高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2018年05月23日(水)

葉山一色海岸で! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

綺麗なキスだった!

一年振りに、三浦半島葉山の一色海岸に行って見た。未だ、海水浴には早い海岸は穏やかで、かなり期待の持てる波だった。

 海岸左手、沖合100メートルに浮かぶ「亀岩」周辺で大物が期待できるとのこと・・。
 第一投は空振り。第二投目に、18センチほどの元気なヤツが付いて来た。・・・幸先良いスタートだが、こうした時はダメにつながることも多い。

 実は、やはり答えは後者だった・・・。何処に投げようとフグばかり。6号のハリは抵抗も無くなくなる。サビキを早めれば、パーフェクトでフグの吹き流しが出来てしまう。投げる度に失うハリの数は??? 無限仕掛け巻を2つも消費してしまった!!

 まあ、そんなことで、釣友の5尾が頭、次が4尾、小生は3尾、尻が1尾と、全員が貧果で終わった。
 
 この日の水温はかなり低くそれが影響したようだが、今後の気温上昇に合わせ水温も上がり、期待が持てそうである。 ただ、夏場に向かって、海洋スポーツが盛んになり、海水浴場も開設されるから、やるならウイークディの早朝ぐらいだろう。

 また、駐車場は少ない。・・早朝なら街中の有料駐車場か、御用邸前を三浦に向かって直ぐの海岸沿いにある公園に無料駐車場があるそうだ。海岸まで歩いても大した距離ではなさそうである。

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

フグの吹き流し!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

右手早朝の海岸

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

左手

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

投げるのは軽く!


Posted by 高澤鱚介 at 11時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年04月10日(火)

南伊豆 妻良湾で! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大きな綺麗なキスの目玉!!

 3週連続で南伊豆を廻って来た。7日夕刻、子浦の海岸から沖に出た2人乗りのシーカヤックが不明となり、翌日沼津で一人の遺体が上がったそうである。もう一人はいまだ不明とのこと・・。
 
 その日、海域は大荒れだったそうだ。一見、この妻良湾は静かに見えるが、湾口から出た先の外海とは全く条件が異なる。・・彼らは、その静かさに惑わされ沖に出てしまったのだろう。
 
 また、2人乗りのシーカヤックは技量が同じでないと、転覆してしまった時など上手く起きあがれない。ましては大荒れの海ではままならないと聞く。
 以前、三浦のカワハギ釣りで、ボート転覆事故現場に遭遇し、船長の機転で救出したことがある。・・・小型軽量の船舶での海難事故は多く、簡単に起こってしまうそうだ。・・本当に怖いものである!!

 竿を出した昨日も、冷たい西風が未だ吹き止まず、水温も16℃台に下がっていた。午前6時頃、釣り場で先日一緒した富士市の渡辺さんに出会った。この日も一人で来られたとのこと、一投目を済ませたところだが、何ら気配を感じないとのこと・・。

 支度を整え、暫し頑張ってみたが矢張りアタリは無い。止む無く、場所を漁港奥に移動。・・・食いが立ったのは、チョイ投げの距離、1色手前だった。・・・大きくは無いがそこで4尾ゲット。
 海岸砂浜に行った仲間からの情報では、3色位で釣れて居るとのこと・・。直ぐに移動し、約2時間ほど頑張ってみた・・。

 そして、この日の釣果だが、20オーバー3尾を含む計7尾だった。仲間も、それぞれツ抜けることは出来なかった。堤防先端で頑張っていた渡辺さんも4尾と、貧果だったそうな!
 敗因は、水温が低下したこと、小潮で潮の動きが無かったこと。それに寒さが、この日の釣りを一層難しくしたように思えた・・。


 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

地元で可愛がられているエイが!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大嫌いな海毛虫も居た!


Posted by 高澤鱚介 at 06時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年04月02日(月)

型は小振りだったが!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

宇佐美さん

 平塚海岸でよく一緒する宇佐美さんの誘いを受け、南伊豆の妻良湾子浦漁港に行ってきた。
 最近買い換えたと言う、日産の電気自動車「ノート」に乗せてもらっての釣行だったが、この車の走りは素晴らしい。特に、急坂上りのパワー、下り坂のエンジンブレーキなど、想像以上の機能性を感じられた。・・・何れは、こうした車に代わって行くのだろう!!

 午前3時に出て、到着は5時30分。2時間半で付いてしまった。
 先ずは小堤防の先端に行き、チョイ投げ仕立てで開始した・・。一投目から小さいが付いて来た。・・何時もより柔らかい竿だ!・・と言いながら投げた宇佐美さんには20p級が・・・。更に、同じクラスを一荷で・・・。何とも幸先良いスタートだった。

・・2投目をした頃、静岡方面の釣り場で時折お会いする富士市の渡辺さんが一人で来られた。・・・彼も1投めから20センチクラスを・・・。

 ・・・小生、そこで小さいながら3尾、それに大型のメゴチを2尾釣って、場所を移動することに・・・。浜から少し投げようと、カムイの改造竿に取り換えて海岸に出た。

 距離は4色位・・・。やはり小さめも居たが、久々に20オーバーのアタリも味わう。・・・後から入った宇佐美さん、ここでも順調に上げ始めたが型は矢張り小さめで18p級が多かった。
 過日は大きいのが結構入ったが、小生の20オーバーは3尾しか居なかった。・・・でも、アタリは最高、天候にも恵まれ、先日に続いて満足感が得られた釣行だった。
 
 今日は早めの11時に終了。宇佐美さんは12尾、渡辺さんは堤防先端で頑張り、良型の20センチオーバばかり7尾だったと言う。
 
 ここ妻良湾は来る度に、魚の数は増えつつあるが、型は小振りが目立つようになった。・・・ワカメ棚が全て取り払われたころには盛期を迎えるだろうが、ただ、この湾の海域は狭く魚体の数は限られようから、大挙して押し寄せたりせず、釣り方もハリ数など増やさず、1尾1尾を楽しみながら釣ってほしいモノである。

 

 実は、今日、国道136号線沿いの安良里湾に浮かぶ、加山雄三さん所有の大型クルーザー「光進丸」で火災があった。このニュースは午前5時頃、行きのラジオで聞いたのだが、丁度現場を過ぎてしまって見ることは出来なかった。・・・が、帰り際、何時も行く安良里のレストランに寄り話を聞いた。
 一晩中、立上る真っ赤な炎や何回もの爆発音・・・、消防車のサイレン、空には取材のヘリ・・など、兎も角、村中大変な騒ぎだったそうな!
 まあ、と言うか、こちとらとしてもめったに出会えない事件である。弥次馬気分で、対岸の漁港堤から直ぐ先の現場を見てきた。
 まだ、煙が昇り、船は艫を残し、ミヨシは沈みかけている。原因などは未だ分っていないようだが、人への致傷が無かったことは不幸中の幸いだったろう。
 聞くところ、海の男:加山雄三さんは、既に4代目光進丸の設計図が出来上がっているとか・・。新しい船造りのため、老体を労わりながら頑張ってもらいたいものである・・。


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

136号線から!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

漁港堤防から

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

今日の釣果(2人分)


Posted by 高澤鱚介 at 15時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

木粉/大袋入り発売です!

木粉/大袋入り発売です!

ハリ抜き(ハリ外し)発売!!

ハリ抜き(ハリ外し)発売!!

言いたくも、言えなかったこと!!

言いたくも、言えなかったこと!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.