高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年05月23日(火)

「使いかけ→つかい掛け」 [鱚介オリジナル工房]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

これが「つかい掛け」です!!

 釣りを終わろうとしている時など、まだ新しい仕掛けに変えたばかりで捨てるには勿体ない。明日なら、そのまま使える。・・・また、釣り場を移動したい時に、付いた仕掛けをどう仕舞うかなど、いわゆる「使いかけの仕掛け」をどう扱うかは少々面倒なものである。

 そこで造ってみたのが、写真の仕掛け巻きである。いわゆる“使いかけの仕掛けを仕舞う仕掛け巻”で、引っかけ言葉で名称を「つかい掛け」とネーミングした。

 この「つかい掛け」の基となったのは、以前、平塚海岸で出勤前の早朝釣りを楽しんでいた方が考案したものと理解している。・・その方が転勤する際に記念として頂いたモノで、それを少し改良したものである。

 本体はスポンジゴムで、適度な硬さがあり、水洗いが出来る。使い方は、先ず先端のハリをピンで止め、2番、3番〜とピン止めしていく。最後は端末に付いたスナップスイベル等を止めればよい。
 この「つかい掛け」の大きな利点は、ハリ数が1本から使え、10本、15本といった多点バリでも、ピンの数を増やすだけで使える優れものなのである。

 持ち運びは苦となる大きさ(長さ100o、厚さ20o、幅30o)でもなく、擦れたり引っかかってもピンが簡単に抜けてしまうことは無い。
 更に、明日もう一度使うような時には、そのまま水洗いし乾かせておけばサビを防ぐことが出来る。

 ずっと使ってきたが、この便利さに適うものは他に見当たらない。
 最初のモノが古くなってしまったため、新しく造ったついでに、これを使ってみたいと言う方も居られようことから、この際、少し余分に作ってみたのである。

 手造りのため沢山は出来ないから、鱚介工房で売る量は無い。そこで、先ずはお試し頂くことを目的に、宮嶋屋釣具店で限定販売して頂くことにした。・・価格は未定だが、1個500円以内と考えている。

 なお、原案者との交信も無く、これを販売することの了解も得られないでいるが、もしこのブログなどで見聞きされたら是非連絡を頂くようお願いしたい。

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

Posted by 高澤鱚介 at 20時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年05月01日(月)

ケイムラ・フッ素コート 発売! [鱚介オリジナル工房]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

ケイムラフッ素コート 6号

先に紹介したキス針【鱚介アブミ:ケイムラフッ素コート】を、本日から販売開始しました。

「鱚介アブミ」は、細地で切れが良く鋭い刺さりを備えた素晴らしい完成されたハリです。しかし、この新しい「ケイムラフッ素コート」の鱚介アブミは、正直言って一つだけ未解決な点が残されています。
 それは、「釣果につながる効果のほどが未知数である」と言うことです。・・・ならば、どうして未完のハリを売るのか?と云った疑問を持たれるのは当然でしょう。

しかし、小生の長年の経験から感じるのですが、これが確実に進化した優れたキス針だと確信できるからです。
 
 紫外線を受けると、怪しく蛍光紫色(ケイムラと云う)に光り、魚に好奇心を与え、喰いを誘うことはこれまで広く知れていること。・・さらに、化学処理されたフッ素コートがハリの表面を滑らかにし、鋭い針先が魚の硬い口骨に素早く食い込むこと・・・を、御承知のことと思います。

 釣り針メーカー「はりよし」の新しい若社長(岸本敬太さん)が、懇親を込めて独自の工法で仕上げたのがこのハリで、単なる「ケイムラ」では無く、また単に「フッ素」でコーティングしたものではありません。言わば、二つの素材を1本のハリに2重にコーティングした、全く新しいハリだと言うことです。

 お分かり頂けたと思いますが、完成したにも拘わらず世に出せない、長く試釣し、効果等を確認した上でなければお披露目出来ない・・のではなく、先ずは多くの皆さんに使って頂くことで、その効果をお使い頂いた方自らが明らかにしていってほしい・・・。
 そんな意味合いを持って、先ずは6号のみを先行発売させて頂くことにしました。
 また、こうした意味合いから、価格も200本入り1300円と低価格に設定させていただきました。

 なお、ハリの価格のことですが、今やキス針は高度に進化し同時に高価なものとなって居ます。因みに、この鱚介アブミは1本当たり@6.5円ですが、他メーカーのモノは@10円を超え、中には@15円といった高価なモノもあります。
 鱚介オリジナル工房は店主自ら釣り人であり、あくまでも釣り人として使う立場で、モノ造りし経営することを心掛けています。

 ご用命は、鱚介オリジナル工房のホームページからお申し付け下さい。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

紫外線を浴びたハリ

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 14時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月25日(土)

半ぶら ウッドガン・メタボの改良 [鱚介オリジナル工房]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新型半ぶら ウッドガン・メタボ

今日、小田原の酒匂海岸で行われていたダイワの投げ竿試投会を覗いてきた。宮嶋屋釣具店に早くからポスターが掲げられ、天候も良かったことから、かなり多くのキャスターが盛んに投げていた。

 そんな中、海岸左のテトラ付近で早朝から釣りをしていたと言う東誠治さん、高橋さんが、20aクラスの良型を5尾上げたそうな!
 ・・・水温は未だ14℃台だが、少しづつ温かい潮が入り始めたのかもしれない。・・・早く浅場にも近づいてほしいものである。

 
 さて、今年は「半ぶらのテンビンオモリ」が、更に広く好まれるようになって行く気がしている。
 どのような種類のシンカーでも、大概のモノは半ぶらに改良することは可能である。・・だが、鱚介オリジナル工房としては、矢張り「ウッドガンの半ぶら」に力を入れたいのだが・・・。

 「半ぶら」にするには、カイソーやデルナーのようなテンビン付きオモリを選んだ場合は、先ずはそれを単ガン化しなければならない。これまでの単ガンは、丸目位置が木部てっぺんに付いているが、半ぶらでは木部と丸目の間に足が必要なことが分かった。
 そこで、新たに造ったものは、Wスリーブ1個分の長さを足にしてみた。ウッドキャップを被せ、カップワッシャーを嵌め、それをWスリーブで加締め、ハンダで付ける。・・造るには手間が居るが、オモリとテンビンの間や形も整い、とても安定したものに出来上がった。
 ・・・今後つくる「半ぶら」には、全て長足を付けることになりそうである。

 
 さらに、オモリとテンビンを半ぶら状態にするゴムの部分だが、ここは効果的な硬さを保ちつつ、耐久力を備えたモノに仕上げる必要がある。言わば、半ぶらテンビンオモリの心臓部にあたる。

 これまで商品化した後も、づっと試作を試みて来たのだが、今やっとその結果が出た。
 一言で云ってしまうと、熱収縮ゴムの処理方法から解決したのである。細部は言えないが、ゴムの嵌め方、熱の加え方である。・・・そうしたことを、一個一個バランスを見ながら拵えて行くのである。

 今回完成したものは、ウッドガン・メタボの25号,27号,30号で、縦軸は全てSUS304Hの1.0ミリのステンレス線を用いた。
 これをベースに、アーム軸を縦軸と同じ1o通しで造った「1oアーム」、0.8oで造った「08」アーム、形状記憶合金の1.0oで造った「SMABS」の3種類が完成。
 ・・・さっそく宮嶋屋釣具店にて販売を開始した。

 アームの種類、太さ、長さ等は使う方の好みで変わるもの、・・従って、希望をお伝え頂ければ、いか様な「半ぶらテンビンオモリ」にも仕上げることが可能。今は季節柄、時間に余裕がありますので何時でもご相談ください。

 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

足長のウッド単ガン

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

熱収縮ゴム


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

二重に被ったゴム

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

トライアングル固定


画像(135x180)・拡大画像(360x480)

半ぶら SMABS

Posted by 高澤鱚介 at 15時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

南〜西伊豆への釣行・・・

南〜西伊豆への釣行・・・

平塚海岸、ボチボチ始まった!

平塚海岸、ボチボチ始まった!

「使いかけ→つかい掛け」

「使いかけ→つかい掛け」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.