思い・雑感・・あるまま

波高し、耐震偽装に憤慨!

投稿日:

大磯海岸での大漁の日から、すっかりその気になって通っているのだが、今日も海に嫌われてしまった。今朝も、午前7時に大磯海岸幼稚園下に入った。昨日より、ウネリは無くなったが、それでも時折大波が押し寄せ、濁りも強い。地元ルアーマンから「底は揉んでない。昨日はピンが釣れてましたよ!一昨日は、ヒネを30尾も釣った人が居たそうですよ!」との話を聞く。心の中で、それはオレよ!!と、ニンマリしながら会話した。
兎も角、一尾でもシロギスの顔を見たく支度を整え、一投する。しかし、何の反応も無い。場所を変えながら数投してみたが、フグはいるが本命はいない。近くで、何人か投げているが、矢張り芳しくない。止む無く、明日、出直しと決め帰路に着く。実は、帰って見たいテレビ番組があったからだ。耐震偽装事件の国会喚問の実況である。
 それにしても、とんでもない奴等である。災害から身を守る、安全、安心を期すための法律などが如何に整えられても、それに関係する者が裏をかく。集団で合法的に振舞う。それらをチェックすべき機関も機能しない。更には、バレてしまったら、一斉に責任の擦り合い。被害者に対する救済どころか、計画的に倒産させて逃げてしまおう。だとさ!!
一体どう言うことなんだ。悪い奴がいることを前提に、社会制度は構築されている筈だ。一つの事例だが、今の政治は、今度の建築審査で見るように、行政機関がやることは遅いとか、非合理的だと言い、本来、やるべき所の責任体制や仕事のあり様などの改革には手を付けず、まるで公務員を蔑むような雰囲気を作りながら、何でも、民間だ、民営化だと、安全や安心につながる権限までを民間に委譲してしまっている。私は、今の日本では、社会、経済、政治、文化など、多くの分野において未熟さを感じている。行政制度は改善しなくてはならないが、まだまだ、行政の役目には、社会を先導しなくてはならない多くの役割がある。新しい制度を作るならば、如何に完璧なシステムを講じ、如何にしてそれらを安心安全に運用できるかなど、もっとしっかりと検証してから、実際の運用に移すべきだと思う。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

謹賀新年

陽はまた昇る・・09年平塚海岸御来光明けましておめでとう御座います。皆様方には良き新年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。 何方からか、「60の齢を聞いてからは、1年に1歳ずつ若返るのだ。」とお聞きしたことがあります。そうであれば、今年小生は52歳になります。では、現実のその頃を振り返りますと、仕事に燃え、投げ釣りに燃え、酒のほうも結構楽しんでいました。一言で言えば“無駄な時間が無かった”ように思います。しかし今の世は、燃えようにも燃やす土壌が疲弊し、その先すら見えない状況だと感じ…

Loading

 最近のこと・・・

「はりよし」コーナーにて 24日は、横浜パシフィコのFショーに行ってきた。昔と比べると釣り専門のブースが減り、釣りに関連したキャンピングカーや書籍販売コーナーが多くなった。また、釣り具の方は、一言でいえばルアー関連が主力となっていたこと、カラフルな釣り関連グッズが目立ったことである。また、投げ釣り関連は、幾つかの竿やリールの新製品が出されていたが、特出したものが無かったように感じる。  嬉しかったのは、60数年来使ってきたキス針「東京アブミ」製造メーカー、兵庫県小野市の「はりよし」さんが単…

Loading

九州遠征は如何に?

アオギス!! 投げ過ぎで痛めた足の直りは8分目まで回復したが未だ無理は出来ない。 先日、少しあった良型の爆釣はあれで終わったと聞く。波も荒れ、釣りにならなかったとも聞くが、そんな時は、我が心内は嫌らしくも少しだけ気持ちが落ち着く!! こんな中、団地の管理組合の仕事も忙しく、自治会の祭り行事の手伝いもした。 そいて明日から3日間、九州に遠征釣行!!  3年前、アオギスを狙い成功したが、今回も1日は挑戦したいと思って居る。 案内は、転勤して居付いてしまった黒木さん・・。大ギス釣り場にも案内を乞…

Loading

伊藤幸一君を祝う!

先のシマノジャパンカップで2度目の優勝を果たした伊藤幸一さんを、ささやかながらお祝いしました。 鱚友会の安倍さんの発案で、小生が場所をセット。・・小田原(鴨宮駅近く)の“あっぱれ”と云う魚のおいしい店です。 ほどよく酒が廻って来た頃、村越正海さんも駆けつけてくれ、大いに語り、大いに飲みました。 そして気が付いたら、上り電車の最終ま近・・、帰宅したのがちょうど午前0時でした・・・。 楽しげな様子をアップしました。

Loading

ハイツ:みどりの管理マニュアル

字、読めるかな! 5月1日号の平塚広報の隅っこに、小さな写真付きで記事(右)が出た。これは過日、タウンニュース(左)に出た内容とほぼ同じ、住まうハイツの環境保全をまとめた「環境管理計画(ハイツの環境憲章)」に関わるものである。 団地の管理は理事会が構成され、管理会社に多くを委託し通常の管理が行われる。しかし、2年ごとに変わる理事会は、その都度の理事の手腕に任され、時には庭の樹木や草花、造園土木等にうとい場合もあって、生き物である「みどり」がいじめられてしまうことも多々ある。 そこで、誰が理…

Loading

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ