高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年04月18日(火)

やっと、16℃台に!! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

香り高きライラックの花が!!

 何故か遅咲きだったソメイヨシノの花も散り、街中にもやっと春の花が盛りを迎えた。・・・入り口に咲き始めたリラ(ライラック)の花は、甘く優しい香りを漂わせている。

 日々、海水温をチェックしているが、ずっと長い間15℃を越えられなかった水温が、ここ3日ほど前から16℃台に突入した。前回書いた3月28日の12℃から、4℃も上昇したのである。
 
 低水温下であっても深場の国府津、小八幡海岸などでは顔を見せる程度であったが、ここ数日は、前川海岸を始め浅場でも少しづつ釣れ始めたようである。

 昨晩から今朝にかけ「春の嵐」が海を荒らしていた。・・これも季節の代わりを運んでくれるあり難い自然の恵みであろう。

 言うなれば、ここに着岸した水温16℃台の潮、きっと「投げキスの釣季イン」を告げてくれる筈である。
 
 ダメ元で南伊豆で何回か竿は出してきたが、その度、予想以上に厳しい釣りが続いていた。・・・だが今、その南伊豆には17℃の潮が向かっている。
 
 近々そっちの方を探ろうと思っているが、もうダメ元では無く、期待を叶えてくれる釣行としたいものである。


Posted by 高澤鱚介 at 08時36分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.tokyobay.biz/kisuke/tb.php?ID=772

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

富山〜能登・曽々木海岸釣行

富山〜能登・曽々木海岸釣行

「W・スライド」 テンビン

「W・スライド」 テンビン

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.