高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2016年08月23日(火)

「半ぶら:テンビンオモリ」 新発売!! [鱚介オリジナル工房]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

ウッドガン・メタボ      L型トライアングル固定     接ぎ穂SMABS

 ウッドガンに新たに「半ぶら:テンビンオモリ」が加わりました。投げ釣りでのテンビンとオモリの関係は、テンビンとオモリをフックスイベルなどで接続した、一般的に「ブラテン」と云われるもの、また、テンビンとオモリを固定化した「テンビンオモリ」と云われる2種類があります。
 二つの、1番の違いは「ブラテン=アタリの良さ」と「テンビンオモリ=遠投性」にあると考えられます。

 これらは釣り人の好みによって使い分けされますが、特にトーナメンターと言われる多くが「テンビンオモリ」を使用し、さらに注視しますと、最近は自製で造った「半ぶら」形式が増えつつあります。
 これは、アタリ、遠投性、掛かり等々、釣り人たちが追及する一歩前進した「仕掛け」でもあります。

 新たに加わった鱚介オリジナル工房の「半ぶら:テンビンオモリ」は、テンビンとオモリの繋ぎ部分を特殊な液状ゴムで固め、その上に熱収縮ゴムで覆い、オモリとテンビンを半ぶら状態に接続したものです。

 特徴は、遠投性に優れ、ブラテンのような絡みが生じないこと。アタリは、軸とアームをトライアングル構造で接続することによって、テンビンオモリより遥かに優れていること。ウッドガン特有の軽いサビキと根掛りを避ける浮き上がり等々、これまでのテンビンオモリを超えた機能と性能を感じさせてくれます。

 写真は一例、ウッドガン・メタボ L型トライアングル固定接ぎ穂SMABSの25号です

 ウッドガン「半ぶら:テンビンオモリ」には次の種類があります。
    スリム ぽっ君   25号 27号 30号
    メタボ       25号 27号 30号
    冨士タングステン  25号 27号 30号 33号
 *アームは以下からお選びいただけます。
  ステンレス線SUS304H⇒ 0.7o 0.8o 0.9o 1.0o 1.1o 1.2o     
  形状記憶合金SMABS ⇒ 1.0oのみ

 価格、ご注文は鱚介オリジナル工房HPから、また、ウッドガン以外の、シンカー(デルナー、カイソー、各社タングステン 鱚介のFPシンカー)についても「半ぶらテンビンオモリ」に改良いたしますのでご相談ください。


画像(135x180)・拡大画像(360x480)

FPシンカーの半ぶら

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

これもFPシンカー

Posted by 高澤鱚介 at 10時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年08月21日(日)

探せば居るもの!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

マアマアの良型が3連で・・・

 今、何処か近場で釣れてるか? ・・・その問いに答えるのは難しい。若者は8色以上投げれば釣れるよ!っと言うが、小生には圏外のこと・・。精々6色内を誘って1〜2尾を釣りあげるのが精いっぱいである。

 でも少し湘南の海から外れ、海水浴客が居ない小場所などを丹念に探れば、マダマダ諦めることは無い。時には、チカラ糸の距離で釣れることがある。

 昨日、早起きして行ってきた。いろいろな雑音、事情があり、その場をここに克明に紹介できないのが残念だ。
 が、最近通っているのは伊豆半島のチョットした所である。・・ここは何処か? 写真の背景などから、そこを割り出すのも釣り人としての勘所であるのかもしれない・・。

 間もなく秋のシーズンを迎える。今頃から広く探りを入れておくことも大事なことである。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

根掛かりも覚悟して!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今日の釣果!

Posted by 高澤鱚介 at 10時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年08月16日(火)

西伊豆 仁科大浜に遊ぶ! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

私の?釣果です!!

 1年振りに、角田清志さん、三上昌宏さん、中村英子女史と4人で仁科大浜で遊んできた。
 
 この時期となると大型数釣りが忘れられない角田清志さんからのリクエストで、熱川海岸を予定したのだが、・・・・今年はずっと荒れ気味で、全く釣りになっていない。
 8月に入って2度ほど釣行したが、同行の和田さんが大堤防から1尾を釣ったのみである。

 更に、この一両日もまだまだ海況は悪いままである。ならば、どこに行こう??
・・ともかく、伊豆一帯は海水浴の方も盛期で、安心して竿を出せないし、様子見しようとチョット車を停めても、高い駐車料金を請求されてしまう。こんなことで、砂浜でここぞと選べる釣り場は少ない。
 
 しかし、何処かを決め打ちしなければならず、選んだのが仁科大浜だった。この仁科大浜だけは他と違って、海水浴場も狭められた一部だけ、客も少なく、9時までは竿を出せる。それに駐車場はタダであるし、清潔なトイレも整っているのだ。また、現在は、幸いにして釣り場は仁科川の河口が左隅になっており、砂浜海岸は結構広い。

 とは云うものの、この仁科大浜も最近魚影も薄く、決して良い状態とは言えない。通常であれば、喰う距離は3色以内で、波口にも居る。型は小さめの15pクラスが多いが、数は釣れる。とくに早朝が良く、型も少し大き目が入る。
 
 まあ、何時もの年であればそんな期待が持てるのだが、残念ながら今年は数がまとまらずあまり期待はできない。

 
 午前3時に平塚を出て、5時過ぎ駐車場に着く。早速、待ち合わせた彼らの仲間である三島在住の植田成彦さんとともに海岸へ・・。

 海岸右手に入った小生、1投目に18センチクラスが、3色で来た。すぐに隣の中村女史も、サラッと同クラスを波間から引き抜いた。・・・幸先良いスタートであった!!

 しかしながら、吾輩は3尾釣った所で後が続かない。やむなく、とぼとぼと左奥の仁科川河口付近にと移動してみた。 ・・・でも、思ったように行かなかった。頑張ってみたものの1尾釣っただけ。・・諦め、皆が揃う海岸中央部に戻った。

 ところが戻ってみて驚いた。中村女史と角田清志さんが5尾づつで、互角の勝負をしていた。
 隣に立って様子見をしていると、中村女史は3色手前で、角田さんは5色で1ッ点1ッ点と追釣している。

 そういう吾輩、たま〜にポツン!と来る程度・・。

 ただ、暑い陽射しの中、撥水機能を持ったシャツに当る風が気持ち良い。

 時計の針が11時を指す頃、潮も止まったようである。

 植田さん、三上さんは、使った道具とのバランスや食わせのコツを掴めないまま貧果で終わったようだが、角田さんは10尾をゆうに超えたよう、中村女史は10尾には届いたろうか?・・歩き廻った吾輩は9尾で、ツを抜くことが出来なかった。
 ・・・この時期、水温が上がった中でツ抜けたお二人は見事である・・。

 今度一緒するときは、道具を少しレベルアップして、釣れる時期を選んで楽しみましょう!!・・そんな言葉を交わし帰路に着いた。

 この日、一つだけ期待が膨らむことがあった。今日の型は、例年と違って少しサイズがアップしたように感じる。写真からもそれを感じられる筈!! 今秋10〜11月が楽しみである。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

1っ投目に大き目が!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

静かな浜 足り人も居ない!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

少し大きいでしょ!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

こんな釣り場、貸切です!


Posted by 高澤鱚介 at 16時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2016


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

「半ぶら:テンビンオモリ」 新発売!!

「半ぶら:テンビンオモリ」 新発売!!

探せば居るもの!!

探せば居るもの!!

西伊豆 仁科大浜に遊ぶ!

西伊豆 仁科大浜に遊ぶ!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.