高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2018年05月29日(火)

言いたくも、言えなかったこと!! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

久々の釣果でした!!

 まだ薄暗い早朝、沖合に鳥山が立っていた。イワシを狙っているのだろうが、追うのは鳥ばかりでは無い。後ろにはサバやカツオが、その後ろにはマグロなどの大型魚が付いている。時には、その大型魚を狙ってサメやイルカが外周を囲んでいる。・・・・そんな自然界の海中での活発な動きを想像してしまった。

 ならば、我々が釣ろうとするキスとの関係は? イワシの多くはカタクチイワシ・・。そのカタクチイワシの幼魚がシラスである。キスがシラスをエサとして喰っていることは確かであるし、シラスの漁期と投げ釣りが盛んな釣季は一致する。即ち、シラスはキスにとって最大、最良のエサなのだと考えられる。

 さらに、そのシラスの存在だが・・・、食物連鎖の中でも弱い立ち位置にあるシラスだが、人為も加わって長くは生きられない。・・それは、生活が掛かった漁師が、海面広くに張ったシラス網で、一網打尽にしてしまうからだ。
 そして地元の食堂やレストランでは、獲りたて!新鮮生シラス!などと宣伝し、ご当地料理としてもてはやされている。・・・人気があり高値で売れるから、獲る方も頑張る。・・これとて貴重な資源の枯渇に結びつく筈だ。・・・ そう考えるのは小生だけの偏見なのか??

 沖合から集団でやってくる魚群らは、エサを食い尽くせばさらにエサを追って他の海域に移動できる。・・だが、ほぼ沿岸に生まれ育つシラスやシロギスなどは、そこにエサが無ければ生きられない。そんな今、我々投げ釣りマンにとっても、追い求めるキスは壊滅したかと思うほど釣れないし、釣り人の影もだんだんと減っている。


 過去、相模湾は豊饒の海と云われ、獲れる魚の種類も量も多かった。・・・だが、今は??? 悲しいながら、漁とする魚も少なく、営む漁業者も少なくなってしまった。
 シラスの専門漁業者だって、自分が取りたいシラスが獲れないと嘆いている。
 シラスの取り過ぎで多くの魚のエサが無くなった!連鎖が断ち切られている!・・と、そんな批判を口にする他業種の漁師たちも居るのだが、同業者としそれを口に出して非難する者は居ない。

 小生もそれ以上のことは言わないし、言えないが、漁業に関係する行政機関、環境に関する行政機関は、もっと根本的なことを見直し、広く全国的な問題として把握し、適切な研究を行って漁業者への指導監督をする必要があるのではなかろうか。
 
 一方、多くの海岸で少なくなってしまったシロギスだが、今居るシロギスは、それでも何とか生き延び、やっと岸辺に近付いてくる。・・・そんなシロギスだが、果たしてそこで育ち、卵を産み、さらに増え続けられるのだろうか? 
 
 
 小生の偏見であればお許し頂きたいが、次のような事例について、一つの、こうした見方ができる。
 
 春先の海が温んで、やっと砂浜にたどり着いたシロギス達だが・・。しかし、数少ないそれらは、ある大手釣り具メーカーの釣具販売戦略で行われる「投げ釣り大会」で集められた、数百人もの釣り人によって根こそぎ釣られてしまう。
 竿1本で釣る投げ釣りであっても、進化した道具で、ハリ数を増やし、多くの名人たちが砂浜一杯に広く探って釣るのであるから、及ぼすその影響は大きい。

 果たして今、こんなことで良いのだろうかと真剣に考えてしまう。 自然に育つシロギスを取り巻く環境は益々厳しく、減少の一途にあるように感じる。「少なくなったのは、温暖化や環境の変化によるものだから心配はいらない」と云った声も聞く。・・・だが、本当にそうなのだろうか??
 
 釣り具を進化させ、多くの釣り人に楽しみを与えてきた釣り具メーカーには感謝もする。私自身も過去に釣り具メーカーのテスターとして手伝いをしたり、幾つもの大会にも参加させて貰った。
 今でも時折、参加したい気持ちに駆られることもあるが、でも、今は、時折様子を見に行く程度である。・・・歳のせいばかりでは無い。最近考えていることとのギャップ、言行不一致になってしまうからでもある。
 
 しかし、釣り具メーカーはそろそろ、こうした「自然の限りある獲物」を対象として行う商売戦略は考え直すべき時期に来ているのではなかろうか?
 メーカーが大会運営について工夫していることは承知しては居る。しかし、大会の大きな流れとして見受けられるのは、既に魚影が無くなり、釣れなくなってしまった釣り場から離れ、全国の「釣れる釣り場」を狙い、それも繰り返し行うようになっている。
 多分、後には明らかになろうが、こうしたことを繰り返していれば、きっと、今釣れる釣り場であってもやがては相模湾と同じように「シロギスの居ない、釣れない釣り場」となってしまうに違いない。余計なことかも知れないが、今からこれを予言し忠告しておきたい。


 釣れる釣り場を守り、釣れなくなった釣り場にシロギスを呼び戻したい。・・・破壊は簡単、回復には努力と時間と金を要する。これこそは誰もが知っていること・・・。
 小生は、こうした破壊につながる流れを止めなければならないと考えるが、このままでは、やがてはメーカーにとっても、釣り人にとってもマイナーな世界に入ってしまい、抜け出せなくなってしまう筈である。・・・それを心配しているのである。
 
 同時に、小生は、釣り大会がけしからぬ!・・と云うのでは決してない。親睦や趣味者の行う釣り大会、組織団体の行う大会などは賛成するし、大いに盛んになってほしいと願っている。
 
 ここで一つ考えるのだが、釣り具メーカーが将来に渡って持続的に発展を希望したいのであれば、今、大会開催に掛ける費用や労力を、「地域の釣りクラブ」や「釣り組織」、「釣り団体」などに対して助成したり、大会運営等に費やすことを考えてほしいと思う。 
 間違ったプロ意識を育てるような大会では無く、子供たちを素晴らしい釣りの世界に誘い、底辺を育てる。・・そこに育った釣り人は、やがては地域や職場でリーダーとなって、さらに多くの者を和ませ、広く全国で交流できるような組織つくりなどにも貢献していくだろう。


 ひと昔前のように、1本の竿を持って、趣味の仲間同志が集まり、一尾のアタリを楽しむ。・・大きさを競い、数釣りを競う。・・今書いていて、つい、そんな素晴らしかった頃を思い出してしまった。・・・こんなつまらぬことを書かずとも良いような時が、何時か来ることを願ってやまない。
 
 
 色々と気になっていることを書いたが、この内容に対し賛否両論ある事を承知するし、不満を感じる方も居られようと思う。このブログ上でそれらを議論する積りは無いが、何か感じたことがあれば是非コメントいただきたい。
 
   長文を最後までお読みいただいたことに感謝します!!

            公益財団法人:神奈川県栽培漁業協会・評議員
            一般社団法人:全日本釣り団体協議会・フィッシングマスター
                      高見澤 佑介

Posted by 高澤鱚介 at 07時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年05月18日(金)

釣れていません! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

潮の引いた静かで美しい外浦海岸

 何処かで、誰かが、釣ったと言う情報が伝わってきますが、小生にはさっぱり釣れていません。

 今日海岸で会った釣友から、ブログがちっとも変っていませんね!釣れる情報を書いてくださいよ!!・・と云われてしまった。・・・確かに、釣れなくとも、それを書くことは貴重な情報提供なのかも知れない。

 昨日は、何時もの仲間と東伊豆下田の外浦海岸に行ってきた。・・何方かの情報で、外浦が釣れた!!・・と聞いて、行ってみたのである。
 そもそも、釣れた情報を聞いて行動するのは余り好まないし、そうした情報を得てから行った釣りで、良い思いは余り無い。

 でも、今は違う。ずっと茅ヶ崎海岸に通い、平塚海岸にも通ってはいるのだが、さっぱり釣れずで藁をも掴むと云った心境だったのである。

 しかし、やはり釣れなかった。5時30分〜11時まで頑張った。広くは無い海岸だが、隅から隅まで投げ歩いた。
 
 釣果は、3人で20尾に届かなかった。見方によれば釣れたと云われるかもしれないが、14,5センチの小ギスばかりだったから、とても釣れたうちには入らないのである。
 
 ・・・でも、通ううちには、その内当たることもあろう。既にキスの釣季には入っているのだから・・・。


 今朝、残りエサを持って、平塚海岸テトラ前に行ってきた。フグばかりで、キスの顔を見たのは5人の内3人だけ。ただし、各々が1尾だけだった。

・・・と云った状況報告で〜す!!

Posted by 高澤鱚介 at 09時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年04月14日(土)

「トリトニアクロカタ」の花が咲いた!! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

トリトニアクロカタ

 3年ほど前の今頃、南伊豆釣行時に松崎町のある食事処の庭に、珍しい黄色い花が群生し咲いているのを見つけた。小生にとって始めて見る花で、女将さんにお願いし数本の株を頂いて来た。・・・だが、名も育て方も分からず、やがては枯れてしまった。

 しかし気になる・・・。その時に撮った写真を平塚にある元神奈川県農業総合研究所跡に整備された「花菜ガーデン」に持ち込み、技術員の方にお願いし調べてもらった。
 
 返事があったのは、確か1週間くらい後だった。中々判明できず、相当ご苦労を掛けてしまったようである。
 
 これは珍しい品種で、まだよく普及して居ない「トリトニアクロカタ」と言う、南アフリカ原産の花である。恐らく輸入された園芸品種の原種であるのではないかと言うことだった。・・・その後、植物図鑑などで調べた結果、「耐寒性で乾燥にも強く、球根で殖やせる」と判明。何時だったか、NHKの趣味の園芸HPに写真投稿をしたこともある。

・・であるなら、殖やしたい。・・・そんな思いで昨年、改めて女将に頼み込み、頂いて来たものが咲いたのである。
 とてもきれいで、これならば沢山増やしたくもある。今年は、秋に分球した苗を広く植え付けたいと思って居る。
 
 一斉に開いたこのお花畑を想像するのも楽しいものである!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(135x180)・拡大画像(360x480)

Posted by 高澤鱚介 at 15時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

木粉/大袋入り発売です!

木粉/大袋入り発売です!

ハリ抜き(ハリ外し)発売!!

ハリ抜き(ハリ外し)発売!!

言いたくも、言えなかったこと!!

言いたくも、言えなかったこと!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.