高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年07月09日(日)

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2 [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

チョイの間の釣果

今、釣り場から帰ってきた。・・暑い!!

今朝は早く、午前4時半には海岸に着いたのだが、なんと昨日釣れた場所には既に数人が入っていた。昨日、西側に居た連中で、情報を知っていち早く来たのだろう・・。釣りとはそれがあり、・・なのである!!

 止む無く海水浴場を仕切るブイのすぐ横に入らせてもらった。支度をし、さてエサを付けるべくエサ箱を開けて驚いた。全てのジャリメがくたって居たのだ。昨日洗った時、海水が多過ぎ、おまけにクーラーで冷やし過ぎていたのだ。
 時折やる失敗である。長年やっていても、こんなことは有るものだ・・。

 海水で何回も洗い、動くヤツだけを選んだ。・・もうすっかり気が失せてしまったが、兎も角、今日は東京スナメは持ってないし、ジャリメで勝負しなければならない。

 3色まで数投したが、アタリは無い。また、数人いた先行者もダメな様子だった。
 一層のこと、昨日、大勢が居た場所が空いていたので、急ぎそこに移動した。
 ・・・そして数投後、やっと1尾が・・・、20センチの良型だった。
 喰った場所は2色であったが、その後に来た2尾目、3尾目は、1色~チカラ糸だった。
 
 ふと思ったのだが、生きの良いジャリメであったら、もっと釣れたような気がする。・・エサの選びは大切だが、今の時期、矢張りジャリメ、東京スナメの両方を用意した方が良いだろう。

 潮が引き、時合も過ぎ、マリンスポーツの客も増え始めた。今日はジャリメを試すことだったので、これは十分に効果ありと確認できた。
 暑くならないうちにと、今さっき、引き上げてきたのである。
 

Posted by 高澤鱚介 at 08時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年07月08日(土)

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ! [釣りを楽しむ釣り]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

今日の釣果!

 6時頃、昨日の残りエサ東京スナメを持ってテトラ前に行ってきた。海水浴場となる海域にはブイが浮かんでいる。数日前に入れられたそうである。

 先行している釣り人達は、ブイから遠く離れたテトラ西側にかたまっている。多分、情報があってそこに集まっているのだろう。・・・幸いにしてと言うか、テトラ前はがら空きで、知り合いが一人いただけ・・。
 
 小生、今日は最初からテトラ前の浅場でのチョイ投げと決めている。竿はキャスティズム2.8m、2ピースの竿で、リールはベーシア25である。オモリは景山タングステン20号(単ガンにし、テンビンは「真打ち‐SMAB」)で、仕掛けは例の[08号の細仕掛け]である。

 残りエサの東京スナメは長いヤツが1ッ匹、と短いのが1ッ匹だけである。・・ケイムラフッ素コート6号、3本バリに短く付け、テトラぎりぎり(3色一杯)に投げて見た。

 底はかなり変化がありそう・・、2色サビいたところでグン!としたアタリが入った。・・16pだった。
 居るではないか・・。ただし、2投目には来ない。多分、一か所に群がっては居ないのだ。・・・少しづつ移動し、左右に投げ分けしたところ、矢張りポチポチと釣れてくる。

 時刻は8時を廻った。・・・そろそろ、マリンスポーツ連中のお出ましである。年金を稼ぎ出してくれている彼らに場所を譲ることとし、今朝のチョイ投げを終えることにした。

 遠くの方に居た連中は、全く釣れなかったようだ。・・が、小生の方は期待した通りの釣りで、〆て7尾と大漁だった!! 帰りがけ出会った釣友から「そうですか“東京スナメ”が良かったんですね!!」っと言われてしまった。
 果たして、今日の成果は本当に「東京スナメ効果」だったのだろうか?
 ・・・明日は、もう少し早めに出掛け、ジャリメで攻めて見たいと思って居る。
 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

海水浴場ブイの手前から〜

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

テトラ西側までがチョイ投げ釣り場!


Posted by 高澤鱚介 at 09時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年07月07日(金)

再び酒匂海岸へ! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

20センチの銀ギス!!

 起きるのが少し遅かった。西湘バイパスから眺めた大磯海岸はかなり混雑している。何時もなら、大磯西のインターを下りて国道1号線を戻るようにし、何処かの駐車場所に行くのだが・・。

 ・・・即、大磯海岸は止め、昨日と同じ小田原、酒匂海岸を目指すことにした。国府津インターを下り国道1号線を小田原方面に・・・。途中、行きつけの宮嶋屋釣具店に寄って東京スナメを購入。
 ・・多分、用をなさないとは思ったが、条件は何時変わるか分からない。安心材料の積りでもあった。

 何と、ここ酒匂海岸に、何時も一緒する釣友の和田兄弟が先行していた。昨日の情報を知って、二人して軽トラで来たそうだ。

 昨日釣れた東側の通称「落書き下」は空いていた。そこから少し手前に居た地元釣り師の話では、6色で、数尾釣ったと言う。
 やはり今日も釣れているのだ!! 支度を整え釣りを開始する・・。

 一投目から来た。・・・だが、しかし、後が来ない・・。テトラ近くの釣り人の様子を見て居て気が付いた。チョイ投げでやっているのだ! そんな時、隣の和田さん、丁度2色で来たよ!っと言う。
 既に投げていた仕掛けをゆっくり巻き取り2色に・・・。こっちも2色に入ったよ!!・・そう口にした瞬間だった。・・・グイーンとするアタリが入ったのである。

 以降、間を置いてだが3尾釣った。・・・今日はチョイ投げで釣れるのか?だが、再びアタリが無くなってしまったのである。
 ・・・そう言えば、東京スナメを使っていない・・。5本バリの2本に東京スナメを付け5色に・・・。

 そしたら、来たのである・・。20センチの良型が!! ・・東京スナメの開花であった。それから数投、連続して釣れたのである。交互に付けたジャリメを避けるかのように・・・。

 やはり、エサは大事だ! 残念ながら東京スナメを持たなかった和田兄弟はあまり釣れなかった。・・小生は「細地ミキイト・長仕掛け」の効果もあったのか、10時頃までに8尾をゲット出来たのである。


 
 ここ酒匂海岸は、川寄りはゴロタ石や砂利が多く、キスの居る砂場を見つけないと釣りにならない。ただ、河口近くで釣れるキスの型は良い。余りサビかず、待ちによる大型も期待大である。
 
 川から遠ざかるほど海底は砂であるが、遠近投げて底を探るしかない。特に波口は、砂利がアゴを造っているから注意が必要だ。オモリが根掛かったり、ハリが喰われることが有るので、注意する必要がある。

 更に、東側はテトラポットが砂浜を被っているが、潮が引いた時には、テトラ前の渚に砂浜が露出する。そんな時、潮の見計らいに慣れた地元の投げマンは、そっとその間に座を取って投げている。
 場荒れしてない為、時には大釣りすることもあるが、そこに大波が来たら逃げ場はない。十分熟知した方との同行が絶対条件となろう。 


 明日の大磯海岸は、ある釣針メーカーのキス釣り大会が行われる。小生は、土、日は混雑を避けたいがためそうした所には行かず、早朝の平塚海岸でひっそりと竿を出したいと思って居る。・・・今日使い残した数尾の東京スナメを持って!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

Posted by 高澤鱚介 at 11時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

「W・スライド」 テンビン

「W・スライド」 テンビン

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ!

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.