思い・雑感・・あるまま

波高し、耐震偽装に憤慨!

投稿日:

大磯海岸での大漁の日から、すっかりその気になって通っているのだが、今日も海に嫌われてしまった。今朝も、午前7時に大磯海岸幼稚園下に入った。昨日より、ウネリは無くなったが、それでも時折大波が押し寄せ、濁りも強い。地元ルアーマンから「底は揉んでない。昨日はピンが釣れてましたよ!一昨日は、ヒネを30尾も釣った人が居たそうですよ!」との話を聞く。心の中で、それはオレよ!!と、ニンマリしながら会話した。
兎も角、一尾でもシロギスの顔を見たく支度を整え、一投する。しかし、何の反応も無い。場所を変えながら数投してみたが、フグはいるが本命はいない。近くで、何人か投げているが、矢張り芳しくない。止む無く、明日、出直しと決め帰路に着く。実は、帰って見たいテレビ番組があったからだ。耐震偽装事件の国会喚問の実況である。
 それにしても、とんでもない奴等である。災害から身を守る、安全、安心を期すための法律などが如何に整えられても、それに関係する者が裏をかく。集団で合法的に振舞う。それらをチェックすべき機関も機能しない。更には、バレてしまったら、一斉に責任の擦り合い。被害者に対する救済どころか、計画的に倒産させて逃げてしまおう。だとさ!!
一体どう言うことなんだ。悪い奴がいることを前提に、社会制度は構築されている筈だ。一つの事例だが、今の政治は、今度の建築審査で見るように、行政機関がやることは遅いとか、非合理的だと言い、本来、やるべき所の責任体制や仕事のあり様などの改革には手を付けず、まるで公務員を蔑むような雰囲気を作りながら、何でも、民間だ、民営化だと、安全や安心につながる権限までを民間に委譲してしまっている。私は、今の日本では、社会、経済、政治、文化など、多くの分野において未熟さを感じている。行政制度は改善しなくてはならないが、まだまだ、行政の役目には、社会を先導しなくてはならない多くの役割がある。新しい制度を作るならば、如何に完璧なシステムを講じ、如何にしてそれらを安心安全に運用できるかなど、もっとしっかりと検証してから、実際の運用に移すべきだと思う。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

パソコン音痴はみじめ!

 パソコン音痴の苦労話、お恥ずかしい一件を恥を忍んで書いてみた。お読みになった方の中にも、或いは同じような経験をされた方がいるかもしれないが・・・。 小生が使っている住所録管理ソフトはソースネクスト社の「筆王ZERO」なるものである。最近、同社から「最新バージョンアップ」と言うものが配信されてきた。無料と言う誘いに乗った訳ではないが、ついついダウンロードのボタンを押してしまったのである。 だが、さあ大変、今まで使い慣れたものとは操作方法がかなり違う。・・そもそもパソコン機能を理解できてない…

悪天候による中止の判断?

外は氷雨が・・ 外は、小雪まじりの冷たい雨が降っている。・・何となく今、ホッ!としている変な自分がここに居る。  実は、今日は行きつけの「奄美酒房・水連洞」とその客仲間で作る「釣道を考える会」の主催で、「新春の釣りほうだい会」なる、船のシロギス釣り大会を計画していたのである。従って、天候さえ良ければ、今頃は船上で魚信を楽しんでいる筈だった。 だから、降っている氷雨が、もしかして晴れてしまい残念がる思いを、ハッキリと断ち切ってくれたのである。・・ホッ!!・・・今日の一文は、お読みの皆さんには…

釣誌 「投げ釣り Japan」 発売!!

投げ釣り Japan 昨日、?エンターブレインと言う所から1冊の本が届いた。開けてみると、賑やかな表紙を飾る「投げ釣り Japan」なる釣り雑誌だった。先に原稿依頼されていたモノが出来上がったのかと、恐る恐るページをめくって見た。 送った原稿は何時ものように長文であったから、如何に加除訂正されているかが気になったのだ。 この本は、小生もよく知った阿部正人さんが編著したもので、今、活躍中の湘南の投げ釣りマン、山本修さん、高橋明彦さん、力石一穂さんの3名をメーンに捉え、且つ、投げ釣り界で活躍す…

フィッシングショーに対して −2

それでも春は・・・ 小生のブログをご覧になった高知県の中島淳さんから、メールを頂きました。 ブログ拝見しました。高知の方は、須崎の方で最大2.6mの津波があり、漁船、隣接する野見湾の養殖いかだ、四万十川河口のアオサのり等に被害が出たと言う事です。 報道を見るにつけ、胸が痛みますし、恐怖を覚えます。次々に入ってくる被害状況を見るにつけ、犠牲者や被害が最小限で済みます様に祈らずにはいられません。 自分は、少なくともココ数週間、のんびりと釣りなんぞする気にはなれません。実は、13日、地元釣具店主…

背負子(しょいこ)の完成です!

 投げ釣りでは、キスは足で釣れ!・・と言った格言がある。とは言うものの、実際にはサオにクーラー、バケツ、竿立て等々、こんなものを持って釣り場を移動するのは大変なことである。 また、今や、釣り場と駐車場は離れた場合が多く、これも難儀なのである。さらに言えば、わが身のような年寄りにとっては、なおさら大変なのである、 そこで登場するのが背負子(しょいこ)。これならば手が空き、物を両手に持てるし、身動きしやすい。・・今や多くの釣り場で見かけるようになった。 ただ、使う者によってクーラーの大きさや装…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ