“もったいない”・・があった!

投稿日:

今日、久し振りに早起きして平塚海岸で投げてきた。今の季節に「投げる」と云えば、6色も7色も投げることを言うのが普通の言い方である。だが、私が投げたのはたったの3〜4色である。通称、駅下ビーチパークのテトラ前で、それ以上投げられないと言う事もある。海に立ったのが午前6時05分、東の水平線から太陽が正に上がらんとする時であった。こんな時期にそんな所で、投げでシロギスが釣れる訳が無い。・・・と、言うのが今頃の常識かもしれない。だが考えてみると、それは今の時期に「釣った人が居ない。」から、というより「釣る人が居ない」から情報が伝わらないと言うのが答えである。しかし、ここには不思議なことに居付きのキスがいる。以前にも書いたが「湘南鱚・釣老会」のメンバーなら誰でも知っていること、1尾の顔を見に来る会員は多い。ただ、会員と言えども皆齢を重ねており、この時期寒さが嫌いだから朝早くは来ないのである。まあ、そんなことなのだが、この私、一昨日の口野で使い残したエサが“もったいなく”て、出かけてきたのである。誰も居ない海で、誰も来そうにも無い海で一人サオを出すのはたまには良いものだ。東京アブミ7号の3本バリに、ジャリメを1匹掛けし3色にて待つ。じりじりっと仕掛けをサビき、また待つ。時間にして15分も経ったろう、微かだが確実にシロギスのアタリが入った。ゆっくりとリーリングする。やがて見えてきたオモリの下の仕掛けに、切れ藻に隠れるように18センチくらいの可愛いヤツが付いてきた。なんと、一投目からきた!この一尾で今日の目的は果たせた。・・これで今日の釣りは終えても良い。そう思うのであれば、直ぐにリリースすれば良いものを・・、だが、釣り人としての助ベー根性なのか止められなかった。もしや大釣りが!・・の、ある訳も無い期待を込めてバケツに海水を汲み、釣った獲物を泳がせる。そっと羽音も立てずに、後ろには何時もの“悪カラス”が来ている。・・盗られてなるものかと。バケツに手拭タオルを架ける。その後、小さなメゴチが3尾続けてきた。直ぐ近くの波間に、潜りが得意な「カンムリ・カイツブリ」が2羽様子を窺っている。そんな頃、毎日出勤の諏訪部さんがのっしりとやって来た。昨日はゴミが多くて釣にならなっかったと言う。そう言えば、沢山上がったゴミの中に、ペンシル型のルアーが絡まっているのを思い出した。多分、2000円はするだろう。私は使わないが「もったいない」から回収しておいた。失った御仁はさぞ悔しかったろう・・などと思いつつ・・。さらに、小さなシロギスを1尾を追加するが、時刻は午前8時となり帰宅予定時間だ。今日も忙しくなりそう。帰って朝飯を済ませ、住まう団地の管理組合の会合がある。終わったら、小田原の宮島屋釣具店に行かねばならない。また、定期点検のために小田原ボルボ店にもよらねばならない。更に帰りには、二宮町の間借りした鱚介工房に、・・等々、大忙しだ。そう云えば、5時半には横浜の飲み友達が水連洞に来る。それまでの間に鱚介オリジナルサオ立ての組み込みもしたい。そして最後には・・このブログも書かねばと・・そうして過ごした結果は今、24時少し前だ。飲んで帰ってからの書き込みは少しだけ眠い。

Loading





-未分類

執筆者:

関連記事

和竿でシロギスを!!

これで小さい方です 昨日、「横浜竿の汐よし」さん主催の“和竿で釣るシロギス”の船釣りに参加させて頂いた。GWの最終日、投げの釣行計画が定まらず申し込み期限が過ぎてしまった中、「汐よし」を主宰の早坂良行さんの計らいで16人の一人に加えさせて頂けたのである。 三浦半島久比里の「山下丸」からの出船は午前8時と、至ってのんびり、ゆったりであった。投げ釣りでの出立は早い。小田原在住の永山幸央さんの迎えで、久比里に着いたのが5時30分ごろ・・。如何にも早い・・・、漁港を散歩中、昆布を干している婆さんと…

Loading

no image

異口径スリーブ!!

 口径の異なった2本の針金を真っ直ぐに繫げる・・。これがテンビン造りの大きな課題でもあった。しかし、それは簡単なようでとても難しい。 これまでは、8スリーブ(Wスリーブとか、だるまスリーブとか云われるもの)で、2本の針金を平衡に並べてカシメたりハンダ付けをしていた。また、1本のシングルスリーブでも8スリーブでもそうだが、太軸に合ったものを使っていた。こんなことだったから、口径の異なった針金を繫げた場合、出来上がったつなぎ目は太く、見てくれも良くなかった。 これを解決したの…

Loading

no image

年末一発ジャンボ大会

 恒例のJ軍団、年末一発ジャンボ大会が大磯海岸で行われた。参加者は20名・・。勝負は一尾の寸長で競った。  今朝の陽の出は、水平線と雲の間から顔を出し、まるでオーロラのように美しく輝いていた。 開始は午前7時、終了は11時である・・。開会宣言の後、やはり大物狙いは磯場近くで・・という事で、小生はジャンボさん、onioniさん、アメミーさんらと、港寄りの磯場近くを目指した。また、多くの方は、西の小金の磯方面に散っていった。 エサは、塩の東京スナメと岩イソメ。・・根掛り覚悟で遠近投げたが、アタリはさっぱ…

Loading

今期は終了!・・と思う! 平塚海岸

有終を飾った大きな1尾!! キャプションの写真を見て、今日も釣れたのかと思われるかもしれないが、これは先日15日のもので、この日が今シーズン最後の賑わいだったようである。  その後、テトラ群の左右、前後で小さいのが数尾は釣れたが、今日は全くの0尾で、居たのは元気なフグだけだった。 この日は、申し訳ないが、このブログ情報で来られたのか、かなりの釣り人が居られた。・・しかし、遠近探るもキスは居らず、釣れた方でも精々2〜3尾の小ギスだった。 正月以来、快釣をもたらしてくれたのが続く高水温だったが…

Loading

no image

残念! 出船できず!!

今日は、楽しみにしていた相模湾平塚沖のシロギス釣り大会。水連洞に集う「釣り道を語る会」の仲間による、「船上での実戦を語ろう」という企画である。船は名門、庄三郎丸。語る会のメンバーでもある後藤勇社長の計らいで、特別仕立てをしてもらっている。午前7時、メンバーが次々に現れる・・が、皆心配顔だ。それもその筈、河口に押し寄せる波が、かなり高いのだ。出船時間を1時間遅らせ様子を見るとの事。今日のメンバーは、過日カワハギで一緒させていただいた高名な写真家、久保秀一さん、昨日、東京12チャンネルでアマゾンのピー…

Loading

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ