鱚介オリジナル工房

新型テンビン「L型異軸」完成!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

L型異軸 -08アーム

 以前、「真打ち」テンビンをもって、以降は新しいものは造らない。・・と宣言した。・が、しかし、その後、「形状記憶合金」の出現によって新たな展開を余儀なくされた。
 この形状記憶合金製のテンビンを「SMAB」と呼び、これまで幾つかを世に出したが、正直言って、これで完結だ!と言えるものには未だ到達していない。

 「L型‐SMAB」はL字部分の曲げの強度に問題がある。
 「真打ち‐SMAB」は、長さや曲げの角度の疑問が解けない。
 実はこの二つ、新しい「異口径スリーブ」の完成によって、大きく改善できると思っている。既に試作も行っているので、興味ある方は今後を見守ってほしい。

 一方、それとは別に「異口径スリーブ‐1008番」を使った、新たな「L型」テンビンが完成した。写真がそれで、かなりシンプルな形に整った。使ってみてのトラブルも無く、喰い込み、アタリの感度は抜群に良い。
 
 最大の特徴は、オモリの付け位置を軸からずらしたこと、アームに0.8?径の医療系に使う高純度のステンレス線を採用したことで、SMABとは全く異なった明快で感度の良いアタリが取れることである。

 ただし、軸径が1?だから、30号以上のオモリで剛腕の方の投げには疑問を残す。そのため、今後、1.2ミリ軸も造る予定であるが・・。

 名称を付けねばならない・・・。が、文字を重ねると「L字型・異軸・トライアングル・固定・接穂アーム・テンビン」となってしまう。従って、軸直下からオモリの付け位置をずらしたテンビンの特徴を捉え、以降、この型を「L型異軸」テンビンと呼ぶことにした。
 
 そして今回発売のステンレス0.8?径のアームを付けたものを「L型異軸-08アーム」と呼ぶことにしました。
 
         どうぞお見知りおきをお願いしたい。

仕様は
 軸はSUS304H 1.0?径 135? 丸目径は2.0?
 アームは「異口径スリーブ1008番」でSUS304H−EBの0.8?径 130?を繋ぐ。
 丸目径1.5?
 負荷は、27号前後までと考える

 なお、ご入用の方は鱚介オリジナル工房のホームページからお願いします。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

基部はしっかり固定

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

異口径スリーブ1008番で接ぐ


 先に、名称を公表したが今後のL型テンビンの展開を考え、この名称を変更することにしました。また、価格も500円といたしました。(270705:記事修正)





-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

ハリ抜き?ハリ外し?を造る

卓上ボール盤で! 相変わらずヒマである!! これまで使っていた自製のハリ抜きがもう底をついている。・・・で、新たに造らねばならないと思って居た「ハリ抜き」を10数本作って見た。材料は孟宗竹である。・・実は、数年前に木工所から入手した、肉厚で硬く、良く乾燥した30センチ長の竹材である。 これを15?ほどに切り、竹割りナイフで10ミリ幅に割り、穴をあけ、削って整えていく。 ・・・で、先ずは穴あけであるが、竹材とは言え、良く乾き、硬く締まったこれをキリやルーターでやるのでは正確に開けられないし作…

木工品フェアー2010に展示出品

たったのこれだけですが・・ 正確には、小田原・箱根「木工品フェアー2010」と言う。開催は隔年で行われ、今年は10月22日(金)〜24日(日)まで、小田原アリーナを会場として行われている。 主催は実行委員会スタイルをとっているが、実際は社団法人箱根物産連合会に事務局がおかれている。  この中身は濃く、全国「木のクラフトコンペ」作品展、「伝統の技×若い力」展が同時に行われ、多彩な木工技術を誇る職人さん達が製造直売する「小田原・箱根 名物木工やさん通り」なども設けられている。・・すなわち、日本…

船用・鱚介テンビンの誕生!!

長さが違う3種類の船用・鱚介テンビン 先日の、船による「シロギス釣り放題会」で44名中トップに立った久保秀一さんの仕掛けが話題になっている。覚えていた釣友から、「久保さんは、皆と違った不思議なテンビンを使っていた。」と言うのだ。 そのことを久保さんに話したら、「いやぁ!腕ですよ!!」ッと、軽くいなされてしまったが・・。 実はあのテンビン、我が「鱚介オリジナル工房」の作品なのだ。幾つか造った中の一つで、久保さんの意見を取り入れ特別注文で受けたものだ。  小生も、何回かの出船の折に確かめ効果は…

「L型‐SMAB」改め「L型異軸-SMAB」に移行!!

新型「L型異軸-SMAB」 前回の記事で、鱚介テンビン「L型‐SMAB」には、L字部分の曲げの強度に問題があることを書いた。実は、これまでお二人の方から?曲り部分の伸び、?折れ、が指摘された。 原因は、曲げ部分のスリーブ中にハンダが確実に入らず強度不足だったのである。 お二方にはお詫びの旨を伝え、強化した新作を送りお許しを頂いたが、これは反面、造る側にとっては有難い指摘であり情報であって、とても感謝している。 この記事を読まれ、自分の買ったものもそうであった!という方が居られましたら、ご面…

鱚介アブミ 黒焼 予約終了のお知らせ

新旧のアブミ 先ずは、ご予約いただきながら未だ発送できない状態であることをお詫び申し上げます。  新しいキス針として既に10万本ほどの「鱚介アブミ」が造られているのですが、パッケージのデザイン等に時間が掛り、未だお手許に届けることが出来ません。  現在の見通しでは発売開始は22日頃からとなり、ご予約頂いた方には大変申し訳ないのですが、入荷次第、順次発送させて頂きますので今しばらくお待ちください。 また、数量限定でご予約頂いた「黒焼き」は、昨日をもって総量に達しましたので、誠に申し訳ありませ…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ