思い・雑感・・あるまま

この木、この花の正体判明

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

確かにガリバー!

最近の花は実に多種多様なものがあり、特に外国産が多く、また、品種交配によって同じ種であっても全く異種に見られるものまでが盛んに出回っている。ある友人曰く、花は「お化けのように千変万化するものだ」と言う。確かに身の回りを注意して見ると、知らなすぎる花が余りにも沢山あることに気づく。
我が日記の写真に対して、多くの方から名前が寄せられた。
上の黄色い花は、少しユーモアをもって誰かが名付けたのであろう、巨大ヒマワリ「ガリバー」と言う方が多かった。確かにPC検索でもガリバーで出てくる。
少し詳しく辿ると、日本では「ニトベギク」宿根ヒマワリと言うそうだ。丈は、前者のガリバーが6メートルになると言い、後者は2〜4メートルと言う。私が拝見した前田家のものは、皇帝ダリアとほぼ同じ背丈で、3メートル位だったから、「巨人ガリバー=6メートル」は、想像上の誇張であるのかもしれないし、1本仕立てであれば或いはそうなるのかもしれない。

因みに、ニトベギクについて検索先からお借りして、ここにコピーしておきたい。
「ニトベギク(仲柄菊)」:学名は Tithonia Diversifolia 。
英名は Mexican sunflower 、別名はメキシコヒマワリ。分類はキク科メキシコヒマワリ属。原産地はメキシコ〜中米。多年草で草丈2〜4?になる。葉は楕円形で切れ込みがある。花期は晩秋の11月から〜12月。花は15cm位になり、明るい黄色。古代中国では非常に高貴なものとして扱われ、ほてり止めのほか、黄疸、肝炎、膀胱炎などの治療薬として用いられており、メキシコでは皮膚感染症の治療薬として利用されている。近年の科学的研究で抗炎症作用や抗がん活性も指摘されており、健康食品としても注目されている。・・そうだ。

次に、サザンカみたいな白い花の方。
これも未だ珍しい部類にありそう。名を「タイワンツバキ」と言い、中国南部からインドシナ半島、台湾に分布すると言う。種は、ツバキ科タイワンツバキ属。木の丈は、5メートルにもなり、花は10月から2月にかけて咲く。葉が肉厚で濃いグリーン。花の白と葉色のコントラストが印象的である。

いずれの花も、季節はずれのこの時期に庭を飾り、人の心を和ませる。昨今、花屋さんの世界が大賑わいだそうだが、世の気ぜわしさが一段落し、ほんの少しの豊かな世相の現われが、これらの草花によって表現され、併せて文化の香りをも伝え始めているのならそんな目出度いことは無い。


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

タイワンツバキの花

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

タイワンツバキ






-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

          謹賀新年

               花はタイワンツバキです 明けましておめでとうございます。 旧年中は多くの方からのご指導とご支援を頂き誠にありがとうございました。 本年も引き続き変わらぬご厚誼を頂けますようよろしくお願い申し上げます。 私ども夫婦は大過なく日々平凡に過ごしております。 本年、小生は引き続き鱚と遊び釣り道具造りに勤しみながら、また、妻はウクレレの練習に励むなど共々健康第一に暮らせたらと思っております       皆々様の幸せを祈り新年のご挨拶といたしま…

Loading

晩秋やハゼも育ちて引き強し

大ハゼが釣れたと友人が届けてくれた。これが今シーズン最後の獲物であろう!! 河口の馬入湖も終盤を迎え、午前中の釣りで数尾程度であると言う。 仲間数人での釣果である! 型は16~18㎝級である

Loading

no image

土佐の高知・正月探訪

穴あけ期間中、28日から1日まで、実は大好きな南国高知に釣行していた。先方から書き込もうとはしたが、郷に入れば郷に従えで、やる事が沢山あって余禄な時間は無かった。この度の釣行に当たっては、シロギスを釣る以外、亡き息子が愛し3年間を過ごした高知の、また、山内一豊が征した城下町の大晦日から正月の過ごし方に興味を抱いていた。先に、この辺の感じを言うと、関東とは何ら変わるところが無いと云うのが実感でもあったが、一度だけの経験では判らなかったと云うのが答えである。確実に残った印象が一つだけある。食いしん坊の…

Loading

三浦海岸不発!!

この顔、だれ?? 久しぶりにサオを握った。今年度から住まう団地の管理組合理事長と云う、かなり忙しい役職を仰せつかってしまったのだ。・・・だけで無く、行かれる日の天候が悪かったり、急用が出来てしまったりで、ついつい行きそびれていたのである。 一昨日、そろそろ本番を迎えたであろう三浦半島の三浦海岸に行って見た。相模湾側は前日の大雨の影響を受け、ウネリと濁りがあったが、ここ三浦海岸は、濁りこそ残って居たが静かだった。 ・・・だが、歩き回り、探したがさっぱり釣れない。同行の和田さんが、波口で15?…

Loading

珍しいフグが・・??

シマフグの幼魚か? 台風一過、釣れ続いていた茅ケ崎に行って見た。濁りも無く、波も穏やかだったが、居るべく期待したキスは居なかった。2〜3日、穏やかであれば、再び喰い始めるかもしれないが、もしかして、既に放卵が終わり深みに移動したのかもしれない。 ・・・今シーズンは、もう十分堪能した。・・・願わくば、暫し休憩し秋深まる頃に、今度は落ちギスとなって近場に戻ってくることを期待している。 今日の釣果は、2時間ほど粘って、30cmクラスのイシモチが2尾と、12?ほどの小ギスが1尾だった。 ところで、…

Loading

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ