平塚海岸 回復の兆し!

投稿日:

 日々、このページを捲って頂いておられる方には、暫く更新しなかったこと、誠に申し訳ないと思っています。 連休に入った途端、平塚海岸からシロギスは遠ざかってしまっていた。雨が降ったり、大風が吹いたり、海が荒れたりと、かなり水温の変化があったのがその原因だと思われる。 そんな状態が続いた連休最終の今朝6時頃、未だ、若干ウネリが残るテトラ前に行ってみた。 先行者が数人居たが、テトラから外れた右側では未だ釣れてなく、テトラ前で1〜2尾を釣った者が・・・。 ・・・ならばと、右端の平らな防波堤ブロック前に座を取った。 隣の小沢さんが釣った様子から、3色アタリと判断。・・第1投目を4色に投げ、少しサビいて待ってみた。 ・・・直ぐに良いアタリが!・・チョット待って、追い食いを期待してみた。・・・案の定、続いてのアタリが・・・。上げてみると18?クラスが2点だった。・・・ほっとする。 さらに数投後、テトラぎりぎりの5色で待ったところ、かなり強烈なアタリが入った。・・・22センチの元気なキスだった。 大き目のジャリメの1匹掛けが功を成したようである。 暫く後、釣友のJ二宮秋雄さんがひょっこり現れた・・。 すっかり潮が引き砂洲の広がった中で、集まってきた植田さん、原田さん等と、のんびりと雑談しながらの釣りを・・・。 しかし、その後アタリは遠のき、皆も諦めかけていた時だった。・・J二宮さんに18センチクラスが・・・。 エサは、塩漬けチロリであったとのこと。 この1尾は貴重だ。・・・良かった!! でも、潮が引き過ぎ、喰って来るのはフグばかりとなってしまった。  結果から観ると、今日の釣りは決して釣れると云った状況には無かった。・・・問題は海況である。 天候が落ち着き、穏やかさが続けば一挙にキスの回遊が始まると見た。 もしかして、ウイークディの明日辺りからかも?・・サラリーマン諸兄には相済まないのだが、自分もかってはそうだった。・・・許したまえ!!   帰りがけ、またまた我がハイツに咲く花をカメラに収めてきた!! 

Loading





-未分類

執筆者:

関連記事

no image

J軍団・J杯争奪戦

先ず先に、ゴメンナサイ!!前回、NHK趣味悠々の放映日を間違え、一日遅い日を紹介してしまいました。放映寸前に友人から指摘されブログ記事も書き直したのですが、間違いのまま記憶された方もおり、大変ご迷惑をお掛けました。前回、内容についての心配事を書きましたが、見ての感想は、まあまあかな?と言うところでした。簡単に言えば、番組に相応しい、嫌味もない寸劇のように感じたのが正直の所です。再放送が、8月30日正午12:30分からあるそうです。良かったら、仕事中であっても上司にはNHKの教育テレビ3チャンネルだ!…

Loading

 ヒトデの標本!!

ヤツデスナヒトデ?約30センチ 冬場、足腰を鍛えるために平塚海岸を歩いているのだが、時折、珍しいものに出会う。これもその一つ。 未だ寒い2月の中旬だった。何と、足が8本もある大きなヒトデが渚に打ち上げられていたのである。5本指のヒトデは良く見るが、長い海との付き合いの中で、これは全く初めて見るものだった。 ヒトデは大きなほど波に叩かれ、足が欠損している場合が多いのだが、直径30センチに近いこのヒトデの足は8本ともほぼ完全な状態。 これを直に手で持つことが出来ず、付近に落ちていた針金に結び、…

Loading

テトラ前・終わったか?

このところ寒波と西風で海の状態は良くない。15日に25㎝の大物を釣ったが、その後は連続してボーズだった。未だ数人のベテラン勢が頑張っているが、芳しくは無い。 今日は、新しいテンビン、オール形状記憶合金 …

Loading

no image

悪天候による中止の判断?

 外は、小雪まじりの冷たい雨が降っている。・・何となく今、ホッ!としている変な自分がここに居る。  実は、今日は行きつけの「奄美酒房・水連洞」とその客仲間で作る「釣道を考える会」の主催で、「新春の釣りほうだい会」なる、船のシロギス釣り大会を計画していたのである。従って、天候さえ良ければ、今頃は船上で魚信を楽しんでいる筈だった。 だから、降っている氷雨が、もしかして晴れてしまい残念がる思いを、ハッキリと断ち切ってくれたのである。・・ホッ!!・・・今日の一文は、お読みの皆さんには詰まらない事だとは思う。…

Loading

西伊豆・仁科大浜で34尾

親子の新たな出発!! 昨日、久し振りに仁科大浜に釣行した。同行は、ベテランの域に差し掛かった大野青風氏とその子息龍作君。大野さんは篆刻の世界で活躍するが、最近は自邸農園で農作業にも汗を流すといった多趣多芸の持ち主である。・・今日は、投げ釣り初めてという龍作君の指南もつとめるらしい。・・らしいとは、私に気を使わせないために自分が教えるのだと、そう言っているのだ・・・。 海水浴が始まる前の一服、仁科大浜は静か。到着したのが午前7時、釣り人は数人のみだが、打ち上げられたゴミの量は多大。 実は、こ…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ