思い・雑感・・あるまま

年明けの平塚海岸で・・!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今年も頑張ろう!!

 今、午前10時過ぎ、・・海岸から帰る途中のJR平塚駅から国道134号線に向かう「渚プロムナード」を伝って、多くの家族連れがニコヤカに向かっていた。
 恒例の大学箱根駅伝の応援のためである・・・・しかし、我が母校は残念ながらシードに残れず、予選会にも漏れて出場していない。・・何か、侘しい正月である。

 暮れに、新年会を午前7時過ぎから行うから集まれ!・・と、平塚海岸に屯する仲間の、チョン投げの鈴木誠之さん、海岸主の土井博明さんから伝達を受けていた。
・・さらに、吾輩が暮れに釣った、カワハギの肝和えを食わせろ!とのお達しがあったのである・・。

 正月には少し早すぎる午前6時に起床し、捌いたカワハギを薄造りして皿に並べ、アタリ鉢に肝と少量の酒と味噌・醤油を加え良く擂り、裏ごしした肝ダレを造ってみた。・・それに、ワケギが無かったので長ネギをみじん切りにし、小袋に入れた・・。・・・これで用意が整い、早々に海岸に向かった、。

 海岸には主催の二人の他、中島さん、川口修さんがサオを出して居り、既に、波間にお神酒を捧げ終わったと言う。
 
 先ずは、乾杯!!!っと、頂いたのは沖縄宮古島の泡盛「王朝」だった。昨年定年退職をした中島さんが、仲間入りのご挨拶として持参してくれたものだった。

 静かな波の音を聞き、冷えて澄み、乾いた大気を浴びながら飲むこの泡盛の美味さは、それはそれは格別だ!!

 そんな中、遅れ来て竿を出していた佐藤英雄さんに、中っパが1尾、すぐ後に20センチオーバーのヒネが来たのである!!
 ・・・さらに、昨年暮れから仲間入りした川口修さんにも20センチが来たのである。

 川口さんは、潮時表から得たデーターを書き込んだメモを持っており、土井さんが持つ近代的なスマホからの時合情報と見比べながら、こう言っていた。
 釣りとは、魚が喰うのには、・・・明確な科学的根拠がある筈である。そしてデータの積み重ねの中にその答えがある・・と云う。どうやら、長らく勤務した職業的見地から得た答えを持っているようである。

 確かに、今の時代、感を頼りの釣りでは古すぎるかも知れない。でも、科学的根拠を頼ってする釣りも、何故か寂しすぎる。何の近代兵器を持たない魚と対峙するには、矢張り、対等な自然条件の中ででの戦いに、その面白さや醍醐味を感じるのではないだろうか。・・・データーに頼りながらも、古い我輩はそう思う・・。

 さて、昨年は1月16日まで釣れたのだが、この分なら今年もマダマダ期待できそうである。
 今日は正月2日、我れは竿を出せなかったが、明日からの釣りには大いに期待が持てそうである。
 

 、

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

佐藤英雄さんの初物!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

川口修さんの初物!!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

時合をよむ・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

年越えのヒネ!!






-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

no image

フグ毒なんか怖くない!!

久しぶりに平塚海岸に行ってみた。サオは持たず、15日に未使用で残った、岩イソメを持って行った。誰か居れば使ってもらうし、居なくば洗っておこうと考えていたのだ。海岸に出ると、何時もの仲間3人が盛んに投げている。この寒中にシロギスの顔を見ることは中々難しい。しかし、驚いたことに諏訪部さんと土井博明さんが、ピンギスながら1尾づつバケツに泳がせていた。水温は15度は割っていよう。テトラが並んだ内側では、このように何尾かは釣れるのだ。今日はフグが居ないから助かりますよ!と土井さん。だが、この岩イソメを付けた…

Loading

FM小田原にてお喋り!

 今朝、少し早めに平塚海岸テトラ群の左で投げてみた。3色〜2色で4尾ゲット。隣の若い新米さんが2尾釣るのを見た。ただ、テトラ右手は全くの不釣であった。  そろそろ、静かな日を選んで漁港側マンション下の波口釣りをしてみたいと思っている。  早朝が良い。エサは、ジャリメまたはチロリ。型は15〜18センチ級。 今晩、7時からFM小田原の「村上繁郎&ハリー」のトークショーで、投げ釣りの何かを話してくる。・・・何か?と云うのは、まだ、テーマが決まってないためだ。・・・希望としては、今回は手造り道具の…

Loading

釣れていません!

潮の引いた静かで美しい外浦海岸 何処かで、誰かが、釣ったと言う情報が伝わってきますが、小生にはさっぱり釣れていません。 今日海岸で会った釣友から、ブログがちっとも変っていませんね!釣れる情報を書いてくださいよ!!・・と云われてしまった。・・・確かに、釣れなくとも、それを書くことは貴重な情報提供なのかも知れない。 昨日は、何時もの仲間と東伊豆下田の外浦海岸に行ってきた。・・何方かの情報で、外浦が釣れた!!・・と聞いて、行ってみたのである。 そもそも、釣れた情報を聞いて行動するのは余り好まない…

Loading

今、思うこと・・3

烏帽子岩の前はシロギスの豊漁!! 昨日、茅ヶ崎の沖右エ門丸からシロギスを狙って行ってきた。結果は、15〜23センチを73尾ゲット。お付き合い頂いた池田誠さんは、この道のトップに通じる方で、この日も喰い渋る中、実に140数尾をゲットしたから驚きである。  小生は投げ釣りマンの心情として、沖で沢山釣られてしまうことに不快を感じる一人ではあるが、船釣りには船釣りマンの世界がある。・・それこそ、道具立てからエサ付け、サビき方、乗せ方、取り込み等の一連の所作に万全で、一部の隙をも見せず心血を注ぐ釣り…

Loading

消えてしまった西湘・二宮海岸の砂浜

西湘二宮インター付近 60数年の人生の中で、これほど衝撃的な事件に出会ったのは初めてである。有史以来存在していたであろう西湘二宮海岸の砂浜が、9月7日の台風9号の荒波によって突如消えてしまったのである。 長い、長〜い歴史の一ページがたった一晩でめくられ、美しく、白砂で覆われた二宮海岸はもうそこには無い。これから静けさが続きさえすれば、時間は掛かろうが再び砂は取り戻すだろう。・・そんな楽観論もある。しかし、同時にそんな補償は何処にも無い。 私にとって、幼少期から青年時代に遊び学んだ自然学の場…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ