高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2019年05月03日(金)

新たな時代「令和」に思う [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ハイツにて

 「令和」と言う新年号を知ったのは、伊豆への釣行時、ラジオ(着るラジオ:ツインバード)から聞こえてきた菅義偉内閣官房長官の声だった。
 
 一言目を聞き漏らすまいと耳を澄ませたのだが、エイワ? メイワ?・・と、よく聞き取れなかった。数秒後、改めて「レイワ」と聞き取ったが、テレビで無いから文字が分からない。想定したのは「礼和」だった。一瞬、礼節を重んじる「礼」だと感じつつ、良いな!・・と思ったのである。

 だが、直ぐに「令」だと打ち消され、出典が万葉集であっり、深いその言葉の意味も知り、素晴らしい元号の[令和]がスッと受け入れられたのだった。

 この間、ほんの僅かな時間だったが、私自身が最初に感じた「令」は、「律令」とか「命令」とかの「令」だった。・・正直言って一瞬、嫌な気がしたのだが、同時に、それは今の世の中に欠けけている何かを補う「令」では無いだろうかと感じたのだ。

 平成の時代に「上から目線」と言う言葉が生まれた。その言葉の乱用が、正しい伝達を妨げているのではないかと思うのである。
 特に「命令」調の言葉や文体は無くなり、平易な表現ばかりの中で、その意味合いは聞き手側、読み手側、それぞれ自身の判断に任せてしまっているのである。だから、結果は受け手側で、少しづつ異なってしまう。
・・もう少しはっきりと、時には命令調に、時には指示調で、その方向性を示してほしいと思う方は多い。

 これは私の偏見かもしれない。しかし、そんな中だからこそ、物事を正しく伝えるためにも、もう少し緊張感を持った「令」を含むことがあっても良いのではないかと思うのである。こう書いただけでも、批判される方、違う思いをされる方も居られよう。ただ、律を超えた自由は互いの不幸にもつながるし、律を超えた命令は人々を苦しめる。
 
 新しい時代の門出に当って、先ずは「令和」を大事に、自分自身を律し、人に優しく、正直に生きられれば良いと思っている。
 

Posted by 高澤鱚介 at 09時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年04月30日(火)

「平成」の終わりに思うこと [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

オオムラサキ

 あと数時間で「平成」は終わる。正月以来、巷ではよく平成と言う時代を捉えて「あなたにとっての平成は良かったのか?悪かったのか?」と云った聴き方がされてきた・・。
 
 当然、自分としても人並みには考えてきたと思うのだが、しかし、その答えを纏められないままで、最後の今日を迎えてしまった。
 
 この30年間、良いことは一杯あった! 悪いことも一杯あった!
 
 良いことは中々思い出しにくいものだが、思い出すと目じりが下がり、笑みに繋がる。
 それに比べて悪かったことは、ざっくりと切られるような思いが脳を過り、顔を顰めざるを得ない・・。
 
 両者を足して、2で割っても割り切れるものでもないが、どちらかと無理やり聞かれるのであれば、嫌なことの方が多かったのかもしれない。・・・それが小生の結論なのである。

 中でもこの一つだけは、何れとも比較出来ない「自分の人生観を変える」強烈な出来事だった。
 
 平成16年に一人息子を突然死で失ったことだ・・。全ての原因を自分に被せ、耐え忍び、悲しみを覆い隠してきた数年を思い出す。
 ・・同時に、失って気が付いたことは多々あった。 生命のはかなさ、生きることの難しさは当然だが、自らの余生、家族の在り方なども考えさせられた。

 加えるならば・・・、こんな事、こんな時、支えてくれたのが、先輩、友人、知人の存在だという事も・・・。

 健康な余生を送る中で、確実に自分自身を慰めてくれるのは長く続く「投げ釣り」だと思う。
 今も多くの良き釣友に恵まれ、日々楽しんでいる。しかし、この平成の中での出来事を思い起こすと、楽しいことばかりでは無かった。誤解がもとで袂を分かった釣友、会の運営方針から離反した釣友も居る。
 ・・考えれば、詰まらないことだったと思う。その頃には、今のような寛容さを持って居なかったのかも知れない・・・。

 そして、間もなく「令和」の時代を迎える。

 失った息子は、幸いにも一人の孫娘を遺してくれた。彼女はもう高校二年生である。「令和」の時代を創ってくれる中心は、彼女ら若い青年たちだろう!! きっと、平成を超えた良い時代を築いて行ってくれるに違いない!!・・大いに望みたい。

 付け足しだが、我が人生はこの新しい「令和」で終わろうが、今年もまたマダマダ元気で過ごしたいと思って居る。
 因みに、長生きのコツは「馬前に人参をぶら下げ、走らせる!」ように、我がカレンダーの6月には「鳥取〜島根」、7月には「富山〜金沢〜能登」へと遠征釣行計画がぶら下がっている。
 今、傷めている足を直そうと治療に専念できるのも、この計画が人参そのものなのかも知れない。

 ただ、鱚介オリジナル工房の方は、そろそろ終盤を迎えつつあるような気もしている。何時まで続けられるかは、今のところ、神のみぞ知る???と言っておきたい!




Posted by 高澤鱚介 at 16時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年04月22日(月)

湘南高浜台ハイツの春 [思い・雑感・・あるまま]

 今、私が住まう平塚海岸にほど近い「高浜台ハイツ」には、沢山の花が咲き誇っています。少し古いマンションですが、庭に咲く花々は住宅管理組合とグリーンクラブが丹精込めて育てているもので、特に春の桜やツツジは、それは見事なものです。
 最近では近在からの見学者もあり、隣の「湘南ふれあい平塚ホスピタル」からは、患者さんが看護士さんに伴われ、憩いのひと時として楽しんでもらっています。
 サクラは散ってしまいましたが、咲き始めたツツジは見ごたえがあります・・。そんな花を写真で飾ってみました。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(135x180)・拡大画像(360x480)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 17時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

コショウダイが・・

コショウダイが・・

新たな時代「令和」に思う

新たな時代「令和」に思う

「平成」の終わりに思うこと

「平成」の終わりに思うこと

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.