思い・雑感・・あるまま

尺ギスは何歳か?

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

幻の尺ギス

投げ釣りマンにとって、“尺ギス”を釣ることは夢である。因みに尺ギスとは30センチを超えるようなジャンボサイズのキスで、別称“肘タタキ”などとも呼ばれる。
タイトルを見て、その尺ギスを釣ったのか!!と、ドッキリされた方が居るかもしれない。だが、そうではないからご安心を!!

朝日新聞の「天声人語」。私は普段、あまり「面白い」と感じながら読むことはなかったが、5月1日のそれは、一人の釣り人としての立場から面白く読ませてもらった。まだ読まれていない方が居られると思うので、中身を引用させて頂きながら、チョッと感じたことを言わせて貰おう。

[“魚の定義”というジョークがある。<魚とは、逃げた時から成長が速まる生物である> ・・手元に寄せて逃した一匹ほど、大きいものはない。悔しさが想像を膨らませ、人に話すたびに両手の間隔が広がっていく。]と、・・うんうん、その通りだ・・面白い。

そのあと[身長1?強、重さ27キロ、推定100歳のヒレグロメヌケ(メバルの仲間)が米アラスカ沖のベーリング海で捕れたこと、魚の年齢は頭の骨にある耳石か、ウロコの縞模様で勘定すること、アジやサバは5年、タイなら20年は生きること]などが書かれている。・・これも興味をそそられる。

その次には、「・・殆んどの魚は小さいうちに他の生き物に食べられ、魔の手は水の上からも伸びてくる。魚と人の関係を思うとき、金子みすずの代表作「大漁」に行き当たる。<鰯の大漁で浜辺は祭りのようだけど、海の中では何万と言う鰯が弔いをするだろう>・・・そして、結びに近づく[魚は大切な栄養源だ]と書かれている。
・・・実は、ここまできた時、やはり何時ものパターンなのか、叉、釣りや釣り人に対する非難が始まったのかと・・一瞬思え、正直不愉快さを感じたのだ。

ところが、そうではなかった。結びには[漁業や釣りは彼らの平均寿命を少し縮めているはずだが、縮めた分は我々に上乗せされている気もする。ならば魚も本望か。年齢不詳の丸干しをかじりながら、身勝手な仮説を転がしてみた。]・・とある。
・・・何と爽やかな結び方だろう。恐らく、筆者は、釣り道に長けた、本物の“釣り師”の一人に違いないと思う。
私もこうした嬉しい仮説を頂きながら、せっせと釣りに勤しみ、メタボリックなどとは無縁な栄養源を確保しようと思っている。

因みに、写真の尺ギス(30・6センチ)だが、文献を見るとシロギスが20センチになるには約5年もかかるという。また、その後の伸長は年1〜2センチ程度と聞く。
これを私が釣ったのは南国高知で、水温も高く、エサも豊富だから、年1・5センチの伸長と類推して約13歳以上ということになる。ついでに言ってしまうが、これは私にとって生涯2尾目の尺ギスなのである。

なお、シロギスの日本記録は、平成9年11月に五島列島で釣れた36・4センチの、正に“まぼろしのシロギス”だと言われている。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

no image

土佐の高知・正月探訪

穴あけ期間中、28日から1日まで、実は大好きな南国高知に釣行していた。先方から書き込もうとはしたが、郷に入れば郷に従えで、やる事が沢山あって余禄な時間は無かった。この度の釣行に当たっては、シロギスを釣る以外、亡き息子が愛し3年間を過ごした高知の、また、山内一豊が征した城下町の大晦日から正月の過ごし方に興味を抱いていた。先に、この辺の感じを言うと、関東とは何ら変わるところが無いと云うのが実感でもあったが、一度だけの経験では判らなかったと云うのが答えである。確実に残った印象が一つだけある。食いしん坊の…

忙中・・・閑なし??

浅八丸・シロギス釣り 大分空いてしまった。 この1月、決して健康を損なっていた訳ではない。ただ、まるで夢遊病者のように、何か?をすることに夢中になっていたのは事実である。     ・・・急ぐことも無いのに・・・。 この間の「何か?」とは、勿論、釣りで明け暮れしていたのは云うまでもない。多くは、平塚海岸や大磯海岸で波間のシロギス釣りを楽しんでいた。・・が、船でのシロギス釣りや投げ釣り大会にも行ったりしていた。  ただ正直、釣果には見るものも無く大会での成績などはまったく芳しくなかった。・・・…

今期は終了!・・と思う! 平塚海岸

有終を飾った大きな1尾!! キャプションの写真を見て、今日も釣れたのかと思われるかもしれないが、これは先日15日のもので、この日が今シーズン最後の賑わいだったようである。  その後、テトラ群の左右、前後で小さいのが数尾は釣れたが、今日は全くの0尾で、居たのは元気なフグだけだった。 この日は、申し訳ないが、このブログ情報で来られたのか、かなりの釣り人が居られた。・・しかし、遠近探るもキスは居らず、釣れた方でも精々2〜3尾の小ギスだった。 正月以来、快釣をもたらしてくれたのが続く高水温だったが…

懐かしの、EX9000S:バズーカ!!

我がお宝(箱付)となった  名器バズーカ! 正確には今から37年前の1980年、ダイワ精工株式会社から出された「投げ釣り専用のスピニングリール」である。若い方はご存じないと思いますが・・・。 名称は「プロキャスターEX9000S」、ボデイとローター部分には、当時の最先端素材と云われたカーボングラファイトが使われている。 ちなみに、ギアー比は1:4.6と今と余り変わらないが、重量は650g(現在最軽量は375g)と重く、スムーズに回転させるロールベアリングはたったの2個(今は11個もある)で…

今晩7;00〜小田原FMで・・

 徳島から帰って、今、我が家近くの茅ヶ崎方面でキスが爆釣しているとのこと、また、馬入のハゼも場所は変わったが相変わらず釣れているとのことである。・・・どちらとも、まだ行く間がないが、そろそろと思って居る。 写真だが、小生が「釣った魚」の最少記録的なものである。淡路島の漁港で釣れた「海ハゼ」の仲間であろう。6号の鱚介アブミに付けたジャリメを、確かに、口で咥えて、釣れてきたのである。 下の写真の鱚介マークは3センチで、ハリと魚体を比べると良く分かる。・・大きな口を一杯に開いて喰いついた、その姿…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ