思い・雑感・・あるまま

年賀状あれこれ

投稿日:

正月、三が日が早過ぎ、もう5日目を迎えた。年賀状の交換もほぼ終了である。元気を伝えるもの。孫や家族の幸せを伝えるもの。老化を嘆くもの。釣果を誇るもの等など、何れも嬉しいものが多い。逆に、出したが返信されて来ないものもある。何らかの理由があるからだろう。病気か?破産か?別離たか?或いは、嫌われたか?・・ただ、そうでないことだけを祈りたい。手違い、思い違いで私自身が返信してないかも知れないから・・。
さて、戴いた年賀状の中から、心に感じた幾つかを記録しておきたい。
先ずは、やはり幸せを伝えるものであろう。7人の孫に囲まれた写真付きで、「俺が、俺がの我を捨てて、おかげ、おかげの、げで暮らす。」と伝えてきた東京の学友。最近、家族の写真付きを戴くが、語らずとも幸せが伝わってくる。ただ後々、処分が出来ずに困るのが・・難点だ・・?
これとは逆に、寂しさ、心配を伝えるものもある。「長いことお世話になりました。十月で店を閉めました。」と、役所時代に通った関内の飲み屋さんからのもの。ただ、末尾に「新しい仕事を見つけ出発しております。」が、ホッとさせてくれた。その頃一緒に通った後輩から、「〇〇亭が閉店して残念です。」とも伝えてきた。
また、「母は病気以来、別人のようになってしまいました。」と、学友の妹さんからのもの。高校時代から家族のように接してくれたお母さん。昨年、お尋ねする約束をしたのに未だ果たせずにいる。是非、早い機会に見舞いたいと思っている。
面白いのが「おいしい肉まんで、又、太りました。今年もすてきな出会いを大切にしていただきたいですね!」・・二年前、四国今治から息子の遺骨を持ち帰るその前夜に立ち寄った、レストランの女将さんからのもの。翌日、車での出立にも最後まで見送ってくれた方である。傷心の私たち夫婦に対する慰めの言葉と、接する態度は今でも強く心に焼き付いている。以来、交際を続けており、暮れに送った肉まんの美味しさと、一期一会の大事さを教えているのだと思う。こんなこと書くだけで、恥ずかしいが涙が出て止まらない。面白いなどと云ってはならないのかも知れないが、元気を送ってくれているのだと思っている。
矢張り多いのが、「釣りに関する」もの。特徴的なのは写真付きのモノだ。どれを見ても、必ずといっていいほど釣果を示しながら、誇った顔をている。同時に、その写真は元気を伝えるものでもある。そう云う私も顔はマズイから出さなかったが、メーンは、四国高知で釣った尺ギスと大磯海岸で釣った、膨らんだフグだった。
また、文は色々である。私を気遣って「キス釣りは下手ですが、他魚はまずまずです。」とか、「キス不振の年にも拘わらず、尺ギスの成果には驚きました。」、「尺ギス、俺も釣ってみたい〜!!」、「今年は38センチを釣りに行きます。」等といった、私の写真に刺激された返信もある。「歳を考えずに釣りに行きます。」、「釣老会で楽しい釣りしましょう。」、「今年は、月一回ペースで、百尾を越えたいものです。」、「昨年は840尾、今年の目標は1000尾です。」、「広島でも釣りに行く余裕が出てきました。」・・このように、中には大いなる願望を示しているものもある。一方、ごく真面目に、「今後も東西の交流が盛んになり、不要(不毛)な対立が無くなっていけば良いですね。」といったものもある。
また、環境問題やボランティア活動に触れるものもある。「横浜市内のオオタカの繁殖地の何れもが、そろそろ森林が狭くなったよう。これからどうなるか注目してます。」、「昨年、庭のハナミズキにメジロが巣作りし、無事、3羽のヒナが育って飛び出していきました。」、「環境汚染が進んでいます。・・・地球環境を創るために、私の残された時間を使って生きたいと思います。」・・さらに、釣りインストラクターを始めとして、NPO,NGO等での活動状況を伝えるものも多々ある。
最後は、最愛の孫「水咲」からのもの、2日に行きます。レジごっこで遊んでください!!」・・残念ながら風邪で来られなかった。今週末には来るだろう。また、3年前に仙台に転勤した娘夫婦から、「帰れない。3月には東京本社に転勤で戻ってくるから、その時に遅い正月をね!」と言ってきた。ああ、良かった。私たち夫婦の本当の正月はこれからだ。こっちが風邪など引かぬよう楽しみに待つことにしたい。
マダマダ沢山、記することはある。長くなるからこの辺で止めるが、今の世相を心配する一方、ともかく頑張ろうと元気を示す後輩たちの賀状が多かった。幸いなことだ。
フッと、来年の年賀状を考えてしまう。だが、何も今から心配することは無い。答えは、これらの年賀状が今教えてくれている。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

近況です!!

さる日、さる海岸で!! 山陰への遠征釣行を書いて以来、早一月が過ぎてしまいました。決して病気などはしていません。・・が、もしかして遠征中に沢山釣ったその余韻が抜けきらず、カルチャーショックから行動が鈍っているのかもしれません。・・・そう言ってしまうと、これも一つの病気なのでしょうかね? この一月の内、それでも5〜6回は投げに行ってます。伊豆に2回、大磯海岸に1回、ホームの平塚海岸に3回ほどです。 でも、その殆どが釣れません。精々2〜3尾と云ったところで、何故これほどまで下手くそになったのか…

Loading

翼の王国

機内誌「翼の王国」 「翼の王国」とは、全日空グループの機内誌である。昨日、重い荷物が宅配されてきた。差出は「泰正」とある。開くと、何とこの機内誌が10冊も入っていたのである。 泰正とは、正木烝司さんが経営する国内有数の大会社である。正木さんは、この「翼」にずっと以前から「釣りや魚などを題材としたコラム風記事」を書いている。人気のある内容で、読まれている方も多かろう。 ・・その正木さんから「先日、臼杵に釣行した時のことを「翼」に書いたから・・・」と、お聴きしていたモノだ。  その記事は15P…

Loading

no image

波高し、耐震偽装に憤慨!

大磯海岸での大漁の日から、すっかりその気になって通っているのだが、今日も海に嫌われてしまった。今朝も、午前7時に大磯海岸幼稚園下に入った。昨日より、ウネリは無くなったが、それでも時折大波が押し寄せ、濁りも強い。地元ルアーマンから「底は揉んでない。昨日はピンが釣れてましたよ!一昨日は、ヒネを30尾も釣った人が居たそうですよ!」との話を聞く。心の中で、それはオレよ!!と、ニンマリしながら会話した。兎も角、一尾でもシロギスの顔を見たく支度を整え、一投する。しかし、何の反応も無い。場所を変えながら数投して…

Loading

紛失のTg18シンカー戻りおり

今日、平塚海岸テトラ前で投げてきた。結果はシロギス1尾だけと言った貧果だったが、とても嬉しい出来事があった。 実は、丁度1週間前テトラ群の左で釣りをしたのだが、この時、大事にしていた影山産業ののタング …

Loading

「ミユビシギ」・・でした!

エサをくれ!と、ミユビシギ 過日(11月30日)のブログで、渚で餌をあさる小鳥のことを「チドリ」と書きましたが、それは間違いでした。正確には旅鳥の「ミユビシギ」と云うようです。  早朝のテレビに映されたその姿を見て知り、パソコンから辿ったところハワイで多くみられる旅鳥で、日本名を「ミユビシギ」、ハワイでは「フナカイ」と呼ばれているそうです。ミユビとは、足の指が3本・・と云うことのようです。 兎も角可愛い鳥です。・・その後も釣りをしている最中、キスのエサであるジャリメや青イソメを欲しがり、人…

Loading

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ