高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2018年09月26日(水)

湘南オープン 第5回 投げ釣り大会のご案内 [釣りを楽しむ釣り]

太公望の皆様へ
                   湘南鱚粋会
                   湘南オープン 第5回 投げ釣り大会実行委員会

 金木犀の香り待ち遠しい今日この頃、皆様におかれましては益々御清栄のことお喜び申し上げます。
 これまで多くの皆様にご参加をいただきありがとうございます。おかげをもちまして、この度、鱚釣りを楽しむ太公望の皆様との交流をさらに深めるため湘南オープン第5回投げ釣り大会を下記の要領にて開催する運びとなりました。昨年に引き続いて今年も12月の開催となりますので、2018年の締めくくりに相応しい大会となりますよう実行委員会一同努力してまいります。
 湘南の海を愛する投げ釣り愛好家の御友人へ声掛けの上、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。 季節の変わり目です、お身体にはご自愛ください。

   ■開催日・・・平成29年12月9日(日)
   ■集合場所・・大磯港県営駐車場
   ■集合時間・・6:00 集合 受付開始(例年より30分遅くしました)
   ■開会式 ・・6:30頃予定
   ■競技内容・・開会式終了後〜11:00 総尾数(ハリ数は5本以内)
          トリオ戦(当日抽選で決定)・個人戦および大物賞、レディース賞 
   ■競技場所・・大磯海岸
   ■参加費・・・1,500円
   ■参加申込み・・湘南鱚粋会会友若しくはメールでご連絡下さい。     
(shounan_kisuikai@yahoo.co.jp)

        申し込み締め切り 11月3日(土)
 
※住所、氏名、年齢、携帯電話、アドレス、所属クラブ等を添えてください。
※本大会における事故・障害等について、当会は一切負いません。
※津波、地震等については、お互いに注意し自己責任で願いします。
※天候不良等があらかじめ予想される場合は、事前に大会中止を決定する場合があります。大会前日の正午までに中止を決定した場合には、メールまたはブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/shounan_kisuikai)にて、お知らせいたします。                                                    
                               以上

Posted by 高澤鱚介 at 17時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月17日(火)

一歩、期待高まる!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 今朝は、5時丁度に第1っ投!!  南の風が少しあったが、海は穏やか!!
潮は中潮で、満潮一杯が午前7時15分(芝浦標準時)である。・・・茅ヶ崎海岸は30分位のズレがある。
 ・・・間もなく潮止まりとなるが、ここは狙い目だ! 潮止まり寸前の喰いは期待できる・・・。

 居ました! ・・・4色から3色にサビいたあたりで、ガッツンっと!!。潮止まりが近づきつつある中で、就餌距離も近づき、潮一杯の頃には何と2色で来た!

 釣り仲間は皆ベテラン、この時ばかりは真剣なまなざし・・。久々の良型が、そのひと時を十分楽しませてくれたのだった。

 潮止まりを迎えた午前8時頃、・・・終了。

 小生の釣果は8尾。・・仲間3人を加えると、何と24尾の大漁だった。・・・型は良し、アタリは良し・・。ただ、相変わらずフグが多い浜だった!!

 エサはジャリメ、アオイソメともに良かったが、ジャリメは一匹付けするより、頭を取っての短めが良いような気がした。アオイソメは2センチくらいに切った、チョイ掛けが良かった。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 13時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月16日(月)

茅ケ崎の海岸も釣れ始めてました!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

七色に輝く湘南銀ギス!!

 早起きして、相模川に架かる湘南大橋を渡って、茅ヶ崎の海岸に行って見た。

 まだ、濁りは若干あったが、ここも盛期を迎えた夏の海だった。キスも居そうである・・・。

 さっそく支度を整え、ジャリメの一匹付けで4色に投げて見た。・・確か5投目だったかと思う。掛かってきたのは3色、型もマアマアサイズだった!
 
 エサはジャリメの一匹付けが良いと思ったが、青イソメでも喰い付きは良さそう。・・隣の方は、赤青イソメ?でも、青イソメでも変わらないと言っていた。

 ただしかし、兎も角フグが多い・・。投入ごとにハリ数は減り、流石1本残りでは寂しいので新しい仕掛けに変えざるを得ない。・・・補充したハリは20本くらい。代えた仕掛けは6掛けだった。

 今日は緩い南の風が早朝から吹いていた。・・涼しい釣り場を離れるのは残念だったが、今日も帰ってからの仕事が待って居る。・・・止む無く、10時で止め帰宅した。

 長らく休んでいた釣りだったが、この2回の釣行で、すっかり目が覚めたような気がする。帰りがけ、何時もの「浦田釣具店」に寄って、明日使うべくエサを買ってきた。

Posted by 高澤鱚介 at 11時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

徳島鱗友杯に参加!!

徳島鱗友杯に参加!!

「竹シンカー」造り人 判明!!

「竹シンカー」造り人 判明!!

下北半島・恐山参拝と精進落とし

下北半島・恐山参拝と精進落とし

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.