鱚介オリジナル工房

テンビン造りしてます!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

4種類の「真打ち」

 湘南のキス釣りは終った。実は今の時期、釣行ばかりしては居られない事情もあり何時までも釣れ続くと困るのである。
 多くの投げ釣りマンは既に今シーズンの釣行計画をたて、使う道具の手入れや消耗した仕掛け等の用意をし始める時期でもある。
 だから、この頃から鱚介工房への注文も来るようになり、それなりのストックを備えておかねばならないからだ!   
 今、一番の人気商品である「真打ち」テンビンを造っている。「真打ち」は、硬さ(径)を変えた0.8ミリの赤、1.0ミリの黒、1.1ミリの藍、1.2?の黄の4種類がある。これまでは長さにも長短の差を付けていたが、実釣等の研究から今は全て一定の25?で仕上げている。

 このテンビン造りの作業は、針金(ステンレス:SUS304H)を規定の長さに切り揃えることから始まり、完成まで約20工程ほどを要する。これを1ロッド200本も造るのだから、かなりしんどさを感じることもある。・・・まぁ、手作業でしか作れず、忍耐の一言かも知れない。

 因みに、「真打ち」が出来るまでの作業工程を掲げてみよう。真似する方、参考にしていただいて結構ですよ!・・・でも、これ以上のものは造らないでくださいね!!(笑)

1、ステンレス線を一定の長さにカットする。
2、ステンレス線に着いた油分を洗剤で洗い流す。
3、クルックリン具で軸頭の?丸目を造る。
4、?丸目の端部を水平になるよう整える。
5、4にアーム側からストレート・スリーブを通す。
6、曲げ器でスリーブを決めた位置で「くの字」に曲げる。
7、アーム側から?ビーズ+?スナップスイベル+?ビーズ+?止めスリーブを通す。
8、?止めスリーブの位置を決めハンドプレッサーで加締める。
9、?加締めたスリーブと?丸目にステンレス用フラックスを塗りハンダする。
10、ハンダ部分に残ったフラックスをお湯で洗い流す。
11、長さを整えた熱収縮ゴムを?スリーブに被せる。
12、熱収縮ゴムに熱風ドライヤーを当てで固める。
13、アーム端部をクルックリン具で丸目を造る。
14、丸目の部分を水平になるよう整える。
15、丸目の部分にステンレス用フラックスを塗りハンダする。
16、ハンダ部分に残ったフラックスをお湯で洗い流す。
17、出来上がったものを検収し、完成する。

 後は、説明書きをクリアーパックにセットし、2本一組でパックすれば全て完了となる。



 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

狭い工房です






-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

「木粉」は@250円となりました

 多くの投げ釣りファンからご愛用頂いておりますブナ材から取った「木粉」(50g入り)ですが、この度、価格を@250円にさせていただきました。 ただし、正味の量は50gから70グラム入りとし、20g増量致しております。  また、大量にお使いになる方、お仲間で分けて使われる方には、大袋入りの800gがお勧めです。価格は「レターパック370」での送料込み料金で@3000円でございます。 さらに、宮嶋屋釣具店にはこの小袋入りの外、プラケース入り(120g)を@500円で販売中です。 なお、この他、…

メタボ-アワビ16(仮称)

試作中!! 外は、今年2回目の大雪が降っている。冬で稼ぎの少ない船宿は、2週続きの休日大雪で相当に参っているそうだ。 勿論、釣り人もそうなのだが・・。でも、雪は春の訪れを告げる大事なステージ、釣り人の方は、待つほどに釣行への期待は膨らむ。この間多くの方は、イメージトレーニングや仕掛け造りに精を出すのだろう。 投げ釣りの方と云えば、深場の国府津海岸辺りでもキスはすっかり影をひそめ、精々顔を見る程度だそうだ。 そんな今、我が仲間達は釣れないことを承知で、遠投に挑み、投げ練に汗をかきつつ春を待つ…

[木 粉」・・・新発売!!

木粉・50グラム入り キスのエサとなるジャリメやチロリ等の虫エサは、ヌルヌルとして中々ハリに付け難いものです。 この時、一般的に使われるのが「石粉=いしこ」と云う硅砂の粉(工業用の磨き粉)ですが、これは顕微鏡で見ると鋭角に硬く尖り、エサを傷つけやすく、また、キスが喰った時に違和感を与えるので良くない!と言う方もいます。 こうしたことから、最近では「卵のカラ」を粉にしたもの、「コウイカの甲」を乾し粉にしたりする方もいます。  こうした中、鱚介オリジナル工房の店主が長い経験の中で使ってきたのが…

懐かしきスピードカイソー半ブラに

昔懐かしい富士工業の確か、スピード・カイソー・テンビンオモリと言う、そのストリップ・シンカーが見つかった。今新しくスピード・デルナーが発売されたが、この基は正にこのスピード・カイソーであろう。・・何故 …

ウッドガンとウッドキャップ 同時新発売

ウッドガンです 鱚介オリジナル工房のアイデアと技術を生かし、このたび富士工業のデルナー天秤をベースに、堀オリジナル工房とのコラボラーションにより、ケヤキ材を使用した投げ釣りマン待望のウッドシンカー“鱚介のウッドガン”を完成し発売いたしました。また、自製のウッドシンカーを造りたい方のために、ウッドガンに使用する“ウッドキャップ”を同時発売いたしました。 ウッドガンは、木部全長8センチで、25号、27号、30号の3種となります。木部は天然素材の乾燥ケヤキを削りだし、頂部にステンレス製のカップワ…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ