鱚介オリジナル工房

テンビン・・「真打ち」のこと(3)

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

「真打ち−藍」

 さて、いよいよテンビン「真打ち」が出来るまでを順を追って紹介しよう。
 ただし、これはあくまでも、釣り人自らが楽しむ延長上のものであることをご理解頂きたいし、テンビン造りとは“これほど手が掛かる面倒の中から生まれるのだ”・・と云うことを知っていただきたいからでもある。
 なお、当工房での作業は、概ね100本を一連の単位として行っている。

1 先ずは、必要とするステンレス・ワイヤーを規定の長さにカットする。
2 ワイヤーに付着している油(マシンオイル)を湯に浸し、洗剤で洗い落す。
3 水分を拭き取って乾かす。
4 ワイヤー上部を軸部とし、端末を、クルックリン具を用いて丸目を作る。
5 ヤットコを使って丸目を調整する。
6 長い方のスリーブを反対側のアーム部分から通す。
7 軸とアームの基部となる定位置にスリーブを止め、ハンドプレッサーで借り止めする。
8 パイプ折り曲げ冶具にアーム部分を嵌め、ヤットコで掴みながら規定の角度で「くの字」に曲げる。
9 アームをパイプから取り出し「くの字」の角度を一定角になるように調整する。
10 次はハンダ付けである。丸目部分と「くの字」に曲げたスリーブ内側の2か所をハンダ付けし固定強化する。
11 フラックスを湯で洗い流す。
12 水分を拭き取って乾かす。
13 金属ビーズ→フック付きスイベル→金属ビーズ→短いスリーブの順に嵌め込む。
14 アームの端末をクルックリン具を用いて丸目を作る。
15 丸目を整える。
16 軸の丸目とアームの丸目が平行になるように調整する。
17 短いスリーブを所定の位置にハンドプレッサーで借り止めする。
18 次はハンダ付けである。アームの丸目とスリーブ内側をハンダ付けし固定する。
19 フラックスを湯で洗い流す。
20 水分を拭き取って乾かす。
21 仕上げである。あらかじめ切っておいた熱収縮ゴムを「くの字部分」と「オモリ止め部分」のスリーブに被せる
22 コテライザーで熱収縮ゴムを熱し収縮させる。
 
以上で完成である。
 
*ちなみに、金属ビーズが無ければプラビーズなどでも良いし、熱収縮ゴムを用いなくとも良い。・・・ただし、当工房の製品は長い研究からの完成品であり、異なった部材、違った規格では、微妙に使用感が異なるであろうことを加えておきたい。





-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

「SMABS」の発売です

SMABSの勢揃い 「スマブス」と云う変な呼称は、Shape Memory Alloy Balance Sinker の、単語の頭で構成した造語です。日本語では「形状 記憶 合金 テンビン オモリ」となりますかね・・!! NiTi/形状記憶合金「KIOKALLOY」素材アームのテンビンオモリ「SMABS」の発売を開始しました。 お渡しは在庫管理が困難なため、ご注文いただいてから手造りにて仕上げますので、数日〜1週間ほどの猶予を頂戴いたします。 当面、実釣等から一番効果が見られ安心できる「ア…

サオ立て

最近の作品 最近、鱚介工房のサオ立てが、何故か?人気が高まっている。これまで、幾つもの釣り大会の賞品に提供してきたことから使ってくれる方が増え、その現物を見た方からの口コミで広まってきたのかもしれない。 正直言って、買いたい側にとって、高価であるその現物を手に取って選べる訳ではなく、売る側としてもHPでのPRが下手だったり、梱包して送付することなども結構面倒だったりすることから、一つ力が入らないのである。 実は以前には、現物を宮嶋屋釣具店に置いてもらったのだが、人気が無く引き上げてしまった…

IPPO S/V ウッドシンカー用 新発売!!

右が新しいウッドシンカー用です 今回は、我が「鱚介オリジナル工房」からのコマーシャルです。  投げ釣り界で活躍する力石一穂氏の推奨による「鱚介テンビン:IPPO SUPECIAL VERSION」に新たな「ウッドシンカー用」が加わりました。 IPPO S/Vは、投げ釣り界の第一人者である力石一穂氏の経験と実釣から推奨戴いた「投げ釣り専用のテンビン」で、鱚介オリジナル工房が素材等を厳選し具現化したものです。  IPPO S/V の目指すところは、これまでの鱚介テンビンより更に「食い込みを重視…

「使いかけ→つかい掛け」

これが「つかい掛け」です!! 釣りを終わろうとしている時など、まだ新しい仕掛けに変えたばかりで捨てるには勿体ない。明日なら、そのまま使える。・・・また、釣り場を移動したい時に、付いた仕掛けをどう仕舞うかなど、いわゆる「使いかけの仕掛け」をどう扱うかは少々面倒なものである。 そこで造ってみたのが、写真の仕掛け巻きである。いわゆる“使いかけの仕掛けを仕舞う仕掛け巻”で、引っかけ言葉で名称を「つかい掛け」とネーミングした。 この「つかい掛け」の基となったのは、以前、平塚海岸で出勤前の早朝釣りを楽…

「鱚介アブミ」・・誕生!!

新旧のアブミ比較 釣り針の老舗「はりよし」から、新しく改良されたキス針が発売されることになった。まだ、発売日、価格等の詳細は決まっていないが、ここにPRを兼ね事前に紹介する。 釣針の原型である「アブミ型」のキス針は、長い間特定の愛好者にのみ親しまれてきた。しかし、同じハリでありながら、単に「アブミ」と呼ぶ以外に「東京アブミ」「関東アブミ」「競技用」などとの呼称があり分かり難く、また、扱い店が少ないため入手が困難であり、人気も今一つといった面もあった。 そこでこの度、釣針の老舗「はりよし」と…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ