだったそうだ。一見、この妻良湾は静かに見えるが、湾口から出た先の外海とは全く条件が異なる。・・彼らは、その静かさに惑わされ沖に出てしまったのだろう。  また、2人乗りのシーカヤックは技量が同じでないと、転覆してしまった時など上手く起きあがれない。ましては大荒れの海では…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ