カワハギ釣りに行ってきました

投稿日:

 過日の「和竿でカワハギを釣る会」での感触が残る中、再び三浦半島小網代の丸十丸からカワハギ釣りに行ってきた。 高校時代の同期会の準備や息子の7回忌を控え何かと落ち着かない時、実は、我がカワハギ釣りの師匠久保秀一さんから、こんなメールが届いたのだ。 「突然ですが、明日丸十に行こうと思っています。仕事に追われて和竿の大会の時から竿を持っていないのです。丸十では、30、40尾は当たり前、50を超える勢いでカワハギが釣れていますよ!! 明日の天気予報では日中は晴れ、凪ぎも良さそうです。汐よしの竿に良い想いをさせて見てはいかがでしょうか?」・ ・・と、言うものだった。  勿論即決定したが、それは最後の言葉に更なる刺激を覚えたからで、気持ちがぐっと乗ったのであった。・・小生が和竿師の「汐よし」さんに誂えた竿は、未だ使いこなせてないし釣果も上げてない。竿が可哀そうだから魂を入れてやれ!っと、言っているのである。 そして、昨日行ってきた。天候は曇っていたが爽やかな日和で海も穏やか。胴の間に師匠と並び、窓から顔を出す船長の取り留めの無い話を聞きながら、大いに釣りを楽しんだ。 船客は10人ほど、事前情報どおりとは行かなかったが、皆、それぞれに釣果を得、静かな釣りを堪能することが出来た。 それにしてもカワハギ釣りは難しい。新しい和竿、新たに買い求めた両軸リール「ミリオネアICV]には少し慣れたものの、エサのアサリを正しく付けるには相変わらず手こずった。 それに、人の仕掛けには何やら、やたらチャラチャラとした飾りが付けられている。そのおびき寄せ道具に誤魔化されるのか、お利口さんと言われるカワハギはどんどん釣られて居るのだ。投げ釣り仕掛けのように、シンプル イズ ベストは、このカワハギ釣りには通じないようだ。  そんなことから、最初の頃はやたら他人の道具が気になってしょうがなかった。同時に、周りが釣り上げるたびに気持ちが萎えていくのだった。 まあ、しかし、じっくりと研究しながらの釣りは出来たと思う。人よりも数も型も劣ったが、途中から無心になったのが良かったのだろう。・・多分、平均点には達したと思う。 終わっての帰りがけ、「・・・もう少し、授業料を払うことが必要のようですね!」との、師匠の言葉も素直に聞くことが出来た。・・これからも、一緒に通いましょうと言う嬉しいメッセージでもあるのだ・・。  そう、どんな釣りでも難しいから挑むのであって、残された我が釣り人生の中で、果たして、このカワハギ釣りがその域に達っするかどうかは分からない。しかし、新たな挑戦にむけた「生きがい」を見つけたことは事実である。





-未分類

執筆者:

関連記事

「ぽっ君」発売です!!

15〜30号まで勢揃い 根越しの魚を根を避けて、海面に浮かして取り込みたい。グッと引けば、海面まで直ぐに浮上するようなウッドシンカーが欲しい。 そんな希望に応えて鱚介のウッドシンカー「ウッドガン・スリム」に、新しく「ぽっ君」が加わりました。  遠投でもチョイ投げでも、ぐっと引けば「ポックン!」と海面まで浮き上がる。そんなイメージをもって「ぽっ君」の愛称をつけました。 使用感では鱚介テンビンとの相性が良く、サビキは思いのほか重さを感じるもののアタリはこれまで以上に明確さが増す。 ・・・そして…

工房10年を思う&タックル・アドバイザー

刺繍ワッペン お陰様で、趣味が高じて始めた零細鱚介オリジナル工房が早10年を迎える。これも安くは無いタックルを使って頂ける方が有ってのものと深く感謝する次第です。 経営状況は?と問われれば、[売上代金=原材料購入+新製品開発+運営管理/事務諸費] ⇒[商品製作⇒販売⇔購入釣人+サービス還元⇔自己満足±労賃報酬無し=儲け無し]と云ったところである。・・・が、今のところ、適度なエネルギーで順調に展開できているのかな〜と、思っている。 〇〇上りに、儲かる商売など出来る訳ない!と言われる方が居る。…

スピニング・カワハギ和竿の初おろし!!

初おろしで初物が・・ 昨日、今シーズン初のカワハギ釣りに行ってきた。今月23日に三浦の丸十丸で開かれる「和竿で釣るカワハギの会」の試し釣りを兼ねてである。 この「カワハギの会」は、日本の伝統工芸から生まれた「和竿」を使うことが条件で今回で7回目を迎える。 既に100名限定の参加申し込みは早々に終了しており、準備に追われているさ中での釣りだった。 大会には、工房から船用の小物竿置きを賞品として出させてもらっているが、何と言っても目玉は、それこそ高価な、世界でたった1本という「カワハギ用の和竿…

西伊豆 仁科大浜に遊ぶ!

私の?釣果です!! 1年振りに、角田清志さん、三上昌宏さん、中村英子女史と4人で仁科大浜で遊んできた。  この時期となると大型数釣りが忘れられない角田清志さんからのリクエストで、熱川海岸を予定したのだが、・・・・今年はずっと荒れ気味で、全く釣りになっていない。 8月に入って2度ほど釣行したが、同行の和田さんが大堤防から1尾を釣ったのみである。 更に、この一両日もまだまだ海況は悪いままである。ならば、どこに行こう?? ・・ともかく、伊豆一帯は海水浴の方も盛期で、安心して竿を出せないし、様子見…

「真打ち−アグレ09」新発売です!

「真打ち−アグレ09」 鱚介テンビンの「真打ち」に、アグレッシブ(攻撃的、侵略的、積極的なこと)を意識した、新しい形の「真打ち−アグレ」が完成し、この度発売にこぎつけました。 「真打ち」をお使いの方から、「真打ち」は余りにも感度が強く外れる率が高いのではないか?・・・との疑問が時々寄せられます。どのテンビンであっても、そうした外れはあるのですが「真打ち」はその微妙なアタリですら伝えてしまう特性を持っています。 ・・・テンビン本来の役目は、そうした微妙なアタリでさえヒットさせるのが理想なのだ…

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ