高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2019年12月26日(木)

相模川河口で、ヒラメ:52p!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

52pヒラメ・げっと!

 毎年、キスの投げ釣りで、キスの天敵であるヒラメを何尾か釣っているが、今年は何故か無かった。・・でも、暮れも押し迫った今日、やっと大物一尾を退治した・・。
 このところ、ずっと通っている馬入川河口の1色付近である。大きさは52pと立派なもの・・。まあ、嬉しい外道ではあるが・・・。
 
3色付近でキスのアタリがあり、上げてくる途中に、ガッツン、グィーンと来たのである。
 多分、付いていたキスを狙ったのだろうが、釣り上げて見て分かった、5本バリの一番下の先バリがしっかりと口元に掛かっていたのである。

 これまでも、キス仕掛けで何尾も大物を上げているが、今日も上手くいった。
 因みに、ハリは鱚介アブミの6号、エダスはホンテロンの08号4p、幹イトはドイツナイロンの2号である。
 
 よく、どうして、こんな細い仕掛けで上がるのか?と聞かれるが、これは経験から得たコツがある。

 先ず、竿が軟らかいこと。・・・今日使っていたのはシマノのキススペシリーズの中で一番柔いFX+である。
 二つは、長仕掛けであること。・・・最近のキスは長仕掛けが良く、今日も使った仕掛けは、スナズリ上部から先端バリまでの長さが3.5メートルだった。
 
 ・・・竿が軟らかく、仕掛けが長いと、勢いよく引っ張られても、大物であっても、そこにクッションが生じ、伸びと云うか遊びがあってハリが折れたり、伸びてしまったり、或いはラインが切れたりするトラブルの確率が下がるからだ。

 後は、巻取りであるが、緩めずに少し強引でも良い、一挙に同じ速度で巻き上げる。そして、寄せる波に合わせ、波口を乗り越えさせるのだ。
 大事なことは、竿は立て、ヒラメの頭を真っすぐにこちらに向けさせることだ。・・極端に言うと、波間に頭を出させるように、海面を滑らせるように、抵抗を無くしながら上げきるのである。
 頭を下に向かせたら、即、ヒラメは潜り、砂底にへばり付いて動かなくなってしまう。・・大概の人はそこでバラす!!

 波口迄来た時、運悪く引き波に当たってしまっても、ヒラメの頭を上げさせていれば、波は体の下を流れ、逆に抵抗なくヒラメの体を浮かせてくれる。

 ・・・で、最後、波が引いた後にヒラメはピタリと砂地にへばり付いて動かなくなる。ここで無理をしてはいけない。無理に引っ張れば、ハリが折れたり、ライントラブルが起き、ヒラメは自由の身になって、次に差してくる波に、もんどり打って帰って行ってしまうのだ。

 そんな時、誰か傍にいれば、大体は蹴り上げてもらう!・・実は、今日もそうだった!! 佐藤さん、ありがとうございました!!!


Posted by 高澤鱚介 at 16時22分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年12月22日(日)

相模川河口のキス!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今日の我が釣果

 神奈川県の中央部に位置する相模川、河口部を馬入川と言う。台風などの大雨では激流を被る河口だが、静かな時は、一帯は広い砂州が広がる。

 昨日、今日、ここにシロギスを狙って出かけてきた。昨日は、静岡県磐田市から来た鱚介工房のお客さんを案内したのだが、共に数尾の貧果だった。・・もっとも、食いが立ち始めた頃、小生は所用があって引き上げたからでもあった。
 帰り際には、3連、4連の姿もあり、地元仲間は皆、相当に数を釣ったようである。

 ここ馬入川河口は12月に入って、海、川の状況が落ち着いてから大型が数釣れる。今年は遅れており、やっと、今頃になって釣れ始めたのである。

 そして今日、午前中に22尾と言う釣果を得た。多くの方は、今頃の季節であれば、さぞ「遠投!」だと思われるだろう。しかし、食う距離は3色以内が本命である。・・時には浪口、チカラ糸で来ることもある。
 近場でのアタリは凄い、一尾食わせて、後食いをドキドキしながら待つ・・。長仕掛けに、間を置きながら、波口に大きい姿をが連で来る・・・。何ともたまらない、投げ釣りの妙味を感じさせてくれるのだ!!

 エサは、ジャリメ。例年のように、青イソメや岩イソメでは食わないから不思議だ。また、河口だが根掛りは少なく、時にはヒラメなどの大物外道も掛かることがある。

 この数日の状況から、今後、益々上向き???…と、思うのだがどうだろう? 暫く通ってみたい!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

4連が・・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

3連が・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

釣り人は少ない

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大きいのが2連で!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

そっと覗いてみた!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

このバッカンにも!


Posted by 高澤鱚介 at 14時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年12月18日(水)

下田湾のキス [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

3人の釣果でした!

 久しぶりに南伊豆下田湾に、何時もの釣り仲間と行ってみた。行きの車中から眺める海は実に穏やかだったが、下田では強い南風が吹きつけていた。
 昔来ていたころは、天候の状態に合わせて、湾内の如何様な釣り場でも選べたが、最近は釣行が少なく、変わってしまった釣り場に少し困惑した!!
 ・・止む無く、下田魚市場に近い新しく南に伸びた船着き場に行ってみた。ここでは背からの風は受けるが竿は出せた。

 ちょい投げ、3色手前で、まあまあの型がポチポチと釣れた。しかし、風はますます強くなり、結局11時で切り上げざるを得なかった。

 実は今日、カマスも釣りたかった。伊東港、川奈港、下田港で釣れ始めているとの情報があったのである。だが、下田は8日まで釣れたが、それ以降今日もダメとのこと。
 
 川奈は、今日は最高で7尾で決して良くは無いとのことだった。昨年、カマス釣を教えを戴いた地元釣師たちに会い歓談・・。
 結局、エサとして用意した「キビナゴ」は使わずに、大事に持ち帰った。冷凍庫に保存し、近々もう一度行く積りである・・・。

 しかし、悔いはない。小生の本命はあく迄もシロギスである。・・・下田湾が、冬の釣り場として未だに健在であることが確かめられたのは、大きな収穫だった。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 16時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

暫し休筆します

暫し休筆します

今は、アジサイの花が・・

今は、アジサイの花が・・

久々のアタリを楽しむ!!

久々のアタリを楽しむ!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.