鱚介オリジナル工房

「L型‐SMAB」改め「L型異軸-SMAB」に移行!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新型「L型異軸-SMAB」

 前回の記事で、鱚介テンビン「L型‐SMAB」には、L字部分の曲げの強度に問題があることを書いた。実は、これまでお二人の方から?曲り部分の伸び、?折れ、が指摘された。
 原因は、曲げ部分のスリーブ中にハンダが確実に入らず強度不足だったのである。
 お二方にはお詫びの旨を伝え、強化した新作を送りお許しを頂いたが、これは反面、造る側にとっては有難い指摘であり情報であって、とても感謝している。
 この記事を読まれ、自分の買ったものもそうであった!という方が居られましたら、ご面倒でも、是非そのことをご連絡頂ければ幸いです。

 さて、そうした見えない部分を持った構造のテンビンはやはり不安を残す。そこで、既存の「L型-SMAB]を全面的に改良することにし、新しく造る全ての「L字型」テンビンは確実に曲げ部分を強化することにした。
 
 具体的には、一つはL字部分をハリで支え、トライアングル構造で固定とすること。二つは、軸に用いるステンレス線を太くすること。・・・で解決することにした。

 そこで造ったのが、写真の名称も改めた「L型異軸-SMAB」である。

 仕様は、軸径が1?、軸長を130?とし、基部を1.1?径×25?長のステンレスパイプを被せ、支えのトライアングルは0.9?径のステンレス線を使って強化した。
 また、アーム部分は基部に内径1?、長さ20ミリのスリーブを用い、形状記憶合金アームSMAB の1?径、90?を接続したのである。これによって、オモリ負荷は30号まで耐えられると考えている。

 もう一つの、軸を太くしたモノだが、これは現在作製中の「異口径スリーブ1210」が完成した後に造る予定だが、軸に使用するステンレス線には1.2?径を用いる他、規格は「L型異軸-SMAB」と同様にしたいと思っている。
 これが出来れば投げ釣り用として“最強のテンビン”となるのではないかと、自らも期待しているのだが・・・。もうしばらくお待ちいただきたい。

 なお、改良した「L型異軸-SMAB」のお買い求めは、鱚介オリジナル工房のホームページから・・・。(近々掲載予定)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

強化した基部

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

アーム先端






-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

船用・鱚介テンビンの誕生!!

長さが違う3種類の船用・鱚介テンビン 先日の、船による「シロギス釣り放題会」で44名中トップに立った久保秀一さんの仕掛けが話題になっている。覚えていた釣友から、「久保さんは、皆と違った不思議なテンビンを使っていた。」と言うのだ。 そのことを久保さんに話したら、「いやぁ!腕ですよ!!」ッと、軽くいなされてしまったが・・。 実はあのテンビン、我が「鱚介オリジナル工房」の作品なのだ。幾つか造った中の一つで、久保さんの意見を取り入れ特別注文で受けたものだ。  小生も、何回かの出船の折に確かめ効果は…

テンビン「真打ち」・・のこと(2)

道具(左から?〜?) モノを作るには、まず、使う道具(冶具)をきっちりと整えること、そして適切な材料、部材を揃えることである。残るのは職人的腕前であるが、兎も角、数をこなして経験を重ねることだろう。 小生はまだ職人の域には及びもしないが、諦めずに最後までやり遂げようとする頑固さは持っている。これを繰り返すうちに、自分なりに納得できる確率が高まっていることは事実である。  そこで、今回は小生が使っている道具(冶具)と材料、部材について紹介しよう。(自製の場合、道具、材料は手に入るもので良く、…

鱚介アブミ 黒 6号 完売です

6月末までの期間限定特別販売企画、鱚介アブミの6号、5号、4号の内、6号は、ご好評をもって完売いたしました。 なお、4号、5号は、期間を過ぎても当分の間続ける予定です。細軸で軽量な鱚介アブミは、秋に備 …

テンビン「真打ち」の効果的な使い方!!

一番下のように折り曲げる 最近のこと、鱚介工房の顧客である香川県多度津のベテラン釣師:丹羽章様から、こんなメールを頂きました。【 私は「真打ち‐SMAB」のデザインは天秤の理想形だと思っていますし、大変普遍性の高いデザインだと考えています。 そこで今年は、真打天秤の一本のアームを(はなはだ申し訳ないことながら)真打SMAB風に折り曲げて使ってみました。ところが、これが結構具合が良いように思われます。「真打ち‐SMAB」と同じように必ず口元に針掛かりしてきますが、この針掛かりが若干向上したよ…

新しいスプールガード!!

 もう10月を迎えてしまった・・。兎も角、日々天候が悪く中々竿を出せないでいる。全国的にもそのようであり、投げ釣りマンの動きも止まってしまったようで、鱚介オリジナル工房も開店休業中のような状態にある!!  そんな折、7年振りに企画した新しいスプールガードの完成サンプルが届いた。メーカーと相談したのが7月だったから、僅か3ケ月で目途がついたのである。 新しいスプールガードのお値段は少々お高いが、これまでのモノとは異なり、技術力を持った純国産メーカーの逸品として仕上がったと思う。 緩みが出ない…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ