思い・雑感・・あるまま

 ヒトデの標本!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ヤツデスナヒトデ?約30センチ

 冬場、足腰を鍛えるために平塚海岸を歩いているのだが、時折、珍しいものに出会う。これもその一つ。
 未だ寒い2月の中旬だった。何と、足が8本もある大きなヒトデが渚に打ち上げられていたのである。5本指のヒトデは良く見るが、長い海との付き合いの中で、これは全く初めて見るものだった。
 ヒトデは大きなほど波に叩かれ、足が欠損している場合が多いのだが、直径30センチに近いこのヒトデの足は8本ともほぼ完全な状態。
 これを直に手で持つことが出来ず、付近に落ちていた針金に結び、ぶら下げて持ち帰ったのである。道すがら、出会った人の好奇な目つき、サッと身を避ける方・・それほどグロテスクで気持ちが悪いものなのだ。
 
   実は、乾燥させて標本を造りたかったのである。

 名前をHPで検索した結果、足?手?が8本あるから、単にヤツデ(八手)ヒトデと決め込んでいたのだが、その後よく観察した所、正確には沖縄方面に棲息する「ヤツデスナヒトデ」と言う種類ではないかと断定した。

 そして今、出来上がった標本を、平塚市博物館に届けてきた。

 標本の造り方は教わったわけではない。良く水洗いし約2ヶ月間、風通しの良い日陰で乾燥させた。カラカラに乾き、臭いも無く、先ずは上出来である。その後、透明な薄めの二液性ウレタン樹脂を、身体全体に浸み込ませながら重ね塗りをして完成させた。ペイントで、過剰なテリも出ずに自然な色彩で、現物とまったく変わらずに仕上がったことに満足している。

 実は、家に置きたかったのだが、何とも気味悪く、まあ、それにも増して「珍しいモノ」だと考え、平塚市の博物館に相談したのである。
 私は、異常気象による海水温の上昇がもたらした歴史上の一つの証拠かもしれない。・・とも、大げさに思ったのだが、どうやらそうでも無さそう。南房総から琉球にかけての温暖な海域に広く分布するとのこと。相模湾にも少ないが居るとのことだ。(・・そんな声が寄せられた。)・・だが、珍しいのは事実である。

・・学芸員の方から引き取っても良いですよ!・・との返事を聞き、ほっとした。
 多分、近々には海に関係する場所に展示してくれるものと思う。

 なお、海岸でよく目にするヒトデ類の腕は主に五本だが、中には腕の数が少ないものや、十本もあるものなど様々あるそうだ。ヒトデはとても生命力が強い生き物で、体を半分に切られても死ぬことなく別々に腕が再生し、ちぎれた一本の腕からでも再生して元の形に戻るほどだそうな。また、自ら体を二つに切り離し、腕を再生させて増殖することもあるとのことである。
 自然界のことはまだまだ未知なことが多く、不思議の倉庫でもある。精々、大事にしたいものだと、改めて考えてしまった。
   http://www.rimi.or.jp/dobutu/HITODE.html


博物館から連絡が届きました。4.18 PM:6:00

[ 種類については、検討の余地があるかと思います。
 5月10日から6月1日の期間に、
 1Fで新着資料展を行いますので、
 そのときに展示させていただきます。
 その後は、展示の予定は未定ですので、
 お忙しいとは存じますが、
 ぜひ、この期間に見に来てください。 ]

 とのことです。興味ある方は覗いてください。








-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

ネムリ針の効果

2連は口に!! キスのネムリ針を紹介したところ、実にその日のアクセスが1800件にも達した。ブログで取り上げられていることがどのように伝わり、そうなるのかは良く分からないが・・・。しかし、正直言ってネムリ針というものに、これほど迄に関心が寄せられたのには驚いた。一面、研究熱心な投げ釣りマンがこうも多く居たものかと感心もしてしまった。 確かに、海岸で出会う方に現物を見せ話すと殆どの方がかなりの興味を示される。そして何人かの方から、今度注文する時には是非一緒に取り寄せてほしいと頼まれてしまった…

波は穏やか!!

早朝の大磯海岸 台風一過?、海は打って変わって静かである。関東には来なかったから正しい言い方では無いかもしれないが、打ち寄せた波は確かに台風がもたらしたもの。 平塚海岸は、翌日には北風が吹き波は抑えられ、穏やかになっていた。ただ、海岸の一部には、川から流れ込んだゴミが大量に打ち上げられ、今も波間に漂っている所もある。 こんな中だが、今は濁りも取れつつあり釣り環境も整いつつある。しかし、荒れ以前の海水温は23〜24℃あったものが、今日は21℃台と下がっている。これがどう影響するかは定かでない…

植樹祭に行ってきた

記念樹のオカメ桜を最近、平塚海岸でシロギスが釣れ始めている。投げのシロギスは、桜前線に乗って釣れ始めるとも言う。今年の桜の開花は例年より早く、既に満開に近いところもある。そして、計ったようにシロギスも釣れ始めている。自然とは、何とも不思議なものだ。こんな中、平塚市観光協会設立50周年を記念した植樹祭が平塚総合公園で開かれ、そこに、招待者の一人として参加してきた。チャリティ湘南ひらつか投げつり大会は今年で14年目を迎えるが、第1回大会から、観光協会には後援を頂いている。そんなことが縁で、今や…

あれから1年!東北からの便り−?

消失してしまった旧大曲浜つりえさ店 part?に続いて、被災された大曲浜つりえさ店の伊藤浩二さんから、体験された釣り人の立場から地震や津波に対する構えみたいなことについてもお聴きした。追 伸 私から投げ釣りマンさんへ一番伝えたいのは、地震が来たらどうするかということと、東日本大震災から受けた教訓のような話を伝えたいことです。  たしかに、この震災は被害が大きいものでした。それに、今でも苦しんでいる方が大勢居られます。しかし、こちらから見れば、「これから大地震が来るだろう・・・。」と色々な報…

真空パネルクーラーの改良

アワビ巻きを新調した 行きつけの宮嶋屋釣具店に頼んであった「ダイワの真空パネル(底一面)10ℓクーラー」が届いた。購入したのは、セットされた付属品無しのクーラー本体のみ、付属のサイドボックス・ハードは重いので止めた。 11ℓを昨年購入し、底一面真空パネルクーラーの断熱効果と云うかその威力に驚かされ、新たに発売された10ℓを心待ちにしていたのだ。 この10ℓにはコンビニで売っている板氷がすっぽりと収まる。ちなみに昨年買った11リットルでは、板氷…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ