鱚介工房:逸品紹介

鱚介アブミの糸付き

投稿日:2022年4月20日 更新日:

鱚介オリジナル工房と釣り針の老舗”はりよし”が、コラボレーションで完成したキスの専用ハリ、これが「鱚介アブミ」です。従来の太い軸の関東アブミを改良し、細軸・軽量化に仕上げたハリで、形は、ハリの原点である「鐙=あぶみ」から生れたものです。ヒネリやネムリなど余計な加工をせずに、最も自然体にあった掛かりの良い針です。

ここに紹介するのは、この「鱚介アブミ」の糸付き、言うなれば「枝ハリス」でハリの大きさは5号と6号の2種類です。ハリスは、硬めで張りのある高級なナイロン「アクアキング」、5号には0.8号、6号には1.0号が使われています。長さは、ともに15センチと長めで、多様な仕掛けつくりに適し、価格は1パック50本入りで800円です。

実績を少し・・・。店主自身は幼少の頃から「関東アブミ」で育ち、70年経った今でも改良したこの「鱚介アブミ」です。勿論、色々なキスバリを使いましたが、ふと気付くと、必ずこの「アブミ針」に戻っています。また、これまで、尺ギスと言われる30センチ以上の大物は4尾ですが、食い込みの良いハリは丈夫で、魚が掛かってハリを伸ばされたことはありますが、折られたことはありません。確か最大魚は56㎝のヒラメです。

「糸付き鱚介アブミ」を使うには、長いハリスを概ね4センチほどに切りそろえ、1号~2号のモトスに「手芸で使うカギ針」を使って結びます。ハリ数とハリ間隔ですが、一般的には3本バリの場合にはハリス間隔を50㎝とし、ハリ数を増やすごとに間隔を狭めます。仮に、ピンギスの多連釣りではハリス間隔25㎝で、ハリ数を10本とすることもあります。

実は最近、私が砂浜で一番多用しているのは、標準的には6号バリで「ハリ数を5本、ハリス間隔を40㎝」としたもので、実際の釣りでは、モトス長が約2メートル+スナズリ長が1メートルで、全長は3メートルになります。5号バリでもほぼ同じです。

こうしてみると、キス釣りでのハリの消耗量は激しいものです。良いハリを選び、自分に合った良い仕掛けを作りましょう。なお、この「鱚介アブミ」は「鱚介オリジナル工房のネットショップ」でお買い求めできます。

 

 





-鱚介工房:逸品紹介

執筆者:

関連記事

ウッドガン・アワビ

27 25 23 20号 写真は、アワビ貼りのウッドガンである。実は、これは12月8日開催の、仲間と運営している小さな投げ釣り大会の参加賞である。大会運営で困るのが、気の利いた、心の籠った参加賞を参加人数に合わせ仕入れ、返品が無いよう的確に揃えねばならないことだ。  そんなことから、毎回、数を調整できる小生の鱚介オリジナル工房のモノで引き受けている。ただ、小生にとっては、これを商売と結び付けて見られると迷惑であり、これ以上、賞品等での関係(売買)を強めることは好まない。  ただ、しかし、…

インスタグラムに・・!!

ALL SMAB の製作現場です 久しぶりに @kisukeoriginal 鱚介オリジナル工房さんのテンビン購入しました🙋‍♂️ テンビン=消耗品ではありますが、あまりの美しさと、そこはかとなく感じ …

アワビ巻き竿立て5本あとは無し

鱚介オリジナル工房で本物の逸品と評価されている「アワビ」化粧の竿立て、今ここに、大事に大事にしてきた最後の5本が残されている。 最後の5本です その昔、ゴルフのドライバーに使われていたシャフトを素材に …

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ