思い・雑感・・あるまま

釣り情報・・難題?

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 今日は、昨晩来の低気圧の通過で海は大荒れである。昨日の穏やかな水面が一転しその荒れた姿を目にすると、自然の凄さを改めて感じる次第である。

 しかし、この荒れは、ここ数日来全くと言うほど釣れなかった海を恵みの海に変えてくれるかも知れない。穏やかさを取り戻せば、再び大ギスの到来があるもの。・・と、期待する。
 釣り人とは、このように今より明日が、明日より明後日が更に良くなるものだと前向きに考えるものである。だから、こうして釣りに行けない日には道具を手入れし、新しい仕掛け造りに専念し、明日に備えるのである。

 さて、今日のタイトル「釣り情報・・難題?」とは何だろう?・・チョッと触れてみたい。
 実は、小生はずう〜と長いこと釣り誌等で情報提供をして来たが、以前はその(釣れたであろう)情報記事が1ヶ月たって公表され、同時に発売された頃を予測した(釣れるであろう)期待記事を提供していた。・・だから、釣果は過去のものだし、予測記事だって、当たるも当たらないも大して影響しなかったのは事実である。
 
 しかし、今や通信機器の進化により、電子メールやブログなどで直近情報の交換が可能である。さらに、釣りの現場から、携帯電話による即時的な情報交換も行うことが出来る。

 だが、こうした過熱すぎた情報交換や開示は長くは続かず、今や過去形になった気がする。・・それらが、釣り人自らを実害をもって追い込むことに気が付いたからである。
 したがって、今や投げ釣りに関するHPは沢山あっても、釣れることに関する情報は皆無に近くなってしまったのである。

 こうした中、小生の平塚海岸を中心としたブログ情報は貴重なのかもしれない。・・・確かに釣れる状況を書いた後日には、若干釣り人も増えたと感じることも事実だし、鱚介さんのブログを見て来ましたよ!と言う方も結構いる。

 しかしながら、一方、情報を公開することを非難する方も居る。中には、「鱚介さん、釣れた釣れたと余り書かないでくれ!!」と、明らさまに言う方すら居る。近辺に居る仲間のうちにも、それを肯定するような顔もある。
 言うなれば「折角釣れるようになったのに、書かれたことで大勢が押しかけ、自分が望む釣りが出来なくなるからだ。」と、明らかにその欲張った意思が伝わってくる。
 
 ・・正直言って、それが分からなくは無い。しかし、特にウイークディに釣りができる小生としては、「働いた週末に、僅かでも楽しい釣りをしたい。」と言う方の気持ちの方が大切なのである。
 同時に、「釣れる」と書いても、釣れずに裏切られることは多い。釣りとはそんなものだと心得ている方ならば許されるのだが、中には「嘘では無いのか?自慢をしたかったのだろう。」と言わんばかりの方もいるから往生する。

 小生のブログ記事は、稚拙な内容であっても、中身に嘘、偽りは無いし、誇張もしない。・・一つだけあるとすれば、期待を込めた予測はある。・・まあ、こんな風に、情報を提供するには中々難しいものなのだ。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

今朝12.0度・・今季最低水温か??

 桜が咲いても水温は少しも上がってこない。最近は朝起きて、先ずはパソコンを開き海況情報を見る。相模湾は13℃、14℃、15℃の水温の幅の中で上下しており、これでは釣れる訳が無いと釣行を諦める。 しかし、そんな状態であっても、今日こそ上昇に向かうであろうことを願う気持ちで、キーボードを叩いてしまうのは釣り人の性なのかもしれない。 ・・・で、今日の情報を見て驚いた。 小田原、江の浦自動観測ブイの観測値(水面下1メートル)に、目を疑うような数値を見つけたのである。 何と、午前7時の水温が12.0…

九州遠征は如何に?

アオギス!! 投げ過ぎで痛めた足の直りは8分目まで回復したが未だ無理は出来ない。 先日、少しあった良型の爆釣はあれで終わったと聞く。波も荒れ、釣りにならなかったとも聞くが、そんな時は、我が心内は嫌らしくも少しだけ気持ちが落ち着く!! こんな中、団地の管理組合の仕事も忙しく、自治会の祭り行事の手伝いもした。 そいて明日から3日間、九州に遠征釣行!!  3年前、アオギスを狙い成功したが、今回も1日は挑戦したいと思って居る。 案内は、転勤して居付いてしまった黒木さん・・。大ギス釣り場にも案内を乞…

新たな時代「令和」に思う

ハイツにて 「令和」と言う新年号を知ったのは、伊豆への釣行時、ラジオ(着るラジオ:ツインバード)から聞こえてきた菅義偉内閣官房長官の声だった。  一言目を聞き漏らすまいと耳を澄ませたのだが、エイワ? メイワ?・・と、よく聞き取れなかった。数秒後、改めて「レイワ」と聞き取ったが、テレビで無いから文字が分からない。想定したのは「礼和」だった。一瞬、礼節を重んじる「礼」だと感じつつ、良いな!・・と思ったのである。 だが、直ぐに「令」だと打ち消され、出典が万葉集であっり、深いその言葉の意味も知り、…

皇帝と云えど威張らぬダリアかな

放ったらかしにされていた日陰の皇帝ダリアが、天高く誇らしげに咲いていた。・・・空を見上げることが少なくなったこの頃、気付くのが遅かったのだ。傍に、タイワン椿と菊が咲いていた。自然の営みは何とも素晴らし …

桜藤求希会

偏った被写体!下手ですね!! 桜藤求希会とは釣りクラブではない。高校時代の同期会の名称である。昨日、35名の仲間と一人の恩師が伊東温泉で再会した。中には30年ぶりの出会いもあって、すっかり青春時代に若返り、飲み語らってきた。  皆、70歳を超え其々の生活環境も異なり、健康状態にも差がある。今回は所在の分かる220名に通知しアンケートもしたが「生涯この会員である」と回答したものが98名だった。  歳とともに会員は減る運命にあるが、5年に1度の会を毎年1度はやろうという意気盛んな仲間も多い。確…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ