鱚介オリジナル工房

「有限100掛け」完成・・予約発売へ!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

「有限100掛け」

 「無限バリ」とか「無限仕掛け」とは、ラインとハリが有れば、あるだけ連続して結ぶことが出来ることを意味して名付けたのだと思う。誰が言い出したのかは知らないし、或いは何処かのメーカーの登録商標かも知れないが、・・・でも、とても良いネーミングである。
 
 新しい商品のネーミングはとても大事なのだが、正直言って「名が体を成す」ような名付けはとても難しい。自分の子に命名をする時と同じくらい緊張もする。
 その名称が時には名前負けしたり、誇大過ぎたり、機能が伴わなかったり、或いは、真似だ!パクリだ!と云われてしまうこともある。一番の問題は他社のの商標に触れ、それを侵すことだろう・・。


 昨年、新しく出したテンビンの「真打ち」の姿を見て、これはパクリだと言う方も居た。・・が、材料や構造、使用目的や機能面でもまったく異質のものである。
 テンビン「真打ち」は多くの釣り仲間から高評価を受け、目的通りの機能を発揮しており、これぞまさに「名が体をなしたモノ」と自負している。恐らく、今までの商品の中で佳作の一品だろう。
 しかし、新しい仕掛け巻き「有限100掛け」については悩み悩んでしまった。「無限」では無く「有限」・・と、何か皮肉ったような見方もできるが、1週間過ぎた今とても気に入っている。ただ、名実ともに満足しているかと問われれば、それはNO!である。

 冒頭から欠点を暴露することになってしまうが、出来ればお許し願いたいのである。裏返すと、そんな欠点があってもなおかつ、それを承知で求めて頂けるのであれば、それはそれで良いではないか・・と、変に開き直って許しを願う次第である・・・。

 一番の悩みは、「台」と「蓋」をこだわって木製にしたことにある。使い勝手上一定の大きさに治めること。また、機能を高めるためには微細な加工が必要となる。熟練した木工技能師にお願いし、何度も何度も試作を重ねやっと完成したのである。
 ・・でも、欠点がある。外周ピンは12本からなるが、緩みが出ないように、ピンの口径とピン穴の大きさを限界点で合わせたのである。それによって、ピンを打ち込んだときに、微小なヒビを生じてしまったものもある。ただ、そこはきっちりとペイントしているから、湿度による緩みやそれ以上にヒビが広がることはない。
 
 また、蓋は無くても良いと考えたが、一応、ラインを巻いたまま保管した時に生じる収縮圧で、外周ピンが内側にそらないように「溝」を掘り、ピンをはめ込むことによって「押さえの機能」を付けたのである。
 実は、その溝の外周部分の肉厚が薄く、落としたり刺激を与えると割れ易いのである。扱いさえ注意してもらえば良いのだが、・・・ここが、やはり弱点となっている。

 発売は限定100個で2月1日を予定している。なお、本日から「事前予約を受け付けたい」と考えているので、ご入用の方は「鱚介オリジナル工房のホームページ」から申し込みをお願いしたい。
 
 もし、順調に100個に達したら、以降、新たに追加対応をしたいと考えている。また、更に、もう少し大きいもの(10センチ径、エダス長40ミリ位)にも取り組みたいと考えている。


以下はPR版です。

        鱚介の仕掛け巻き「有限100掛け」
 この仕掛け巻きは北陸のトップキャスター田中利之氏が考案した「多連仕掛け巻き」を鱚介オリジナル工房が特許を受け製作したものです。いわゆる「無限バリ」、「多点バリ」と呼ばれるような多連バリ仕掛け専用の仕掛け巻きで「有限100掛け」と名付けました。使用にあたっては慣れが必要で、特にベテランの方やトップキャスターの方を意識して製作しております。投げ釣りマン必携の品としてご愛用頂ければ幸いです。(店主)

        仕様と注意点は以下の通りです
・ミキイトは1号〜2号が適し、ハリは3号〜6号位まで100本前後巻くことが出来ます。
・全てのハリはセンターピンに掛け、ミキイトをY字状になるよう円周ピンに戻し巻き込んでいきます。
・この時、センターピン先端にズレ防止用のゴムを嵌めて作業してください。
・強く巻くと外周ピンが歪み先に巻いたものが緩んでしまいますので、適当な張りを保って下さい。
・作業中のミキイトや端部のミキイトは、シリコンゴムの付いたピンに挟み込み止めます。
・エダスの長さはハリの懐から結び目まで3センチ以内とし、ピンの幅以内に収まるようにします。
・仕掛けの巻き込みは外周ピンを指で軽く押さえながら、水平に隙間を詰め込みながら巻きます。
・使用時はズレ防止ゴム外し、外周ピンを指先で包むようにミキイトを軽く押さえながら放出します。
・木部が濡れたら必ず拭き取って、また、ケースに乾燥剤を入れておくとハリ先がサビから保護されます。
・一品ごとの手造りのため、ピンの間隔に不揃いがあったり、微少のヒビや塗り斑のあるものがありますが、使用上の支障はありませんのでご了承願います。また、ふたの縁は壊れやすいので扱いには十分ご注意ください。
     鱚介オリジナル工房     2013.2.1


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

プラケース付きです

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

仕掛けを巻いた時


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

99本バリです

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ハリは全てセンターピンに!






-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

新・スプールガードの発売です!

2色カラーの新・スプールガードです オーダーしていた、新しい投げ釣り用大型スピニングリール専用のスプールガードが出来上がりました。 従来のモノは、初めての製作での不備や中国産であったため、幾つかの問題を感じて居りました。新しいスプールガードの製作に当たっては、企画を一から見直し、高い技術力を持った日本の繊維加工メーカーに作製を依頼、純国産の逸品として仕上がりました。  特徴は、使用前後の緩み、濡れた時のダレなどが無いよう、ナイロン繊維の超極細糸を選び、薄くて硬く、弾力性を持tったものに仕上…

Loading

no image

サオ立ての近況とCM

国際釣具ショーも終わり、日々時間が過ぎていく中で、鱚介オリジナル竿立ては完成寸前で止っている。最大の難点である「サオ受け部」の製作に時間が掛かっているためだ。早い販売をしてほしいとの催促もあるが、今、暫くお待ちいただきたい。・・で、近況と言うか、事前CMをさせて頂くことにした。鱚介オリジナル・サオ立ては、略して「KRSS]と言うことにした。「キスケ・ロッド・スタンディング・サポーター」と言う造語の略で、砂浜での使用を意図して製作した。また、企画から製造まで、高知の釣友である「堀オリジナル工房」の堀…

Loading

テンビン「L型異軸-剛力」のバージョンアップ

標準タイプと接ぎ穂アーム オモリの付け位置をオモリ軸からテンビン軸に少しずらせることにより、飛行中の安定、サビキの安定、掛かりの良さを追求したのが、いま評判の鱚介オリジナル工房の「L型異軸テンビン」です。 この度、当工房最強のテンビン「L型異軸−剛力」を改良、オモリ軸からアーム軸までをバネ用ステンレスSUS304Hの1.2ミリ径を通しで使い強化しました。同時にこれを「L型異軸−剛力」の【標準タイプ】としました。 さらに、アームは標準タイプの基部をそのまま生かし、異口径スリーブ(S1210番…

Loading

「半ぶら:テンビンオモリ」 新発売!!

ウッドガン・メタボ      L型トライアングル固定     接ぎ穂SMABS ウッドガンに新たに「半ぶら:テンビンオモリ」が加わりました。投げ釣りでのテンビンとオモリの関係は、テンビンとオモリをフックスイベルなどで接続した、一般的に「ブラテン」と云われるもの、また、テンビンとオモリを固定化した「テンビンオモリ」と云われる2種類があります。 二つの、1番の違いは「ブラテン=アタリの良さ」と「テンビンオモリ=遠投性」にあると考えられます。 これらは釣り人の好みによって使…

Loading

暫しの休店です

 念願が叶いシロギスの宝庫と云われる、山陰の鳥取と島根に遠征釣行致します。このため明日21日から25日まで、暫しの間工房を休ませて頂きます。 なお、メールでのご注文は何時もの通りお受けしますが、返信と発送は26日以降となりますのでよろしくお願いいたします。 今回の同行は、神奈川サーフの和田満雄会長との二人旅です。年寄り?いや熟年の車釣行ですので、実釣は22日〜24日とし、前後日はゆっくりとドライブを楽しみます。  当地の釣行は初めてですが、メーカー大会がよく開かれる弓ヶ浜での良型キスの数釣…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ