高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年11月24日(金)

懐かしのEX9000S:バズーカ!! [思い・雑感・・あるまま]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

我がお宝(箱付)となった  名器バズーカ!

 正確には今から37年前の1980年、ダイワ精工株式会社から出された「投げ釣り専用のスピニングリール」である。若い方はご存じないと思いますが・・・。
 名称は「プロキャスターEX9000S」、ボデイとローター部分には当時最先端素材と云われたカーボングラファイトが使われている。
 ちなみに、ギアー比は1:4.6と今と余り変わらないが、重量は650gと重く、スムーズに回転させるロールベアリングはたったの2個である。・・が、これらが売りだった。・・今では面白く感じられるが、ここから投げ釣り道具の進化が始まったと言っても過言では無い!!。
 
 大きなボディに大きなスプール、人呼んでバズーカと云われた代物であるが、小生自身は使ったことは無い。だが、欲しくてたまらなかったことを憶えている。・・ただ、余りの大きさ、重さから扱いにくく、余り人気は無かったようである。

 実は小生、彼これ20年くらい前、使いはしないものの存在感あるコレクションの一つに加えたいと思い、アチコチこれを探し回ったことがある。
 ・・・そして、やっと二宮町にあった「銀鱗堂」と言う釣具店のショーケースに、ホコリ被った1台が残されているのを発見した。・・だが、その折、持ち合わせが無かったため諦め、・・・確か、それから一月もたった頃、小遣いを貯め勇んで買いに行ったのだ。・・だが残念、もうその時にはショーケースの中はカラだった。

 以来、何処かに骨董的になったモノでも良いからと、古い釣り具店等を覗いてはいたのだが、遂に今迄見つからずのままに過ぎていた。

 実は、先日、茅ヶ崎にキスを求めて釣行した際、地元釣り師である和田英男さんから声を掛けられた。恥ずかしながら、和田さんは古くから小生のフアンであると仰る。

 ・・古い時代の「雑誌の写真や記事など」をタネに、懐かしい話をかわした。その折、自分は「古い時代からの投げ釣り道具」のコレクターだと言う。・・オリムピック釣具時代に生まれた硬調竿の走りである「F-1」とか、名器「モデル93」の話に花が咲く・・・。

 更に、小生が「バズーカ」を探していることを話すと、それなら持っている。新品を複数持っているから1台差し上げます。・・と仰る。
 まさか、初めてお目に掛った方から、ハイ有り難うございます!!・・と、頂く訳には行きますまい・・。
 しかし、遠慮はいらない! 是非とも鱚介さんのコレクションに加えてやってほしい!・・とまで言われてしまったのである。
 そんなことで、ついつい言葉に甘え、頂いてしまったモノがこれなのである。
 
 小生も、もう好い歳である。何時までもコレクションをそのまま持っていることもできない。・・既に古い竿は処分しつつあるが、何故か「F-1]が残してあった。・・それならば、歴代の投げ竿を収集されている和田英男さんのコレクションにこれを加えて頂き、末永く残して頂ければ有り難い・・。
 もちろん、和田さんは固辞されたが、無事、小生の思いをお受け頂くことが出来た。

 「投げ釣り道具の博物館」・・こんな物があっても良い。是非欲しいものである。・・・これは、以前から小生が描いて来た思いではある!! ・・だが、今は、それを誰かに頼る気持ちへと傾きつつある・・・。
 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

1980年のダイワのカタログ

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新発売EX9000S!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

能書き・・読めますか?

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

この時代は未だナイロンでした


Posted by 高澤鱚介 at 13時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年11月21日(火)

寒さこらえて、ハゼと遊ぶ・・・ [ハゼ釣りもまた楽し!!]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今日3人分の釣果です

 今期最寒?の中、ハマってしまったハゼ釣りに行ってきた。馬入川河口の砂州には未だ入れない。止む無く、今は茅ヶ崎側の、河口付近に流れ込む「小出川」に行っている。

 ここは潮の満干によって釣り場の条件が著しく変わる。
 昨日は、昼過ぎの潮の上げを狙って、今日は下げる中をやってきた。
 昨日は潮の上げ初めにパタパタと十数尾来たが、2時間ほどで釣り場が水攻めに遭い、早々に引き揚げた。帰りがけ、対岸でやっていた、最近茅ヶ崎海岸で親しくなった北野さん、佐藤さんから30尾ばかりを頂いてしまった。

 して、今日は8時頃釣り場に着いたが、未だ潮が満ちており釣り場は水浸し・・・。30分も待ったろう、やがて釣り場から水が引き始めたので土手を下った。足元は滑りやすく、注意が必要だ。

 そこはどんな釣り場なのだ?と疑問を持たれよう・・。実は、正直言って“あまりお勧めしたくない釣り場”である。何故なら、其処はシーサイドカントリーと言うゴルフ場の中を流れる川なのである。
 川での釣りは禁止とは聞かないが、釣り場に至る道路や橋はゴルフ場の施設であり、時折は、打ち損なったのであろうボールが飛んでくる。・・・仮に、怪我などしようものなら、たちまち立ち入り禁止!!・・・そんな措置も取られよう・・。そんなことだから、余程そこらを理解し、注意して掛からねばならない。

 川の両サイドを仕切る堤防は、上の段、下の段があり、釣りは下の段に入る。川幅は10メートルほどで、水深は1メートルほどである。これまで数回通ったが、ハゼの付き場を見つけるのは難しい。

 釣り方は、仕掛けを入れたら余り動かさずに、待ち主体が良い。エサは青イソメ、ジャリメだが、ミミズが㊕エサだとも聞いている。釣り人によって持つエサは違うが、小生はジャリメの一匹付けが一番だと思って居る。ジャリメはクネクネと動く元気なモノが良く、ダレてしまったものは食いが悪く、こまめにエサ替えをする方が良い・・。
 
 良くは知らないが、ハゼの同一場所での釣期は短いようだ・・。ハゼ自体は居るのだが、居場所を変えてしまう。感じだが、ここはそろそろ終盤のような気がする。再び、相模川本流に戻り、もっと深い場所を見つけねばならないだろう。
 ここが終わったら、また、仲間内で探しに行きたいと思って居る。


Posted by 高澤鱚介 at 14時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年11月19日(日)

湘南オープン投げ釣り大会に参加しませんか!! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x116)・拡大画像(479x311)

前回の参加者です

 今日、湘南鱚酔会の「第4回湘南オープン投げ釣り大会」実行委員会が開かれました。湘南の海を愛する投げ釣り愛好家の交流を深めるための大会です。既に募集は行われていますが未だ若干の余裕があります。投げ釣りにまだ自信が無い、一度は大会に出てみたい、そんな方、どなたでも参加できます。募集要項をご覧いただき、是非、申し込んでください。

       急告!! ・・・参加申し込みは12月5日までに!!

          湘南オープン第4回 投げ釣り大会
   太公望各位
                   湘南鱚酔会
                   湘南オープン投げ釣り大会実行委員会

  朝夕は冬の気配が漂い始める今日この頃、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 この度、これまで多くの皆様にご参加を頂きました「湘南オープン投げ釣り大会」、今回、第4回目を開催する運びとなりました。2017年の締めくくりの素晴らしい大会となりますよう実行委員一同努力してまいります。
 これまで同様、太公望の皆様との交流を深めるため、下記の要領にて行ないます。
 湘南の海を愛する投げ釣り愛好家の御友人へ声掛けの上、皆様のご参加をお待ち申し上げます。
                     記
◆開催日・・・平成29年12月10日(日)
◆集合場所 ・・・大磯港県営駐車場
◆集合時間 ・・・5:30(受付開始時間)
◆開会式 ・・・6:00頃予定
◆競技内容 ・・・開会式終了後〜11:00 総尾数(鈎数は5本以内 エサ自由)
           トリオ戦・個人戦・大物賞、少年 女性 シニア賞
◆参加費・・・1,500円
◆参加申し込み・・・湘南鱚酔会の会友、若しくはメールにて(shounan_kisuikai@yahoo.co.jp)ご連絡下さい。

 氏 名 (年齢)
 携帯番号
 メールアドレス
 住所
 入会クラブ等
 
※同行者がいる場合、その方についても上記の点についてご連絡願います。
※本大会における事故・障害等について当会は一切負いません。また、津波、地震等に対しては各自の責任で対応をお願いします。
※ 天候不良等が予想される場合は、事前に大会中止を決定する場合があります。判断は大会前日の正午に決定、中止の場合には、メール、ブログにて通知致します。



Posted by 高澤鱚介 at 17時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

懐かしのEX9000S:バズーカ!!

懐かしのEX9000S:バズーカ!!

寒さこらえて、ハゼと遊ぶ・・・

寒さこらえて、ハゼと遊ぶ・・・

湘南オープン投げ釣り大会に参加しませんか!!

湘南オープン投げ釣り大会に参加しませんか!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.