思い・雑感・・あるまま

この木、この花の正体判明

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

確かにガリバー!

最近の花は実に多種多様なものがあり、特に外国産が多く、また、品種交配によって同じ種であっても全く異種に見られるものまでが盛んに出回っている。ある友人曰く、花は「お化けのように千変万化するものだ」と言う。確かに身の回りを注意して見ると、知らなすぎる花が余りにも沢山あることに気づく。
我が日記の写真に対して、多くの方から名前が寄せられた。
上の黄色い花は、少しユーモアをもって誰かが名付けたのであろう、巨大ヒマワリ「ガリバー」と言う方が多かった。確かにPC検索でもガリバーで出てくる。
少し詳しく辿ると、日本では「ニトベギク」宿根ヒマワリと言うそうだ。丈は、前者のガリバーが6メートルになると言い、後者は2〜4メートルと言う。私が拝見した前田家のものは、皇帝ダリアとほぼ同じ背丈で、3メートル位だったから、「巨人ガリバー=6メートル」は、想像上の誇張であるのかもしれないし、1本仕立てであれば或いはそうなるのかもしれない。

因みに、ニトベギクについて検索先からお借りして、ここにコピーしておきたい。
「ニトベギク(仲柄菊)」:学名は Tithonia Diversifolia 。
英名は Mexican sunflower 、別名はメキシコヒマワリ。分類はキク科メキシコヒマワリ属。原産地はメキシコ〜中米。多年草で草丈2〜4?になる。葉は楕円形で切れ込みがある。花期は晩秋の11月から〜12月。花は15cm位になり、明るい黄色。古代中国では非常に高貴なものとして扱われ、ほてり止めのほか、黄疸、肝炎、膀胱炎などの治療薬として用いられており、メキシコでは皮膚感染症の治療薬として利用されている。近年の科学的研究で抗炎症作用や抗がん活性も指摘されており、健康食品としても注目されている。・・そうだ。

次に、サザンカみたいな白い花の方。
これも未だ珍しい部類にありそう。名を「タイワンツバキ」と言い、中国南部からインドシナ半島、台湾に分布すると言う。種は、ツバキ科タイワンツバキ属。木の丈は、5メートルにもなり、花は10月から2月にかけて咲く。葉が肉厚で濃いグリーン。花の白と葉色のコントラストが印象的である。

いずれの花も、季節はずれのこの時期に庭を飾り、人の心を和ませる。昨今、花屋さんの世界が大賑わいだそうだが、世の気ぜわしさが一段落し、ほんの少しの豊かな世相の現われが、これらの草花によって表現され、併せて文化の香りをも伝え始めているのならそんな目出度いことは無い。


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

タイワンツバキの花

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

タイワンツバキ






-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

確定申告を!!

生物写真家 久保秀一作品集から 一昨日、税務署に確定申告をしてきた。 要は、鱚介オリジナル工房からの所得を明確にするためで、昨年から青色申告で行っている。  何故確定申告などやるの?その理由はなに?と、問われれば・・・。 格好よく言うならば、儲けがあるならば、当然、課税分を支払うのは国民の義務であるし、折角だから、工房経営から一度は税を支払ってみたいと考えるからである。 もう一方、本音も言ってしまおう!  ・・工房も10年を過ぎ、世に知られるに従って色々な声が聞こえてくる。趣味が高じ、生き…

貝殻の博物館へ!!

貝類図絵:ヤツシロガイ 全国の投げ釣り場をさ迷う中、釣れないときには貝殻を拾い集めることが小生の隠れ趣味でもある。  砂浜には、時折小石に叩かれずに生きたままの姿をした、美しい名も知らない始めて見る貝殻が見つかる事がある。そんな時、少年に帰ったような、貴重な宝物を見つけた時のような、ウキウキした気持ちになる。  だから、拙宅には、いつの間にやら大きなダンボール一杯の貝殻が集まり、部屋のあちこちに転がっている様である。 何時か貝の図鑑を見てそれらの名を知ろうと思っているのだが、それが中々でき…

 たね・・・の本

 今、図鑑が良く売れていると新聞に出ていた。・・・時を同じに(必ずしもこれとは関係が無いと思うのだが・・)釣友であり、我がカワハギ釣りの師匠である、生物写真家の久保秀一さんから「たね」の本、図鑑が届けられた。  「刷り上がったばかりの「たねの本」をお届けします。デジタル時代の技と40数年前も前に作られ、今では幻となってしまった特殊なレンズとのコラボで、、小さなタネの超細密な画像を撮影することに成功しました。 数年前に月刊誌の依頼でタネを撮影したのが、事の始まりです。タネには、どうしてこれほ…

湘南オープン第3回 投げ釣り大会

第2回大会記念撮影湘南鱚酔会からのお知らせです。湘南オープン第3回投げ釣り大会へのお誘いです。未だ、少しの余裕があるとのことです。この楽しい大会へ皆さんのご参加をお待ちしております。◆開催日・・・平成28年11月23日(水・祝日)◆集合場所・・・大磯港県営駐車場◆集合時間・・・5:30(受付開始時間)◆開会式・・・6:00頃予定◆競技内容・・・開会式終了後〜11:00 総尾数(鈎数は5本以内)          トリオ戦・個人戦および大物賞◆参加費・・・1,500円◆参加申し込み・・・湘南…

タングステン・シンカーの薦め!

Tg-18 半ぶら20号 投げ釣りにおいて、タングステン・シンカーは高価だが、なかなか魅力あるオモリである。 タングステン素材のオモリは、一般の鉛とは違って比重が重く小型に仕上がっていることから、飛距離も稼げ、サビキも軽い。同時に、環境にもマッチした優れものである。 今、投げ釣り専用の竿、リール、ラインなどなど、どれをとっても高度な技術から生まれた高性能なモノばかりである。・・・同時に、多くの投げ釣りマンはこれらの高級で高価な品を惜しげもなく買い求め使っている。  そうした中、今だに、オモ…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ