思い・雑感・・あるまま

釣り休みに年賀状を思う

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

懐かしい年賀状

今日は久しぶりに寝坊し、起きたのが7:30頃だった。天気予報が、下り気味を報じていたからズルを決め込んでいたのだ。それでも気になり外を窺うが矢張りどんよりと曇り、冷え込んだ朝はいま一つ足を鈍らせた。おまけに、今は“師も走る”と言われる年末である。「お前だって、やることは一杯あるんだろう!」っと、自らに言い聞かせムズムズした気持ちを抑える自分がそこにあった。

まあ、そんなことで、今日一日は年賀状を書こうと決める。だが、正直言って何とも気が乗らない。年賀状を書くのは三年振りなのだ。親父を亡くしたのが三年前、最愛の息子を失ったのは二年前で二年続けて喪中ハガキを出していた。
そればかりでは無い。昨年は愛する妹のつれ合いまで亡くしてしまった。また、親友だった釣友鈴木富美雄君を失い、常盤愼介君を見送った。二人とも私より10歳も若い50歳代だったから、さぞやご家族も落胆されていよう。合掌

歳のせいか身の回りの不幸が段々と多くなっている。だから、今自分が健康で幸せなうちに、多くの友人たちと交流することが、お互いにとって幸せに繋がるのではないだろうか?
年賀状は、年一回お互いの存在を確認し合い、ペンを持つったとき、その相手との思い出を一瞬脳裏に描く。しかし、思い巡らすのは良いことばかりではない。例えばだが、もし、この一年の内に私や家族に不幸があったとき、果たしてこの賀状を交換している何人が、心の底から弔ってくれるだろうか?・・などと、不遜な思いも過ぎるのである。

過日、パソコンのハードディスクが壊れ一瞬にして住所録を失ってしまった。今やっとこれを作り直せたが、作業している時思ったのだが、お付き合いが薄くなった方はもう名簿から削ってしまおうと・・。しかし、削ろうとした一人一人の、その時の出会いや付き合いを思い巡らす時、それはとても削れない。
退職し新たにお付き合いを頂ける方も増えた。矢張り、年賀状の数は膨らむもの・・。そんな思いで、今日は400名近くの年賀状と一日付き合ってしまった。明日ももう少し続けねばならない。
ふと思った。数で数えられる幸せって有るのだろうか。もしかして、この年賀状こそその一つなのかも知れない・・そんな気もした。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

「光進丸」火災・・・!

燃え尽きた光進丸 昨日、釣行時に出会った事件だが、帰宅しテレビ等で報じられるこの火災事故のニュースはかなり大きかった。そこで、再掲だが写真を付けてもう一度掲げることにした。 [実は、今日の釣行時、国道136号線沿いの安良里湾に浮かぶ加山雄三さん所有の大型クルーザー「光進丸」で火災があった。このニュースは午前5時頃、行きのラジオニュースで聞いたのだが、丁度、現場を過ぎてしまって見ることは出来なかった。・・・が、帰り際、何時も行く安良里のレストランに寄り話を聞いた。 一晩中、立上る真っ赤な炎や…

パソコンの買い替え済ませあと十年

2010年ころに買ったデスクトップの富士通のパソコンが、メモリーオーバーで使いづらくなっていた。さて、買い替えをしなければ・・といっても、どの程度のものを選んだらよいか、また、新しいパソコンに対し我が …

平塚海岸 穏か・・だが?

早朝のテトラ前・・ 台風20号は以外と静かに過ぎ去った。ここ平塚海岸は翌日には穏やかさを取り戻し、日々釣り人の影は増えつつある。 ほぼ毎日、テトラ周辺を散歩がてらに情報を仕入れに行っていたが、正直言ってあまり芳しくない。 距離は3〜4色でピンギスが数尾。ヒネは良かった人で2〜3尾程度である。東海岸、西海岸とも同じような状況である。  台風などによる荒れが来ると、水がかき混ぜられて水温は変化する。これからの季節は、段々と下降するから当面は良くないように思われる。 今後は、静かな日が続けば安定…

ノンビリ?の中の気がかり

初めての自転車この3日間、孫娘の水咲と遊んで過ごした。ノンビリと過ごせた訳ではない。帰って静かになった今、とても楽しく気忙しかったことを感じている。3歳になって親元を一人離れ、二晩過ごしたのは初めてだった。お漏らしもせず、よく食べ、よく遊び、よく語り、よく寝ていた。身体は小さいが健康優良児である。最初の日には、待望の自転車を買い与えた。店から家まで乗って帰り、帰ってからは海岸公園に行って猛特訓。補助輪付きだが直ぐに慣れてきた。また、昨日は、江ノ島水族館に行ってきた。以前、動物園に連れて行っ…

春二番の大風に乗って・・25センチが!

笑み満面に!! 努力はするものだ!・・春2番と云われた大風が去って3日目、地元の主と言うか常連の土井博明さんが、静かになったテトラ群西側で25cmの大キスを釣り上げた。  彼はつい先日の2月7日にも、同じ場所で23センチと20?の良型を仕留めたが、これに勝る見事な「湘南銀ギス」だった!! 小生は、先日のその2尾のキスについて、「このキスがシーズン終わりの居残りなのか、或いは新シーズン幕開けのキスなのか定かではない。・・・が、願わくばシーズンインの便りを携えたキスであってほしいと思う。」・・…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ