異口径スリーブ!!

投稿日:

 口径の異なった2本の針金を真っ直ぐに繫げる・・。これがテンビン造りの大きな課題でもあった。しかし、それは簡単なようでとても難しい。 これまでは、8スリーブ(Wスリーブとか、だるまスリーブとか云われるもの)で、2本の針金を平衡に並べてカシメたりハンダ付けをしていた。また、1本のシングルスリーブでも8スリーブでもそうだが、太軸に合ったものを使っていた。こんなことだったから、口径の異なった針金を繫げた場合、出来上がったつなぎ目は太く、見てくれも良くなかった。 これを解決したのが、鱚介オリジナル工房がある精密器機メーカーに研究開発をお願いし、完成をみた「異口径スリーブ」である。一言で云うと、ステンレス細管を「しぼり」の技術を用いて1本1本手造りしたシングルスリーブである。 既にこのブログでも紹介してきたが、最近、全国の方からの購入依頼が増えている。投げ釣りマンの人気ホームページ「投げ釣り北近畿」で紹介されたからだと思っている。 頂いた注文メールの中には、こうしたスリーブは絶対無いと諦めていました!・・。良くぞ作ってくれました!・・そんな声も寄せられている。 零細鱚介工房としては、金と時間をかけ、賭けみたいな冒険でもあったが、今はつくづく造ってよかったと思っている。 因みに、種類は2種類、「1210番」は、1.2?と1.0?の針金をつなぐ。もう1種は「1008番」で、これは1.0?と0.8?をつなげるものである。  さらに、「1210番」の細口に0.8ミリ用の鞘管「ストレートPS08番」を嵌め込むと、1.2?に0.8ミリの針金を繋ぐことが出来る。 敏感さを持ったテンビン造りには、もうこれを欠かすことが出来なくなった!!と言うリピーター出始めた。 初回に造った異口径スリーブは、そろそろ在庫の底が見え始めてきた。もう暫くは大丈夫だと思うが、何れ増産を考えねばならない。 ・・が、完成するのは発注し3〜4か月も掛ってしまうので、もし、ご入用の方は、少し急いで注文頂いた方が良いかもしれない。 

Loading





-未分類

執筆者:

関連記事

no image

西伊豆・仁科大浜で34尾

 昨日、久し振りに仁科大浜に釣行した。同行は、ベテランの域に差し掛かった大野青風氏とその子息龍作君。大野さんは篆刻の世界で活躍するが、最近は自邸農園で農作業にも汗を流すといった多趣多芸の持ち主である。・・今日は、投げ釣り初めてという龍作君の指南もつとめるらしい。・・らしいとは、私に気を使わせないために自分が教えるのだと、そう言っているのだ・・・。 海水浴が始まる前の一服、仁科大浜は静か。到着したのが午前7時、釣り人は数人のみだが、打ち上げられたゴミの量は多大。 実は、ここに来る前に東海岸の河津海岸で…

Loading

平塚〜大磯海岸 どこも好釣の兆し!!

にっこりと・・!! 相模湾一帯、台風一過とは思えないほど波は急激に静かになった。ただ、場所によっては、揉まれた後の濁りが残っている所もあるが・・・。 昨日の様子から、今日ぐらいから喰い始めそうとの予感があり、何時もの平塚海岸・扇の松下に入ってみた。結果は3時間ほどで、4色半付近で5尾。型は18〜20センチ級とマアマアの型だった。 ただ、時間がかなり限定され、喰ったのは早朝の一時だけ。・・・遅く来た沢辺さん夫妻は辛うじてセーフ。良型に満足そうな笑顔があった。 この日、釣友から情報が寄せられた…

Loading

no image

謹賀新年

   明けましておめでとうございます  本年もどうぞよろしくお願いいたします 唐突ではありますが、昨年は決して良い年ではありませんでした。 東北地方を襲った大地震と大津波の自然災害による被害は未だに不幸をもたらし、同時に、人為から発生した原発事故の対処はこの先何年にも渡る不安を残しています。  また、これとは比較しようもありませんが、私自身にとっては心に痛むそれと同等の不幸もありました。釣り人の鏡となる偉大な釣り人、釣り名人と呼ばれた服部善朗氏のご逝去、職場で出会った有能な後輩であり釣友であった大野…

Loading

茅ケ崎沖で良型30尾!

船頭さんに撮ってもらう・ 正月以来、何回か平塚海岸で投げていたが、掛るのは小ギスの顔を見られる程度だった。  正月休みも明けた今日、久々の船キスを楽しんできた。 天気予報では冷え込みが厳しいとは言っていたが、それは冬だから仕方ない。海が荒れてさえいなければ今の時期、・・・船キスの自主禁漁期間が過ぎた正月明けは、大物にも出会えるチャンスがある。 防寒着を着込み、茅ヶ崎の船宿「沖右ヱ門丸」の3号船で午前7:00出港・・。東の水平線に陽が上りはじめ、海は穏やかでウネリも風もない。 船宿「沖右ヱ門…

Loading

no image

平塚海岸 全く不釣!

 久々な晴れ間を狙って、2時間ほど投げてきた。暦は既に下旬を迎えてしまったが、この間、釣行してなかった訳ではない。ただ、書くだけの刺激と気力が萎えていたからである。 兎も角、今シーズンの平塚海岸は良くない。梅雨に入る寸前に、「チャリティ・湘南平塚投げ釣り大会」が行われたが、全くの貧果に終わったと聞く。以降、入梅入りした海の様子は、濁り、ウネリ、雨、ゴミと、投げ釣りにとっては些かよろしくない日々が続いている。 今日も、テトラ周辺はゴミと濁り、扇の松方面は濁りとウネリ、マンション下から漁港方面はウネリと…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ