高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2018年01月04日(木)

湘南銀ギス! 今期第1号 ゲット!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 何もせず過ごした正月3ヵ日、少し腹回りが増えてしまったようである。これ以上のダラケは我慢できない。
 明日は茅ケ崎海岸に行こうと、昨日、小田原市酒匂の宮嶋屋釣具店に行き貴重な岩イソメを買ってきた。
 行こうと決めたら寝覚めは早い。今朝は4時過ぎに起き、朝飯を済ませて5時半過ぎに家を出た。
 まだ暗い茅ケ崎漁港の駐車場に車を停めたが、この頃すでに駐車場は満杯に近い・・。漁港入口にある数軒の船宿は、正月休みの釣り客で凄い賑わいである。

 背負子のクーラーを肩に、手に竿とバッカンを持ち、その混んだ間を通り抜け海岸に沿った遊歩道を東に進む。・・・30分ほど歩き、ヘッドランド東側の釣り場に着いたが、まだまだ暗い。西を仰ぐと富士の上に大きな月が輝いていた。時計の針は、6:05分を指していた。

 6時半ごろ、第1っ投・・。今頃の此処のキスは明るくならないと喰わないことを承知しているのだが、何せ狭い釣り場であるから良い釣り座を確保するにはこうするしかないのだ!

 ・・待っても、サビいても喰わない。後から来た顔馴染の話では、暮れから正月の間はほとんど釣れて無いと言う。ここより反対側(西側)のワンドの方が可能性があると言う。・・確かに、そこは良いのかもしれない。・・4人ほど釣り人が入っていた。

 その言葉に従って移動し遠近探って見た。・・しかし、小生だけなのかしれないが、こちら側も全く気配無し。・・その頃、和田兄さんがやって来た。今上げ一杯だから、落とし初めに喰うと言う。ん・・・ならばと、再び元の釣り座に戻ってみた。
 ・・何と、小生が留守中に、ここに居た二人が1尾づつ釣ったと言う。迷ってはダメ、初心貫徹だよ!・・と、言われてしまった。
 さっきからフグが多く、傷んだ仕掛けを5本バリに替え、岩イソメを付けて3色に投げて見た。・・そっと、2色までサビいたところで止めて待ってみた。

 同じような釣り方での3投目だった。・・・やっと来た!

 少しアタリが弱いが、確かにキスのアタリである。・・上げてみると18p級が付いていた。・・釣れない最中に、兎も角1尾のキスの顔が見れたのだ!!
 ・・・2018年、平成30年の初物である!!

 その後、和田兄さんにも・・。それは大きく、21センチくらいであった。
 数投後、共にキスの顔を見たところで、早めに終ることとした。

 ・・さて、ここの「湘南銀ギス」はまだまだ居ると見た・・。明日も行く予定なのだが、奴ら、全部釣り切ってしまった!・・などと云われないように、もしかして他の釣り場を目指すかもしれない・・。
  

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

和田兄さん21センチ

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今日の釣果2尾!!


Posted by 高澤鱚介 at 12時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月25日(月)

マダ、残って居ました!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

今日の釣果

 今朝早く、雨の上がった茅ヶ崎海岸に行ってみた。昨日の日曜日はかなり多くの釣り人が入り、釣果の方も良かったと聞く。・・釣りきってしまったか、雨で冷え込み、もう去ってしまったかもしれない??
 そんな中での釣りであった。・・だが、早朝こそダメだったものの、明るくなった7時頃から良型が喰い始めた。相変わらず2色ラインで食い、2連3連と追い食いもあった。・・エサは岩イソメだった。

 この日は小潮で9時半頃が満潮の釣り日和である。しかし、早朝静かだった海は、低気圧の影響が出始めたのか段々と高くなり、ウネリとなって荒れ始めてしまった。・・・寄せる波に座を追いやられ、9時頃には石積み堤防まで下がらざるを得なかった。

 ・・・その頃には、海岸線に沿った沖合には多くのサーファーが増え始め、やがて喰いも止まってしまった。
 でも、早朝から8時半ごろまでの約2時間に喰い盛ったお蔭で20数尾の釣果を見た。

 昨夜来の雨と今日の荒れでキスは去ってしまうかも知れないが、急には居なくはなるまい。まだまだ期待しており、当分の間、諦めず探ってみたいと思って居る。



また、一言・・・。
 今日は地元の釣り人ばかりだったが、聞くところ、昨日の日曜日は外来者で大変込み合ったそうである。釣果の方も可なりあったらしい。
 実は、それはそれで良かったのだが、マナーの悪さが目立ったようで、それを非難する声を聴いた。
 
 先行していた地元釣り人の近くに、何処かの釣りクラブ員らしき者が座を取った。それは良いのだが、釣れているその側に、段々とそのクラブ員の仲間であろう何人かが集まり、その小場所を占領・・。重なるように入り込み、更には、後ろから被せるように投げていたそうである。・・当然仕掛け絡みが生じていた・・。
 
 分りやすく言うと、釣り場の一番奥は石積み堤防が張り出しており、その先端狙いにポイントがあり、その奥側は根掛りゾーンなのである。
 言うなれば一番奥に先行者が居たら、その右奥に入るのは遠慮すべきだし、重なり合った後ろから投げるなど、とんでもないことである。
 囲まれてしまった先行者の中には、すごすごと場所を去った者も居たそうである。

 いつも思うのだが、一人の時の釣り人は紳士的であるが、何故か仲間内が集まると豹変する。・・ゴルフは紳士のスポーツだと云われるが、投げ釣りの方も是非そうした評価を得たいものである。 

 

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

地元ベテラン富田さん!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

朝は静かだったが・・


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

荒れが・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

座を後退・・


画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 16時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月23日(土)

小出川のハゼ終了か・・?? [釣りを楽しむ釣り]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

今季最後のハゼ!

 今日は、茅ケ崎海岸の大キス爆釣を遠慮して、終盤を迎えた「ハゼ」の様子を見に行って見た。
 早朝から約2時間、先日大きいのが釣れた小出川下流域の赤橋付近を丹念に釣ってみたが、大1尾、小4〜5尾のみだった。
 深場に落ちたとも考えられ良く一緒する、北野さん、佐藤さん共々相模川本流を少し遡った深場を探ってみた。しかし、そこにはフグだけでハゼの姿は全く見えなかった。

 川の水温はこのところの寒さでかなり冷え、今後さらに冷たくなることから、これからは益々ハゼは居ても口を使わなくなる筈だ・・。
 ・・どうやら、今期の小出川のハゼは終了とみてよいだろう。また、来年を期待しつつ、使った道具を手入れし仕舞うことにした。
 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

宗像さん!!

 ハゼの終了を確認した後、茅ヶ崎海岸でキスを狙って居る和田兄さんの様子を見に行ってみた。
 小さいワンド状の砂浜には、ウイークディには見られない多くのベテラン投げ師が隙間なく並んでいた。

 和田兄さんは一番奥側の定位置で、女性投げ釣り師の宗像さんと並んで釣っていた。
 兄さんのバッカンを覗くと、何と大きいのばかりが入っているではないか!・・24pが2尾居ますよ!・・と、満足そうな笑顔がこぼれた!!。
 
 宗像さんは、左手の方に居たのだがダメで、ついさっき、ここに移動させてもらったとのこと。・・既に大物を3連でゲットしたと言いつつ、来ました!来ました!と言いながら、目の前で23pクラスを手にした。・・写真がそれであるが、その後も3連で来ました!!・・と、大いに釣れ盛っていた。

 周辺の様子を見ていたがボチボチだが釣れて居る。中には、4連、3連と多連掛けする姿もあった。
 
 まだ、この分なら当分楽しめそうだが、小生は明日は「餅つき」に呼ばれているので休み、25日から再度挑戦したいと思って居る。・・が、それまで大キスが残って居てくれれば良いのだが!!

Posted by 高澤鱚介 at 14時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

虎斑竹のハリ抜き!!

虎斑竹のハリ抜き!!

ハリ抜き?ハリ外し?を造る

ハリ抜き?ハリ外し?を造る

オーロラ:仕掛け!

オーロラ:仕掛け!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.