高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年02月02日(木)

居残りキス? [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

和田春雄さんの22センチ!

 昨日、キス1尾の顔を見たく伊豆半島下田湾に行ってきた。釣り始めて1時間後にはもう南風が吹き始め、11時には撤退せざるを得なかった・・。

 行った先は福浦の下水処理場を囲む長く続く堤防である。だが、この釣り場は狭く、おまけに背に壁を背負っており遠投は出来ない。
 だから、仕掛けをポイントに入れるには、投げる時に場所を移動して斜め投げするしかない。そんな、少し投げの技術が必要な釣り場である。また、釣り場は至る所根掛りがあり、慣れないと幾つもオモリをロスする。

 下田湾は、春夏秋冬何処かで釣れるが、最近は下田港外に波除け堤防が建設され潮の動きが変わったために、以前良かったポイントも変わってしまい、時折行くもののポイント探しに苦労している

 結果は3人で5尾といった貧果ではあったが、共にキスの顔を見ることは叶ったので、まあ、まあ、目的は達成したと云っておこう!!
 
 ・・この頃、磯場や堤防で良く見かける「磯ヒヨドリ」は腹を空かせている。ゴカイ類が好物で、千切れたりハリから外したエサを直ぐ近くまで来て啄ばむ・・。
 この日も、仕掛けを残したままチョット座をはずした隙に、ハリス仕掛けに付いたエサを飲み込んでしまった。・・・そっとハリを外し逃がしてやったが、一旦遠のいたその鳥は再び人懐っこく傍に寄ってきた!!

 もう一つ楽しみにしたのは「河津桜」の開花だった・・。本命の河津川沿いの並木は、未だ全体が赤みを帯びていたものの開花は無く、恐らく来週頃からが見ごろだろう。
 しかし、国道135号線沿いには、既に何本もの桜が美しく開花していた。「陽だまり桜」とでも言おうか、既に伊豆半島のお花見は始まっている。

 一言加えるが、もし河津川沿いの河津桜を観に行かれるのならば、もう少し足を運んで、南伊豆町の青野川河岸のカワズ桜をお奨めしたい。・・・未だ木は若いが、広い空間に伸び伸びと枝を広げ咲く花は何処よりも美しい。そう感じるのは自分一人のひいき目では決してないだろう。・・・帰りはそのまま西伊豆に進んで西回りで帰れば、車の混みは避けられる・・。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

磯ヒヨドリが・・!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ヒトデも居た!


Posted by 高澤鱚介 at 08時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月05日(木)

伊豆下田湾へ [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

満足な釣果だった!

 平塚海岸での釣れない釣りに少し飽きてしまった。恐らく、昨シーズンの残りギスが何処かに居る筈と、和田さん兄弟と連れだって、下田湾の堤防に行って見た。
 
 一投目、3色でいきなりグィーンと来た!!上げてみると、何と24センチの大物だった!! ・・・この所の釣れずの落ち込みは一挙に醒めたような嬉しさが・・・。
 
 時間は、上げ潮一杯で潮止まり寸前の9時頃だった。それ以降、じっくりと粘った釣りで昼まで竿を出し、ヒネが7尾とピンが2尾だった・・。和田兄弟共々揃ってツ抜けこそ出来なかったが、今のこの寒さの中では上出来である。

 エサは、ジャリメの1ッ匹掛けが良かったが、喰いかけや一度噛まれたモノには見向きもせず、兎も角、新しいクネクネと動く元気なものに分があった・・。

 もう一つ、先日のカワハギ釣りで残ったアサリを、塩にして持って行った。伊豆のシモリがある深みでカワハギを相手に悪戯したかったのだ!・・・実は、その塩アサリで、たった1尾だったが、ヒネが来た!! 大きなエサなのに丸呑みしていたから驚きだ!
 
 ふと思ったのだが、キスが好むのは何もゴカイ類だけでは無い。今年は少し真面目に、貝やオキアミ等のエサを試そうと考えたのである。特に、大物狙いに効果を見るのではないかと思う・・。

 あす、ホームの平塚海岸でも試してみたい・・。ヒョットしてテトラ群の下から幻の尺ギスが!!・・・などと考えてしまうと、胸が高まり、夢が膨らんでいくのは何故だろう!!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ジャスト24センチ!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

鱚介さん


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

和田春雄さん

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

和田満雄さん


Posted by 高澤鱚介 at 17時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月04日(水)

初出勤、初釣り・・・! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

小さいが2連で!           ベテラン釣り師小松さん

 1月4日、サラリーマンに戻ったみたいに、小生も今日から仕事始めである。
 我が職場には、スーツもネクタイも付けず、鞄も持たず、混んだ電車にも乗らないで行ける。おまけに嫌な上司に会うことすら無い・・。また、我が職場は、白砂青松の中、澄んだ空気と水平線まで広がる青い水面に囲まれ、穏やかな渚に立って無心にサオを振る。
 そして給料こそ出ないが、現物支給で新鮮な糧が与えられる。・・・我が職場とは、何時も、そんな素晴らしい環境の中にあるのである。

 
 実は、ホームの平塚海岸での初釣りは既に昨日済んでおり、デコってしまった為に言い難かったのである。・・でも、昨日はお神酒を捧げ、今年1年の豊漁を祈願したのだから、いきなり殺生したのでは神様に申し訳ないから・・・と、そんな言い訳をすればそれで済む・・。

 従って、今日が初釣りであり、仕事始めなのである。・・・して、そんな記念すべき今日、何と3尾をゲットしてしまった。小さかったが、正真正銘の「湘南銀ギス」であった。

 今、この期となって、湘南から西湘の砂浜でキスの顔は見られないと聞く。だが、我がホームでは、未だに時折だがヒネ混りで小ギスが釣れている。
 沢山は無理だが、一人2〜3尾も釣れば、仲間数人分の釣果が集まったバケツの中は賑やかである。
 
 最近、すっかり穴場的な存在になってしまったようで、チョットした情報で見慣れぬ釣り人が多く来るようになった。・・・でも、“誇張された情報”で集まってきた釣り人は皆、大して釣れもしない現実に怪訝そうな顔をして引き上げる。

 今は、釣りが出来ること、ひょっとしてキス1尾の顔が見られれば満足!!・・そんな常連が、苦労しながら何匹かを釣るのであって、ここが難しい釣り場であることを知り、慣れないと中々キスの顔を見ることは出来ない・・。

 一言で云ってしまうと、スポーツ新聞などの誇張された記事を読んで来るような方には、かなり難しいと言って過言では無いだろう。
 でも、1尾の顔を見る難しさを知り、それを乗り越えたいと言うタフガイなら、是非来てみてほしい。・・必ず満足できる筈である。

 暮れから、今日まで、ここ平塚海岸テトラ群前では、大小混りで、良い人で4〜5尾・・。今、静かな日が続いており、水温も17度台で保たれていると言う。今しばらくは期待できそうである。

 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

我が釣果!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

静かな波間!!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

西側には湘南平と富士が!

Posted by 高澤鱚介 at 16時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

今朝12.0度・・今季最低水温か??

今朝12.0度・・今季最低水温か??

半ぶら ウッドガン・メタボの改良

半ぶら ウッドガン・メタボの改良

お薦めできる「キス・スペ 405 FX+」!!

お薦めできる「キス・スペ 405 FX+」!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.