高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2014年06月23日(月)

北陸石川へ遠征 [シロギスギャラリー]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

パトリオットと真打ちがコラボした

 今、注目の投げ釣りマン:吉野海洋君の誘いに甘んじて石川県の羽咋〜かほくの海岸に行ってきた。
 同行は、沢辺学・美雪夫妻と小生の3人。現地は海洋君が案内してくれ、懐かしい大坂正義さんも待っていてくれた。

 20日夜10:30に平塚を出、車は順調に高速道を走り抜け、北陸金沢西ランプへの到着は翌朝5:00だった。
 既に海洋君は待って居てくれ、挨拶もそこそこに能登方面に向け出発。「のと里山海道(旧有料道路)」を北上、なぎさドライブウェーでお馴染みの千里浜を過ぎ、暫く行った先の羽咋郡甘田海岸に着く。
 
 そこに待っていてくれたのが大坂政義さんと友人の八木義廣さん。すでに連掛けを確かめたそうで、場所や距離について説明を受けた。距離は3色以内で、返し波が出ているところが良いと言う。
 確かに、どこにでも居る。しかし、一か所で釣り続けるのでは連掛けを楽しめない。・・・場所を変えつつ、どこにでも、大中小様々が連で釣れ盛ったのである。

 昼食後、かほく市の大崎海岸に行く。階段状の釣り場でも良かったのだが、やはり皆さん砂浜が良い。
 ここは、近場には中小の群れが、遠投では大中が釣れ盛った。…余談になるが、小生にとっては、昨年かほく市が主催した投げ釣り大会にシニアの部で出場し優勝した思い出の深い海岸でもあった。
 
 本当にご当地のキスは何処にでも、誰にでも釣れる。少し残念なのは、来るのが2週間遅かったようだ。それまでは20〜25センチが、数尾ずつ連掛けし、リールの巻き取りが重くてしょうがなかったとも聞いた。

 でも、この日も、時折かかるジャンボサイズのアタリに驚かされ、上げる度に嬉しさがこみあげてきた。

 海洋君が捜しておいてくれた「河北亭」と云う宿に入り、風呂に浸かり、5時半の夕飯を終え、就眠に着いたのは確か7時頃だったと思う。

 
 翌日は小雨降る中だったが4時に宿を出て、昨日の大崎海岸に行ってみた。
 案内では、朝の中は近場で大型が釣れ盛る筈と聞いていたが、どうやらその情報はもう過ぎていたのであろう、大ギスは、遠投でないと無理なような気配であった。
 
 実際に、直ぐに学さんは5色半で4連の大型をゲット。止む無く小生も堅めの竿に代えてみた所、それこそ、8本バリに大中小が鈴なりといったこともシバシバ・・。

 もう十分に釣った・・。という事で、午前9時にはサオをたたみ、北陸道に乗り徳光インターの土産店によって、うなぎ弁当を食べ、土産を買って、帰路についた。
 ・・・帰りの混雑渋滞を避けたく、10時過ぎには再び北陸道に乗ったが、この日はそれ以上に空いており、一度の渋滞にも巻き込まれずに、帰ったのが5時少し前だった。

 嫌だ、いやだと思いつつ、キスの料理に取りかかったが、何と総尾数は136尾だった。小さな奴は放流し、大ハリに大エサで小ギスを避けて釣った筈だったが、こんなにも居たのである。
 二日間喋らなかった、かみさんのお喋りを聴きながら、全ての捌きが終わったのが7時頃だった。

 吉野海洋君を始め、大阪さん、八木さん、石田さん。和田さん、いろいろお世話になり本当にありがとうございました。
 来年はあと2週間早く行きたいとおもいます。・・今から準備しておきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 なお、詳しくは、ぷーさんのブログ「釣りにおでかけ」をご覧ください。

 

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

学さんにいきなりの連!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

夫婦仲良く!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

小生の大き目!

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

海洋君の一場面!

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

大坂政義さんも!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

こんな海岸です

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ぷーさんも!


画像(135x180)・拡大画像(360x480)

大坂さん!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大坂さん

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

記念の一枚!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 11時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年01月22日(火)

ウジュル狙って沖縄へ!! [シロギスギャラリー]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大御所 新垣柴太郎さんと

 すっかり恒例となった年1回の沖縄釣行に18日から21日まで宇都木朗さんと行ってきた。
 また、21日には村越正海さんと合流し、瀬長島の入り江でひと時を楽しんだ。

 連続4日間に渡って全島を釣り廻ったが、残念ながら目標とした30センチオーバーには巡り会えなかった。しかし、23〜25センチクラスには出会え、同行の地元橋本直人さんが29センチと27センチをゲットするなど、ジャンボサイズはまだまだ期待できる沖縄である。

 今回、我が鱚介オリジナル工房の一部商品を扱って頂いている豊見城市の上原釣具店主上原みどりさんを始め、与那勝次さん、橋本直人さんなど、新たに出会った釣友達とも昵懇となり、併せて、南部から北部にかけての新たな釣り場も知ることが出来た。北谷(ちゃたん)や奥間は魅力のある釣り場だった。
 もう一つ、本年4月頃「沖縄の投げ釣りを主題とした釣り誌」が発行されるが、それを主宰する沖縄釣り界の大御所である新垣柴太郎さんにもお会いしてきた。この本は、沖縄のベテラン釣り師・安座間尚さんが主体で釣り場を案内する内容で、27年ぶりに発行される「投げ釣り誌」と云う。縁あって、小生も一筆寄稿することになっている。

 釣り番外は、もちろん飲み食いの楽しみだった。昼は沖縄そばを味わい、夜には、親しくなった釣友達と沖縄料理と泡盛での反省会・・。話も酒も大いに盛り上がり、明日への活力を高めてきた。

 訪ねた沖縄の気候は温暖で、陽射す海辺ではもう半袖の姿も見受けられ、間もなく海水浴の幕開けをするという。
 小生は今、帰宅し寒さに震えているが、心は既に来年に備えた新たな仕掛け作りに動いている。ちなみに、沖縄のキスをウジュルと云うが、釣季は晩秋から早春までで、まるで本土とは真逆である。
 本土のオフシーズに大物ウジュルを狙って釣行できるのは至福のひと時であるのだが、本土とは異なった難しい釣りが要求される。
 小物は別として、狙いはやはり30センチ超の大物である・・。 釣り場は何処を選ぶか、それぞれのポイントをどう攻めたら良いのか、その場に合った仕掛けの長さは? 太さは? ハリは? エサは?・・実に様々な釣技が要求される。だからこそ、沖縄のキス釣りに気持ちが駆り立てられるのだろう。・・が、正直言って今迷いを感じている。

 一つの答えとして、・・ぶちまけてしまうが、次回には、普段本土で使っている仕掛けの中の、少し太めで、少し大きなハリで作ったものを、そのままで使うことから始めてみたいと思っている。
 何故なら、大ギスの警戒心を解くにはそれしかないように考えるからで、今まで沖縄釣行で使っていた「短く太めのラインに大バリ」は、一度見直した方が良いのではないかと考えるからで、それがこれ迄の釣行から得た結論でもあるからだ。
  もう、来年のこと考えてんの?・・・、もしかして、鬼が笑っているかもしれませんね!!。

 今回は、楽しかった思い出を写真に並べてみたが、先ずは4日間、ずっとお付き合い頂いた沖縄投げ釣り界の第一人者である安座間尚さんに御礼と敬意を表したいと思います。また、お世話になった皆さん有難うございました。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

豚の角煮そば


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

釣果1尾のキスの刺身とからげ

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

アシュビーナにて

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ちゃたんアラハビーチにて


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

既にホシが出始め!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

安座間さんに!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

宇都木さんに!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

途中の釣果


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ラスト一発!24.5?が

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

まだ暗い中!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

これが釣れる!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ガザミも!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

29センチの大橋さん


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

辺野古で!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ジャンボサイズが!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

石川ビーチで

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

2色付近で 良く引いた!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

村越正海さんと合流


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

大物か? 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

与那勝治さんと

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

上原釣具みどりさん


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新垣柴太郎さん

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

食堂のメニュー


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

夜の首里城

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

根掛りの一つ

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

これが底を被っている!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

砂ガニも大きい

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

本家宣言!!


Posted by 高澤鱚介 at 15時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年01月27日(金)

沖縄のホシギス釣り [シロギスギャラリー]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

30?の大物ゲット

 今年の初釣は温かい沖縄に、ホシギスを求めて行ってきた。今回は良き案内もあって最長30センチの超大物をゲットしたほか、23〜29センチの大物を何尾も釣ることが出来た。そして、長くも短い3泊4日の釣旅を大いに楽しむことができたのである。

 同行は釣り界で活躍中の村越正海さん。現地では、何時もお世話になっている佐久川政一郎さんが待ってくれ、釣り場の案内は沖縄投げ釣り界の第一人者である安座間尚さんにお付き合いを頂いた。

 先ずは冒頭、この場を借りてお二人にお礼を申し上げたいと思います。一言、ホシギス釣りは「経験豊かな案内が無いととても難しい。」と云うのが今回の印象でした。本当にありがとうございました・・・。

 本来なら、ここに詳しく釣行記事として紹介したかったのだが、未だに肩が痛くキーボードを叩くことが出来ないで居る。(・・物を持ったり、竿を思い切り振っても痛まないのだから、何とも不思議で変な肩痛と云えそう・・・。)

 そんなことで、今回は写真で報告する事にさせていただいた。既に初日から村越さんのブログにアップされているので、それと併せてご覧いただければ幸いである。


 ただ、ホシギス釣りの基本的なことだけは要点を簡略に掲げ以下紹介しておきたい。

 ?静かに待って釣る。 ?エサは地元産の「島ミミズ」を大き目に付ける。 ?ポイントを見つけることは至難。 ?今回釣れた投げの距離は近く1色から4色迄、最大の30センチがヒットしたのは1色だった。 ?オモリとテンビンは、鱚介オリジナル工房のウッドガン・スリム(沖縄バージョンの10〜23号:ロングウッドの9センチと11センチ)、それに沖縄バージョンとして作った直線テンビン。 ?ハリはもりげんのネムリ・キスZ、9号、10号で2本バリ。 ?仕掛け長は150センチ、エダス長は10センチ、間隔は45センチ。 ?ハリスは全てフロロカーボンの2号。 ?竿はダイワのキャスティズム18号−295(2ピース)と、20号−385の振出。 ?リールは18号にはセルテート3500番、20号にはキャスティズム・トーナメント35。


  写真は日毎にアトランダムで掲げました・・。
 

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

熱田での初物は小さかった

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

2色がねらい目!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

村越さん初物

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

確か、27センチ!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

夜、魚が肴に!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

石川での一投には26.5?が!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

安座間さんにも27?が!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

流石デッカイ!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

佐久川さんには23センチが!


画像(135x180)・拡大画像(360x480)

鱚介にも26?が!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ジャンボの顔!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

小っちゃいが1っ荷で!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ハイビスカスが色を添え!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

沖縄そば これが小盛り!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

・・・これが大盛り!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

メニューの面白さ?

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ああ〜喰った!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

あの辺野古でいきなり26?が!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

砂は柔らか〜だった


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

この日はこれで上がり!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

そして夜は寿司ネタに!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

再び辺野古へ

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

早速ゲット!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

??

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

チンチン・クロダイっ子


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

遂に来た!30?の尺前ギス!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

デカッ!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

デッカ〜!!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

一応、記念を!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今晩はテンプラと刺身に!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

プロサーファ〜の今村大介さん(左手前)等と!!

Posted by 高澤鱚介 at 12時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

最近の釣行!

最近の釣行!

やっと、16℃台に!!

やっと、16℃台に!!

今朝12.0度・・今季最低水温か??

今朝12.0度・・今季最低水温か??

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.