高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2019年02月07日(木)

カマス・・ウキ釣り! [釣りを楽しむ釣り]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

カマス釣り!

 湘南からキスが去ったとみられる中、伊東市川奈の「いるか浜堤防」で「カマス」を釣ってきた。
 
 今回で2回目だが、きっかけは1月にこのイルカ浜小堤に釣行した時、キスはダメだったが、多くの方が「カマス」を浮き釣りやルアーなどで、大きなヤツをかなり釣っているのを見たこと・・に始まった。

 以降、1月30日に初挑戦で4尾をゲット。このカマスのウキ釣りは全く初めての釣りだから、道具から釣り方まで全くの素人・・・、何となくの聞きかじりで支度を整え、出かけたのだった。案の定、この日も他の方はどんどん釣っていたものの、小生にはさっぱり。・・・でも4尾も?釣れたことで、すっかり火がついてしまった。・・・と言うのが正直なところだ。

 その日、川奈の石黒釣具店に寄り、カマスコーナーなる所で道具を知り、ウキ、ハリ、ハリス、オモリなど数点を購入してきた。

 そして今日、一応は、らしき支度を整えての再挑戦だったのだ。明るみ始めた頃、イルカ浜堤防に着いたが、既に多くの釣り人が・・・。空いた所に入れてもらい、釣りを開始した。
 エサはキビナゴの塩漬け、浮き仕掛けは投げてもそんなには飛ばせない。多分30〜40メートル位いだろうか。しかし、立(ウキ下)が分らない。・・取り敢えず、3ひろ(4〜5メートル)位にしてみた。

 それでも、何とか3尾をゲットしたのだが、小生のオタオタした釣り姿に心配してくれたのだろう、隣の地元ベテランさんが声を掛けてくれた。

 ・・いやはや、矢張り知らないことは素直に教わるものだ!! 一つづつ、教えが重ねられる毎に1尾、また1尾と釣れたのである。・・結果は、昼迄やって、何と16尾も・・・、初回の4倍も釣れる大漁だったのである。(実は地元のベテランさん等はそんなものでは無い。40〜50尾も釣っているのである!!)

 いろいろ教わった今日を思い返すと、浮き下(立ち)の長さ、ハリスの長さ、ハリスの太さ、オモリの付け位置、エサの付け方、浮きの流し方、合わせ方、飲まれたハリの取り外し方等々、さらに別の地元ベテランさんからは、絡みは「かまらん棒」と言うものがある、これを付けて見なさいな!と、一つ頂いてしまった。

 小生、投げ釣りでは講釈もタレ、教えることは出来ても、こんな親切丁寧に教えたことは無い。川奈のベテラン釣り師さん等からは、そんなことまで教わってしまった。

 帰りがけ、丁重にお礼は述べたが、その際にも、どうぞまた来てください! 次来るときは今日の倍は釣れますよ!!と、にこやかに見送ってくれもした。

 どうかすると素人の割り込みは、地元集団から嫌われる存在であることは承知している。しかし、今日出会った川奈のベテランさん等は全くそんなことは無かったし、小生以外にも親切に教わっている姿も見かけた。
 今日は、何ともすがすがしい気持ち良さを憶える釣行であった。お名をお聴きしなかったが、ありがとうございました!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

並んだカマス釣り師

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

エサのきびなご

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

釣果です

Posted by 高澤鱚介 at 16時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月29日(火)

遂にオデコ!南風は水温を下げる? [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 昨日は南の強風が吹き大荒れだったが、夜間からの北風によって今朝は波は消え若干濁りがあったものの、波は穏やだった。・・・兎も角、今季の終了を確かめたい一心で、何時もの茅ヶ崎海岸に行ってきた。

 7時過ぎに海岸に着いたが、流石、こんな日は釣り人は居ない。海岸中央部、昨日24pが出た場所に座を置き、9時少し過ぎまで狙ってみた。・・・残念ながら、キスの顔は見られず、フグばかり・・。5本バリ仕掛けを数掛け消耗し、引き上げてきた。・・・昨日の南西の風で、水温がかなり下がってしまったような気がする。

 これで今季は終わったと見て良いかもしれない。・・が、しかし、更に天気が続き波が穏やかになれば、マダマダ、一尾の顔を見ることくらいは出来るような気がする。・・・後、何回か確かめに行きたいと思っては居る。・・のだが、どうだろう?


 話しは変わる。長い湘南での投げ釣り経験から釣季が終了する頃の「初冬の海水温とキスの喰いの関係」に、一つ感じて居ることがある。・・科学的根拠がある訳では無いので、他の方からの反論などは受け応えられないが・・・。

 冬場の湘南海岸で受ける北風は冷たい。同時に、時折吹く南風、西風でも決して温かくは無い。それを前提として言うのだが、多くの方は「冷たい北風が吹くと沿岸の海水温が下がり、キスは口を使わなくなったり、深場へと遠ざかる。」と思ってる。同時に「南風が吹けば温かい潮が運ばれ、水温も上がって釣れるようになる。」と思い込んでいる方も居る。・・・確かにそうだが、それは少し長い季節で捉えたものだと思う。
 ・・・初冬の頃、釣季終了の頃は、果たしてそうなのだろうか?と言うのが小生の疑問なのである。

 冷たい北風が吹き付ければ、海面表層部は当然水温を下げることになる。それは当然なのだが、だからと言ってキスの棲む海底まで一挙に冷やしてしまうのかと言うと、それは疑問である。
 何故なら、その冷え込んだ表面水はそこには留まらず、沖に向かって流される。すると、それに引っ張られるように、底に貯まっていた暖かい海水が波口に向かって近付いてくる。それによって、マダマダキスは口を使ってくれるのだ。
 更に時間が経つと、波口の温かい海水は、反転し表面に出てくる。これが繰り返されることで全体の水温が下がり、投げの釣季は終了するのだろう。

 一方、南風、西風はどう影響するかと考えると、決して温かくない風は、北風と同じように海面表層部を冷やしながら、そのまま岸に向かってくる。その冷たく冷やされた波口の海水は底に向かって反転し、沖合に向かって流れ、釣り場全体を冷やしてしまう。だから、キスは一挙に釣れなくなってしまう。・・と考える。
 ・・・こう考えると、冬場の南風、西風は、北風よりも投げ釣り環境を悪化させると言う事が納得できるのである!!

 

Posted by 高澤鱚介 at 09時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月28日(月)

ヒネ1尾・・24pでした!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

体に傷が!

 昨晩の天気予報では、今日は10時頃から南風が吹くと伝えていた。ならば早めに行こうと思ってたのだが、色々あって海岸に着いたのが午前8時を過ぎてしまった。

 4人ほどが既に竿を出していたが、未だ誰も釣れて居なかった。室内、室温で飼ってあった元気なジャリメを、5本バリに付け釣りを開始する・・。
 
 2投目だった。・・2色半で強烈なアタリが入った。アタリの感じから大物を感じたが、連掛けを狙い暫く置こうと一呼吸したときだった。付いていたキスが暴れた!! ・・もしや??

 上げてみると25センチに届くヒネだった。良く見ると、もしや?の通り、体に傷がついていた。ヒラメかマゴチに襲われたのだ。

 まあそれでもキスの顔が見れたことは気分が良い。・・・でも、良いことは長続きはしないもの・・。それから数投した頃、遥か沖合に風波が立ち始めたのだ!
 あと10分後には南風が襲ってこよう。・・・その気配から、皆一斉に道具の撤収に掛る。

 最近の天気予報は本当に良く当る!! ・・・まもなく風波が立ち、ウネリも出始めた。
 ・・・時刻を見ると、午前10時03分だった!!

Posted by 高澤鱚介 at 14時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

ウキ造り 第2弾

ウキ造り 第2弾

カマスのウキ造り!

カマスのウキ造り!

カマス・・ウキ釣り!

カマス・・ウキ釣り!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.