思い・雑感・・あるまま

チャリティ湘南ひらつか投げ釣大会のこと

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

毎年、大蔵市長も!

今日は少し裏話をしてみたい。
「第14回チャリティ湘南ひらつか投げ釣り大会」が6月4日に開催される。
今日、実行委員会が持たれ、出来上がったポスターや大会要項を協賛団体や後援団体に送付する準備を整えた。明日からは協賛してくれた釣具店に、多めのポスターや要項を配布しなければならない。

ここら辺が大会開催までの丁度、中間点ということになる。大会はたった1日で終わるが、この準備は3月当初から開始する。資金手当てのための協賛金の確保には、役員全員が手分けし頭を下げてこれを取り付けてくる。いわば、準備、準備に追われるところである。これを先導する清水英夫事務局長の苦労といったら、人並みでは出来ないくらい忙しい。時には、自らの仕事をさしおいて頑張らなければならないこともある。ここに、感謝の一言を言わずにはなるまい。

この釣り大会の始まりは、相模湾に活動する平塚サーフFCの創設30周年を記念して開かれた大会である。次年度には情熱をもった釣り仲間が集まり、実行委員会を立ち上げた。途中、去った仲間、逝去された仲間も居るが、活動の意味合いを知った仲間が次々に参加しフォローしてくれ、今に続く。

初回の記念大会ではクラブ員外の私だったが、釣り仲間として当初よりこれに関わることが出来た。大会の企画、組織のあり方、資金の集め方、後援団体の取り付け方、広報媒体への告知依頼等々、実に色々な課題や問題に関わらせてもらったものだ。今では全員21名の役員が、初回のチャリティの位置づけを守りつつ地道な活動をしている。

釣り大会といえば、大概は、市町や観光協会などが「まち起こし」を狙って開催する例が多い。だが、釣りを通じて何か社会貢献をしたいという釣り人が、ボランティア活動として情熱をもって運営する例などは他に見ない。
毎年、多くの釣り公望が集まるが、その数は家族を含め500人を下らない。何処から来たか?を問えば、市外、県外の方が今や6割を超える。平塚海岸が、欠かせない自然への接点となっていることが良く分かる。

チャリティと言う位置づけが、行政等からの補助金を困難にしているようだがそれはそれでよい。我々が「出来るだけ」を頑張れば良い。無関心な釣り人に釣りマナーを知ってもらう。老人の健康や生きがい、健全な青少年の育成、ひらつか観光・・等々の一助になればそれでよい。
ちなみに、昨年までに集められ、贈られたチャリティ基金は300万円を超えることが出来、これまで平塚市の社会福祉基金を始め、鳥類保護基金、湘南海岸をきれいにする会、阪神淡路大震災などなどに贈られた。
金額は僅かではあるが、それぞれが目的にそって使われ、一歩でも前進してくれればそれで満足である。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

明けましておめでとう御座います

新島にて  謹賀新年旧年中、皆様方には公私とも大変お世話になり誠にありがとう御座いました。  本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。       平成20年 元旦新年に当たり、今年の抱負などを述べさせていただきます。  昨年は思いもよらぬ多くの出来ごとに遭遇し、日々大変忙しく過ごしました。でも、そうした中、投げ釣り人生50有余年、相変わらずに楽しい釣行を重ねることが出来ました。 また、趣味と実益を兼ねて始めた「鱚介オリジナル工房」も2年目を迎えましたが、これも結構忙しく、技術とセンスを売…

ヒザ痛・・完治に近し!

ふれあい平塚ホスピタル たった1本の注射で、一年続いた左膝関節付近の痛みがウソのように消えた。・・このことについては、先のブログで「痛みは取れた!」と言い、その後、西伊豆釣行で「釣りクーラーを担いで100段もの階段を上ったが痛みは感じなかった。」とも書いた。 さて、注射を受けてから3週間が経ったが、幸いにして今も痛みは発症していない。・・・が、今日、病院に行ってきた。 医師に感謝の意を伝えたかった事、不安解消のために貼る湿布薬を貰うためであった。同時に、私にとってこの奇跡的と思える治療が、…

投げ釣り道具・コレクションルームへ!!

部屋の入り口には・・ 県立博物館に行ったその後は、日々寒く釣りにも出られずに居た。・・また、大した刺激も無く、ここに書くようなネタも見つからないままに過ごしてしまった。 管理ページを見ては、アクセスしてくれる多くの方に申し訳ない気持ちで居たのだが、すっかりご無沙汰してしまった。・・散歩がてら海岸で出会った釣友から、「博物館に行って化石になってしまったの?」と云われる始末・・。ゴメンナサイ! さて、そんな中、ふと、ある誘いのあったことを思い出した。過日茅ヶ崎海岸でお会いし、ダイワのプロキャス…

今日も充実した一日だった

まいどありがとうございまちゅ!今日は早く、午前5時には目が覚めてしまった。孫娘の水咲達と、二宮駅で9時過ぎに落ち合う事になっていたからかも知れない。だが、それにしても早すぎる。水咲と会えるのが久し振りだったからだろうか。世間で言われるようなジジ馬鹿と言われても仕方ないだろう。・・そう言うものなのだと、自分自身を納得する。昨年亡くした息子秀志の墓は、吾妻山の裾にある浄土宗の塩海山花月院・知足寺にある。寺は、曽我兄弟の墓があることで知られた名刹である。息子の墓は本堂裏の中腹に有り、屋根越しに相…

no image

年賀状あれこれ

正月、三が日が早過ぎ、もう5日目を迎えた。年賀状の交換もほぼ終了である。元気を伝えるもの。孫や家族の幸せを伝えるもの。老化を嘆くもの。釣果を誇るもの等など、何れも嬉しいものが多い。逆に、出したが返信されて来ないものもある。何らかの理由があるからだろう。病気か?破産か?別離たか?或いは、嫌われたか?・・ただ、そうでないことだけを祈りたい。手違い、思い違いで私自身が返信してないかも知れないから・・。さて、戴いた年賀状の中から、心に感じた幾つかを記録しておきたい。先ずは、やはり幸せを伝えるものであろう。…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ