投げ釣り釣行記

静浦湾・口野へ

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

釣果あり

春の陽気漂う駿河湾の奥、静浦湾口野で久々に投げてきた。先日、チョッとイッパイした折に、磯・投げ情報の取材をする釣友から誘われたのだ。最近、私も書きそびれており、毎月欠かさずに送ってくれる本のお礼にと、喜んで取材協力に乗ったのである。

午前5時30分、釣友車が同行のFさんを乗せ迎えに来てくれた。スギ花粉アレルギーを持つ、デリケートな私?である。一昨日から症薬のセルテクトを飲んでいるためか、ヤケに眠さが残っている。1錠飲んでしまうと余りにも効き過ぎるから一錠を半割りにして、朝晩分けて飲むようにしているのだが、それでも良く効いてくれる?のだ。

途中、小田原漁港前の「FBC釣具店」でエサのジャリメ、青イソメ、岩イソメ、東京スナメとシロギス用の全種を揃えて購入する。国道135号線を西に下り、熱海から熱函道経由で口野に向かう。
午前7時、JA口野支店前で海悠出版の女性記者と落ち合う。記者はにこやかで美形の持ち主、多くの投げ釣りマンから好かれている。
互いの挨拶もそこそこに3人それぞれ分かれて釣り場に向かう。上手の船着場に釣友。中ほどの船着場にFさん。そして私は下手の石積み堤防に行ってみた。
1月の中旬に来た時もそうだったが、今朝も冷え込んでおりサオを持つ手がかじかんでしまう。それから約1時間ほど、3者3様に遠近投げ分け、待ったりサビいたりするものの全くシロギスの顔は見られない。
遠方の釣友さんから天を指さす合図。これは打ち止めにして釣場を移動しようと言うことだ。

陽も昇り、駿河湾の内懐にあるここ静浦湾の一帯は、すっかり無風快晴の春に覆われつつある。口野での釣り場は、一般的には千畳岩と呼ばれる狩野川放水路右岸の平らな岩場が主となるのだが、未だ潮は高く波が被っている。
実は、我々はそこに行きたいのだ。放水路橋を渡りトンネルを超えた北側の多比漁港側に車を停める。最近まで小さな漁港だったが、今は盛んに泥で埋め立てが行われている。自然派の私としては何とも残念だが何もいえない。

私とFさんは、潮が引くまで右岸沿いの「多比の鼻?」の岩場に向かう。ここからは、先ほど釣った口野方向に向けての投げとなる。
(因みに「鼻」だが・・高知県で良く聞く言葉で、海岸に突き出した小さな半島や出っぱりなどを指す言い方である。)

 釣友さんは長靴を持参してきたから千畳岩に降りてみるとのこと。・・・3〜40分も過ぎた頃だったろう、遠方に見える姿が何となくおかしい。そんな時、記者の携帯に「後から来た、鈴木さんに〇〇センチを釣られてしまった」と言う知らせが入る。それは大変と記者は重いカメラバックを背負い、急いでそっちに向かう。その直後だった。

 今度は、私の携帯が鳴る。釣友さんから「〇〇センチが釣れた!もう、長靴が無くても入れますよ!!」との連絡であった。如何にしても釣れなかった当方2人、早々に千畳岩に向かったのは当然。石垣の上部に沿ったせまい通路?をたどり潮の引いた岩場に降りる。

 そこで見たのは、確かに大きなシロギスである。現金なもので、何処からともなく力が湧いてくるから不思議だ。
どうやら、今季1月の早い処女地に、名人級の投げ釣り師が4人も揃ったのだ・・。さて、さて、この続きは、「磯・投げ情報」5月号(3月25日発売)に詳細が掲載されるので、どうぞそれをお楽しみあれ!!
・・と云う、記者との約束を守りこれにて終了する。





-投げ釣り釣行記

執筆者:

関連記事

平塚海岸、回復の兆しあり!

チョッと小さめですが・・・ 相も変わらず、平塚海岸に通い続けている。一見、潮が濁り嫌な感じもするが、ほんの3色〜1色で20センチ前後のシロギスが釣れている。1週間前は5色とやや遠めでよく釣れたが、その後は局地的豪雨の影響を受けて、濁りやゴミが多く、シロギスよ!何所に行ったのか?と言った状態が続いていた。 22、23日はダメだった・・・が、今日は、なんと直ぐ近場に戻っていた。ただし、相変わらずゴミの浮遊が多く、ゴミとの戦い・・みたいな面もある。しかし、注意さえすれば、ライントラブルや仕掛けが…

Loading

土佐の高知でホドホドに!!

宿毛での吉永さんの27センチ! 24日から28日まで南国土佐の高知に遊んできた。数年来多い時には4〜5回少ない時でも2回は遠征を楽しんできたが、今回は1年を越えた久し振りの釣行であった。最近は、お隣の徳島に行く機会が増えたせいもある。ただ、遠ざかったもう一つの理由は、最近の高知での釣果は良くなく、今年はずっと不釣状態だと伝え聞いていたからだ。 今回の釣行も決して良いとの情報は無かったが、それでも「何所かで釣れるハズ!!」の期待を込めて出かけたのである。 4泊5日の旅だったが、竿を出したのは…

Loading

三浦・野比海岸

どうだ!と言いそうな・・            夫婦ギスを釣った二人の笑顔が憎い?居る所にはいるものですね〜!! 今日、三浦半島・野比海岸で横浜の投げ釣りクラブ(横浜・鱚酔会?)が主催した“2008 NOBI-NOBI CUP”に参加した。 勝負は一発大物。野比海岸は一見穏やかな海況を思わせるが至る所に根があり、かなり難しい釣場だ。しかし、大物には実績があり、チャンスは初心者にもある。  やはり居た!! 初心者には結果、難しかったかもしれないが、大物は流石と言われるベテラン氏に微笑んだ。釣…

Loading

西伊豆 仁科大浜

ご満悦な笑み! 二匹目のシロギスを狙って、東伊豆・熱川海岸に出かけてみた。 しかし、・・・釣れなかった。 釣りにとって一番嫌なコチ(東風)が吹き、ウネリも入り波が高かったのである。 6色にも投げてみた。だが、シロギスの反応は全く無く、ハリ盗人のフグだけが元気良かった。  ここ熱川は、先週18日頃を前後して盛期は過ぎてしまったのだろうか??? ・・いや、波けさえ治まれば、マダマダ釣れる筈だと前向きに考えておこう・・。 そんな事で、東風の当たらない西伊豆、仁科大浜海岸に行ってみた。 伊豆半島の…

Loading

no image

沖縄・・ホシギス(三)

1月25日、沖縄の首都那覇市のホテルで目が覚める。午前7時を過ぎているのに未だ薄暗い。夜明けが遅いのと曇り空がそうしているようだ。昨晩の宴会は楽しかった。釣り人同志の気心の通じは早い。大いに語り、大いに飲んだ。確か、ホテルにチェックインしたのは、今朝になっていたような気がする。なのに、不思議にもサケの残りも無くスッキリしている。泡盛とはそうしたサケなのだろうか?7時30分、佐久川さんに代わって「ほぼ完全攻略本出版局」の名嘉山博さんが迎えに来てくれた。今日、目指すところは南の「与那原町」と、釣れなく…

Loading

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ