投げ釣り釣行記

西伊豆 仁科大浜

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ご満悦な笑み!

 二匹目のシロギスを狙って、東伊豆・熱川海岸に出かけてみた。 しかし、・・・釣れなかった。
 釣りにとって一番嫌なコチ(東風)が吹き、ウネリも入り波が高かったのである。 6色にも投げてみた。だが、シロギスの反応は全く無く、ハリ盗人のフグだけが元気良かった。
 
 ここ熱川は、先週18日頃を前後して盛期は過ぎてしまったのだろうか??? ・・いや、波けさえ治まれば、マダマダ釣れる筈だと前向きに考えておこう・・。

 そんな事で、東風の当たらない西伊豆、仁科大浜海岸に行ってみた。
 伊豆半島の全ての砂浜は、あと1週間は海水浴場となっておりサオは出せない。早朝だから良いだろうと云えども、開始時間はるか前には監視員がきたり、スピーカー放送で追い出しをくってしまう。・・多分、仁科大浜まで行けば、海水浴客も少なく、釣りは充分できるだろうと考えたのだ。

 8時過ぎ着く。静かな海岸には先行者が3人ほどサオを出しており、皆チョイ投げで釣っている。例年の通り、ごく近場で喰っている様子だった。
 早速、ジャリメを付けて3色に投げてみた。・・2色までサビいた時だった、・・強烈なアタリ!・・が、・・上げてみると単に18センチくらいの可愛いヤツだった。
 暫らく振りの静かで浅い海でのアタリ、・・それがより強烈に感じさせてくれたのだ。・・もう一つ、ここで使ったのは、細身軽量な新型の「鱚介テンビン・バルサシンカー用(?ギアラボ特注品)」。・・その効果でもある。

 場所を少しずつ変えながらも、ポチポチと間段無く喰ってくる。距離は3色からチカラ糸までとごく近い。エサは1匹付けの方が喰いが良かった。

 釣ったのは日中の3時間ほどだったが、釣果は18〜20センチ級が14尾。この海岸は、早朝であればほんのチカラ糸で釣れる。・・いよいよ秋本番が始まったのかもしれない。
 
 本日発売の「磯・投げ情報」の特集記事で、夏休み明けの「赤沢海岸」と「河津海岸」について書いたが、この両方共に悪かった場合少し遠いが、是非、この西伊豆「仁科大浜」の波口釣りを楽しむことをお奨めしたい。






-投げ釣り釣行記

執筆者:

関連記事

能登遠征釣行

狼煙漁港で25?!! 4日の夜、神奈川サーフの釣友と4人で石川県能登半島に向かった。車は、和田会長の日産セリナeパワーの新車・・、高速道はほぼ自動運転。確かにパワーもある。 工程だが、行きは圏央道〜中央道〜長野道で松本IC下車、上高地〜安房トンネル〜141号線〜41号線を経て富山に出る。北陸道富山IC〜金沢森本ICで下車し、そこからは能登里山街道(無料)に入る。輪島を抜け、能登半島先端近くの「大川浜」まで快調に進む。途中、千里浜ドライブウエイを走り、千枚田を見学するなど休み休みはしたが、大…

Loading

やはり!・・東伊豆熱川海岸

マアマアの型が5連パーフェクト!この数日、久方ぶりに真夏の太陽光線が眩しく感じる。 今年はダメか?と諦めていた「東伊豆の熱川海岸」に釣友の大野青風さんと行って来た。数日来続いた晴れ間を期待して行ってみたのである。例年、真夏の一番暑い頃、ほんの一時だけだが大釣りをさせてくれるのがこの熱川海岸である。 午前6時、海岸に着く。海岸を見下ろすと、最近には珍しく岸辺には大量の砂が付き、午前9時過ぎの干潮にむけて砂州が広がっていた。ただ、嫌な北東の風が強く、海面はささくれ立っている。それにウネリも少し…

Loading

散々だった かほくの投げ釣り大会!!

湖かと思わせる塩屋の海今年も8月3日に、石川県かほく市のサマーフェスティバルの一環として行われている「かほく市シロギス投げ釣り大会」に行ってきた。  2日(金)夜8時30分、空一面に稲光が光る中、平岡車で平塚を立ち、3日の早朝加賀ランプを下り塩屋海岸に向かった。目指した駐車場下のテトラ群周辺には人は無く、支度を済ませ直ぐに投入開始。  暫し後、おはよ!!の声に振り向くと、いつもお世話になる手取り投友会の宮本幹治さんだった。最近腕を痛め久しぶりの釣りだと言う。実はこの場所は、幹ちゃんの得意と…

Loading

能登半島・曽々木海岸で!

8連のパーフェクト 8月1日、石川県能登半島の曽々木海岸で久しぶりの大漁に恵まれた。大、中、小が混ざって、何処で投げても、遠くでも近くでも釣れ盛った。 2日のかほく市のシロギス投げ釣り大会に行って見ようと釣友の和田満雄さん、和田春雄さんと3人で出かけたのだが、遠浅である「かほく海岸(約1.6キロ)」は真夏の熱さなのだろうか、シロギスは遠ざかり、数は極端に減り、型も小さくなってしまっていた。 そんなことで、大会前日の1日はかほく海岸から離れ、ノンビリと千里浜ドライブウエーを走り、途中竿を出し…

Loading

no image

波静か、だが、シロギス不在

遂に6日間、連日通ってしまった大磯海岸。今日は晴れて風もない。西に箱根連山がすっきりと浮かんでいる。波は昨日までと違って、実に平穏であった。冬のウィークデイだというのに、釣り人の姿が多い。週明けに釣れたニュースは既に伝わっており、穏やかさを心待ちしていた者ばかりだろう。相変わらず、私はカムイツクシィで近場狙いをする心算。気が焦りつつ支度を整え投入する。しかし、いない。近くの青年にピンが付いてきたのを確認するが、私には来ない。数投したが矢張り釣れない。止む無く、遠投に切り替えてみることにした。0.6…

Loading

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ