思い・雑感・・あるまま

横山武さんからの贈り物!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

根回りで真価発揮である

 過日、南伊豆に釣行した際、以前横山武さんから頂いた、大事なオモリとテンビンを紛失してしまった。
 テンビンは、横山さんから提案を受けた鱚介オリジナル工房が造った「真打ち‐SMAB」のプロトタイプとなるものだった。
 そしてオモリは、発砲スチロール製で表面をエポキシでしっかりと塗り固めた「浮きオモリ」であった。
 
ともに、横山さんが手造りしたもので、この組み合わせはとても相性が良く、釣行先での根廻りや、根越しの釣りには無くてはならない存在だったのである。


 実は、先日、紛失してしまったことを電話で話したのだが、・・・それを覚えていてくれ、早速造り、送ってくれたのである。

 先に頂いたテンビンは、横山さんが鱚介オリジナル工房の「真打ち」をさらに発展させた型のものであった。一番は、軸とアームの基部を延長(仮定で)すると、その角度が直角になる。具体的には「真打ち」の、スライドするオモリ部分をそのまま生かし、L字型テンビンとしての機能を持たせた「型」となっているのである。

 今回は、鱚介オリジナル工房が横山さんに渡した「真打ち‐SMAB」を、さらに改良した型にしたモノだ。新しい提案は、軸部分の長さである。異なった長さの4種類を送って頂いた。
 横山さんの仲間内では、軸が長めのモノがが良いと言っているそうだが、横山さんはこれをさらに、鱚介工房で研究し、一番適切と思われる長さで「型」を固定したらどうかと提案されたのである。

 さらにオモリだが、見た目は派手でゴツイ・・。しかし、実に浮きが良い。根に入っても、少し強く引けばすぐに浮き上がり抜けてくる。これであれば、根を越した先の釣りにも安心して投げられる

 今のところ、直ぐに鱚介工房でこの二つを商品化することは難しい。だが、テンビンは、いま開発中の「ある部材」が完成すれば、必ず素晴らしいものとなって実現できると思う。
 
 また、オモリは、自製で商品化するのは難しいが、先ずは自分用に真似たものを造ってみたい。・・そう言いつつも、実は頭の中には、既に完成品を描いている。・・もしかしたら、その内というか、近いうちに特別注文を受けて造れるようになるかも知れない。

 いずれにしても、小生自身には楽しみが一杯増えた。嬉しいしことだが、鱚介工房はますます忙しくなりそうである。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

革工芸文化「印伝」を訪ねて・・

これが「印伝」です 海の男が、まったく海の無い山梨県甲府に、高校時代の友人ら8人で車2台に分乗し行ってきた。 目的は、日本、いや世界で唯一の革工芸品「甲州印伝」の故郷と、武田信玄公を偲ぶ「恵林寺」を訪ねたのである。 そもそも「印伝」とは何か・・。戦国時代に鹿革を用いた鎧や兜などの戦具が造られたが、江戸期に入ってからは革羽織、煙草入れ、巾着など平和的な民生用品へと変遷していった。この皮革文化を発展させ技法を確立したのが初代甲州の「印伝屋・上原勇七」で、現在は13代目がその技法を受け継いでいる…

やまだ流 水連洞(2号店)のこと

届いた新聞記事 嬉しい便りが届いた。奄美大島で刊行されている「海南日日新聞」の記事である。 20数年来の付き合いがある、平塚市内で経営していた「奄美酒房・水連洞」の山田義孝さんから届けられたものである。 山田さんは奄美大島に近い沖永良部島出身で、高校を卒業以来飲食業の世界で修業し、30数年前から平塚市内で魚料理を中心とした「黒糖焼酎が飲める店」水連洞という店を経営していた男である。 彼は釣りが趣味で、既に亡き服部名人との親交が深く、腕の方も相模湾で一番と云われるくらい上手と云われ、多くのタ…

慣習の違い

夕暮れの浅間山昨日、長野県に青年時代にお世話になった従兄の葬式に行ってきた。物静かで芯が強く笑顔も優しかったが、病には勝てず81歳の生涯を閉じてしまった。中心からお悔やみを申し上げます。(合掌)さて、実はその葬式に参列し、私にとって極めて興味を引く慣習に出会った。決して仏さまやご遺族には失礼が無いように、気を付けながらそのことを書いてみたい。ただ、このことはご当地出身者なら誰でも知っている事であろうが、一つ一つの事については、全て同じに当てはまるとは思っていない。事は、葬式の進行のことであ…

海難事故・救助活動に遭遇!

 この写真を見て、これが何んなのか?すぐにお分かりだろうか?  これは、先日(11月6日)のカワハギ釣りの最中に出くわしたプレジャーボートの海難事故である。小生にとっては余りにもリアルな経験であり、これを公開することは相手のプライバシーを侵害する恐れもあろうかと、思いためらって居たのである。 しかし、こうした事故は未然に防がねばならない。これを前提に、今、増えつつあると聞くこうした事故の現実を伝えることはブロガーとしての一つの役目なのかもしれない。 また、この事故現場に遭遇し、的確に判断し…

「トリトニアクロカタ」が今年も咲きました!!

 2年目となった南アフリカ原産の「トリトニアクロカタ」という球根植物の花が咲いた。  南伊豆釣行の際、松崎のとある食堂の庭に咲くこれを見つけ、頂いて来て育てたものだ。 実は昨年、遅くなってから根上げし植え付けた為に、果たして芽を出してくれるか心配していたのだが、厳寒の中で芽吹き、育ち、つい最近、花芽を出してくれていた。 そして、桜が散った今少し寂しくなった庭の小場所に黄色い花を咲かせてくれている。濃い茶色の花殻に包まれたその先から、思いのほか大きな花で驚かされる。 日本では余り普及して居な…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ