思い・雑感・・あるまま

第4回:湘南オープン投げ釣り大会参加!

投稿日:

画像(180x132)・拡大画像(479x353)

参加者・記念写真

昨日10日(日)、湘南鱚酔会(湘南オープン投げ釣り大会実行委員会主催)による、第4回大会が湘南大磯海岸で開かれた。
 まだ暗い寒空に集まったのは遠く豊田市や沼津市、千葉市などから来られた43名・・。
 大会は抽選で3人一組の所謂トリオを組み、勝敗は総尾数制で入賞は6位まで・・。また、個人の最多賞、大物賞、少年少女・レディス・シニア賞なども用意された。

 大会の目的は、釣果を競うことはもちろんだが、釣り人同士の和と輪を広めることにあり、このトリオ戦方式はとても友好?有効?なのである。
 
 組まれた3人は、まずは作戦会議を行い一斉に会場に向かった。会場は、大磯漁港を挟んだ西と東、どちらの海岸を選ぶも自由である。

 小生は、何時もは東海岸の漁港際、兜岩周辺を狙うのだが、混雑から逃げ、西海岸の大磯町役場下に入った。
 釣り方は、遠投よりも波間に居るピンギスを狙うことに決めていた。ハリ数は5本以内と決められており、鱚介アブミのケイムラ4号を用意してきた。これにジャリメの柔らかい部位を1?位垂らして付け、2色以内を丹念に釣ってみた!!
 
 ・・釣れない。・・ともかく釣れない。・・エサも残ったままだ。・・時折、フグにハリを取られる。・・釣れないのは居ないからなのか?・・居ても口を使わないからなのか?
 ・・・どうやっても、どう、もがいてみてもキスの姿は見えない。・・・そして、ついに最後まで来なかった。・・・所謂、オデコ、ボーズで終わったのである。

 
 釣りを終え、本部に集まった皆の顔は何故かにこやかである!!・・それは殆どの者が釣果ゼロで、言い訳が出来ないお互いの苦笑いだったのかも知れない!!

 ・・・それでも、釣って来るものは居た。ただし、最多は3尾が2人、2尾が2人、1尾が4人、釣れた人は8人で数は14尾といった、とても厳しい結果だった。
 ・・やはり釣れた場所は、兜岩と漁港の壁際に挟まれた小場所だったようである。
 ・・小生、こんな大会結果を見たのは初めての経験である。・・・皆さん、お疲れ様、ご苦労様でした!!

 和やかな中で、表彰が行われ、抽選による賞品授与が行われたが、今回も釣り人の原田耕一さん、港南台の食事処「やま田」さん、金子智さん、安部彰二さん、田中賢二さん、また、小田原酒匂の宮嶋屋釣具店、グローブライト、富士工業から、多くの賞品を頂いた。・・少しばかりだが、我が鱚介オリジナル工房からもアウトレット商品ほかを提供させて頂いた。

 湘南鱚酔会実行委員の皆さん、準備から実施まで、本当にお疲れ様でした。また、来季も、この大会が行われることを願う参加者の声を多く聞きました。小生もその一員として頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 ともかく厳しい釣りだった。・・・例年に無い急冷えで、大磯海岸海岸からキスは遠ざかったようである。今シーズンの湘南海岸はこれで終わりだと思う。・・・だが、早く終わった分、来季のインは早まるのではないかと期待しているのだが・・・。
 そんなことを願いつつ、これからは、いよいよ冬ギスを狙っての釣行が始まる。・・・先ずは、南伊豆方面を探釣したいと思って居る。


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

開会式

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大磯海岸西を望む

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大磯海岸漁港を望む

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

審査風景


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

結果表

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

優勝チーム

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

2位単独チーム

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

3位チーム

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

レディース賞






-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

今は、アジサイの花が・・

 過日、小生が住まう「湘南高浜台ハイツ」の環境について書いたが、初夏の今頃はアジサイの花が咲き誇っている。広い庭をぐるっと廻り、写真に撮ってみた。 小さな残念ごとだが「カシワバアジサイ」が無いことが分かった・・・。グリーンクラブに提案し、是非とも植えたいと思っている!!

・・・偶々である、ご近所を歩いてみたら、ハイツにはない「カシワバアジサイ」を見…

鱚は不在だが・・

ハマヒルガオの群落が・・ 水温が18度となった。だが、鎌倉あたりではもう赤潮が出たと言う。平塚海岸では未だ見えないが、水温が上昇してもキスが全く居ない。早朝から頑張っても精々1〜2尾の顔が見れれば上々で竿頭・・。そんな厳しい状況が今も続いている。 海岸に出る道すがら、路傍には幾つも咲く花がある。広い渚プロムナードには、歩道を被うように、白い房花を付けた数本のニセアカシアが咲く。・・海岸近くの垣根には、生垣状に絡んだスイカズラが、一夜明けて黄色くなった花ガラとともに小さな白い花を咲かせている…

沖縄からのメール!!

ブーゲンビリア ホシギス狙いから時間がたったが、未だに30?の大ギスを釣ったときの感触が五体に残っている。 こんな中、沖縄在住のある投げ釣りマンからメールが届いた。釣り歴は浅いが、今、キス釣りに嵌まりつつある方で、一つの経験を通して、とても素直で研究心旺盛な気持ちを感じる内容だった。 そんなことで、彼との往復レターをここに紹介する。文はとても長くなるが、少し読みやすく修正を加えたので興味ある方はお読みいただきたいと思う。2月5日 YKさんからのメール 鱚介様 こんばんは! 昨日届きましたウ…

BSFU8Cで無限仕掛けを造る!!

「バークレイ スーパーファイヤーライン ウルトラ8 クリスタル」の1.2号が届いた。早速、フグとの戦いに備える仕掛け造りに専念。小生の以前の仕掛けは、針の号数や針数、ラインの種類や長さなど、一仕掛けご …

年末に当って 

ホームの平塚海岸 あと数日で新年を迎えますが、この一年、お読みいただいた方々には深く御礼申し上げます。 どうぞ一段と良い新年をお迎えになられますことを心からご祈念申し上げます。 さて、年末に当って、少しだけ気になって居ることを振り返り新年に備えたく思います。ご理解いただけますことを切にお願いいたします。  最近、このブログを書くことに対して「疑問を感じる」ことがある。 端的に言うと、それは釣れている情報を書き込むと「大勢が来て混雑し、場が荒されるから書くな! 迷惑だ!!」と言われる。・・そ…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ